旦那さんの仕事の都合、もしくは新居を立てたことから家族全員で引っ越しを。と考えた際に人数が多い分、気になるのが、引っ越し費用の相場ではないでしょうか。家族全員での引越ともなれば、引っ越し業者を使わないという手もなかなか使えませんよね。

今回は3~4人家族の引越にかかる費用の相場など、詳しくご紹介していきます。

具体的な引越し費用を今すぐ知る方法

一番安い引越し業者をSUUMOが選んでくれる!
  • 電話番号を入力しなくていい!!
  • だから迷惑電話の心配なし
  • さらに金額がその場ですぐわかる
  • 最大30社を一括見積もりできる
  • SUUMO限定特典がうれしい

SUUMOで引越し費用を調べる4つの手順
  • 1.公式ページを開く
  • 2.「見積もりスタート」ボタンを押す
  • 3.必要事項を入力する
  • 4.その場ですぐ金額が表示される

同市内の引越し料金の相場

距離が近いとはいえ、人数が多くなればそれだけ荷物量も多くなるもの。

家族全員での引越にかかる費用の相場は、およそ160,000円程度です。

同市内の場合10kmもない距離での引っ越しもありますが、家族全員での引っ越しの場合、金額的には距離はさほど問題にならないような印象を持ちました。

やはり荷物量が多いと、距離うんぬんよりも、運搬のためのトラックが大きくなってしまうことから、基本的な費用が高めになります。

調べていく中で、同じ家族全員の引越でも、荷物量がごく少ない場合は、100,000円を切るような価格提示もありました。

同じ都道府県内の引越し料金の相場

距離の問題ではないといっても、運ぶ距離が遠くなればその分、やはり費用に反映されそうですよね。

次は同市内より少し距離が長くなる、同県内での費用の相場を見ていきましょう。

同じ都道府県内の引越と言っても、県の端から端への引越や隣の市への引っ越しなど、距離に開きがあることもありますよね。

ここから費用にいくらか幅が出てくるようですが、平均して200,000円と言ったところでしょうか。

県の面積が広い場合など、端から端への引越で同県内でも300,000円以上かかる場合も、反対にごく近い場所の場合は、70,000円程度で引っ越しを終えたという方もおられました。

なかなか難しいところですが、平均値として参考にしてみて下さい。

ちなみに私の場合、同県内で引っ越しをしたときは、値引き交渉にずいぶん粘った甲斐もあって、130,000円程度で済ませることができましたよ。

地方圏内の引越し料金の相場

どんどん距離を伸ばしていきましょう。次は地方圏内での引っ越し費用の相場を見ていきます。

県をまたぐ引っ越し、荷物が多くなる家族全員の引越となればいくらかかるのか?少しでも損をしないためにもしっかりと相場を把握しておきましょう。

こちらもやはり費用の幅が大きくなりがちですが、平均値としてご紹介すれば250,000円程度です。

ずいぶん高くなってきましたが、大型トラックや実際の作業のための人員を、自分で用意しなくてもいいことを考えれば、やはり妥当な額かなと感じます。

また、このあたりからだんだんと繁忙期と閑散期の違いによって、費用の開きが大きくなってきているように感じました。

距離や荷物の量を減らすことができないのなら、引っ越しの繁忙期を外す、または繁忙期でも平日にお願いすることで、費用を抑えることができます。引越し費用が高くなれば、値下げしてもらえる幅も大きくなりますので、これはチャンスです。


長距離の引越し料金の相場

旦那さんの仕事の都合で長距離の引っ越しをするという場合、国内での長距離、福岡から東京などの引越では費用の相場がどのくらいになるのか?

平均値としての相場をご紹介するなら、およそ330,000円ほどになります。

一気に額が跳ね上がったようにも感じますが、大型のトラックを延々と走らせて新居へと持って行ってもらうので、やはり妥当な額かなぁと思います。

また、調べていくと、荷物の量やいつ引っ越しをしたのかというところで費用に幅が出てきます。

距離が遠くなれば遠くなるほど、引っ越しの費用が上がるのは事実です。しかし引っ越しの費用は距離からだけで算出されているわけではありませんよね。

新居の場所が決まっている以上、距離の問題を解消することは叶いません。だからこそ、他の部分で工夫をしてみることによって、引越し費用を少しでも値下げする工夫が大事です。

