引越し業者のウェブサイトなどで「オプションサービス」というような項目を見ると、「エアコンの引越し」などというように、エアコンだけが他の家電と別の扱いをされています。

テレビや洗濯機などの家電ならば引越しの荷物として普通に運んでくれますが、エアコンとなるとどうやら専門の業者の工事が必要になるそうです。

ではエアコンの引越し(取り外しと取り付け)にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

1. エアコンの取り外しと設置の費用はいくら?

1-1. 基本料金はいくらくらい?

アート引越センターには「エアコンの取り外し、取り付けを承っております。」という文言はあるものの、具体的な料金については明示されていません。

実際に利用した人のインターネットの口コミによると、エアコン1台あたり15,000円ほどだったそうです。こちらは基本料金で、エアコンの種類や設置場所によっては追加料金が発生する場合があります。それはたとえば、このような時です。

  • 室内機と室外機の距離が遠く、パイプを延長する必要がある
  • パイプに化粧カバーをつける
  • ガスの補充が必要
  • 部品交換や破損箇所の修理が必要
エアコンは他の家電とは違って、ただコンセントを抜き差しすれば使えるようになるというものではありません。

エアコンの取り外しや取り付けには専門の電気工事の技術資格を持っていることが必要になります。

そのため、実際のエアコンの取り外しや取り付けの作業はアート引越センターのスタッフではなく、外部の専門業者に委託しているようです。

1-2. 追加料金はいくらくらい?

ホースの延長をする場合は1mあたり2,000円〜、ホースに化粧カバーをつける場合は4mまで5,000円(業者によってまちまち)ほどだそうです。

ガスの補充が必要な場合は10,000円がかかります。

仮に2m延長して化粧カバーも付け、ガスの補充もした場合を想定すると、追加料金だけでも20,000円弱の出費が必要ということになります。

エアコンの取り付け工事に関しては専門的な範疇になってしまうので、業者が提示した工事メニューと金額に応じるしかなくなってしまいそうです。

稀に悪質な業者にあたった場合は、わざとホースを切断して交換や延長が必要だと言われたりした例もあるようなので、できる限り予備知識を備えておくとぼったくりに遭う危険性を減らすことができます。

また、エアコン自体の破損によっても追加料金が発生してしまうため、引越し作業中に破損が起こらないよう、または仮に破損が発生していたとしても、引越し作業前からのものなのか、引越し作業中に起こったものなのかを判断できる材料を用意しておくと安心です。

たとえば、引越し作業に入る前にエアコンの動作状況を確認しておくなどしておけば、いざという時にも保障の申し立てをするのに役立つでしょう。

 

2. 他の引越し業者と比べると高い?安い?

2-1. 他の引越し業者のエアコン引越し料金は?(大手引越し業者の場合)

同一市内であれば10,000円〜、同一市内以外は別途料金

グループ会社の株式会社エレコンという業者がエアコン移設作業を行います。全国対応。

基本工事20,000円〜、追加工事込みのエアコンパック27,000円。

 

以上が公式サイトにて料金の明示がされている主な引越し業者です。

また、追加工事の料金を含めたパック料金も用意されており、利用者は大抵そのパック料金を選択することが多いとのことです。

特にクロネコヤマトのウェブサイトには細かな追加工事ごとの料金まで記載されているので、安心感が持てます。ご自身のエアコンの引越しにかかる料金の想定もできるかもしれません。

(あくまでも参考程度ですが)

 

また、公式サイトでは見つかりませんでしたが口コミによるとこちらのようなプランもありました。

  • アリさんマークの引越社

基本工事9,500円。パイプ交換の追加料金込みのスーパーパック20,000円。

パイプ追加込みの20,000円というのはかなり破格ですね。(ちなみにこちらの情報は2015年のものです。)

 

アート引越しセンターの料金は基本工事が15,000円なので、追加工事を10,000円としても25,000円。

それと比べると、アリさんマークの引越社の方が安い上に追加料金込みのパック料金なので、安心だと思います。

 

2-2. 一括見積もりの利用が便利!

複数の引越し業者の引越し見積もり料金を一括で請求する方法があります。それが「引越し一括見積もり」です。エアコンの引越