海外への引越し料金の相場

国内どころか海外への引越の予定がある場合。

ではこの海外への引っ越し費用の相場はどのくらいになるのでしょうか。

引っ越し業者の中には、海外への引越にも対応しているプランがあります。特に仕事で引っ越すことが多いであろうケースを想定して、単身プランと家族全員のプランが多くあります。

このプランを使って引っ越しをした場合の相場は、東京=イギリス間を船便でおよそ360,000円ほど

引っ越し業者のプランを使わなかった場合、倍以上の費用が掛かると考えてくださいね。また、この引っ越し業者のプランですが、業者によってやはりサービス内容に違いが出てきます。

手厚いサービスをうたっている業者などは、現地に着いた後のフォローもあるほど。費用面で心配になることは確かですが、家族全員での海外への引越は大変です。業者のサービス内容をしっかりと把握して、便利な引っ越しをかなえてくださいね。

引越し費用を高く吊り上げてしまう家具や家電

どうしても荷物量が多くなる家族全員での引っ越しは、基本的に費用が高くなりがち。

引っ越した後にも生活は続くので、引っ越し費用にお金をかけるべきではないです。

引越し費用を下げることができれば、予算も浮くので、生活家具や家電も余裕をもって購入ができます。

家具、家電は運賃と買い替え費用の比較を

引っ越しの費用がどこで決まるのかと言えば、基本的には新居までの距離、荷物の量、繁忙期か閑散期か、そして扱いに困る家具がないかなどによって決まります。

この中で一番対処しやすいのがどれかと聞かれれば、やはり「荷物の量」です。これはその通りで、引っ越しをする際にいろんなところで言われている「引っ越しをするのなら不用品の処分を」ということ。

特に家電や家具は、その大きさから、引っ越しトラックの多くの面積を取ることになってしまいます。さすがにまだ使えるものを処分するわけにはいきませんが、買い替えを考えているようなものならば、引っ越しを機に処分して引っ越し先で新たに購入するという手も使えます。

その方が引っ越しの費用を浮かせることができるので、総合的に見ればお得だとも言えます。高い引っ越し費用を払って新居に落ち着いた、その1か月後に洗濯機が壊れた…。なんてことになってしまったら、洗濯機の分だけ引っ越し費用が無駄になってしまいますよね。

運賃と買い替えの費用をしっかりと比較して、損をしないようにしてみましょう。

引越し費用が一番安い業者に依頼する方法

ここまで引っ越し費用の相場や、引っ越し費用をできるだけ安く抑えるための方法などお紹介してきました。しかし、まだ費用を抑えるためにできることがあります。それは引っ越し費用が一番安い業者に依頼すること

それはわかっているけれど探すのが大変そう…。実は簡単に一番安い業者を見つける方法があるんです。それは「引っ越し一括見積もりサイト」を利用して探すこと。

1度自身の引越の条件を入力すれば、条件に合った業者を複数ピックアップしてくれます。あとは出された業者からお気に入りや一番安い業者を探し、実際に訪問見積もりをお願いするだけ。とっても簡単です。

少しの手間で引っ越しをお得に済ませることができるので、ぜひ活用してみてくださいね。

まとめ

今回は3~4人家族の引っ越し料金の相場などご紹介してきました。

まずは同市内での引っ越しの相場
・およそ160,000円程度

次に同都道府県内での相場
・200,000円ほど

そして地方圏内での引っ越し料金の相場
・250,000円程度

長距離引越しの費用の相場
・330,000円

最後に海外への引越の費用の相場
・360,000円ほど

また引っ越し費用が高くなりがちな荷物
・家具、家電の運搬は買い替えの時期と相談して

引っ越し費用が一番安い業者の探し方
・一括見積もりサイトを活用

引越と一言で言っても様々な理由があげられます。旦那さんの仕事の都合、新居を立てたことによる引っ越し、または人間関係での悩みから引っ越しをしなければいけなくなることもあるでしょう。

しかし、どのような理由があっても引っ越し先では、また新しい生活が始まります。この新しい生活を充実したものにするためにも、なるべく損をしない引っ越しをしたいものですよね。

引っ越しの相場を知り、引っ越し費用をなるべく抑えることによって、浮いた費用を生活の方へ回すこともできるようになります。新しい生活を楽しく過ごせるよう、事前知識をしっかりと調べておきましょう。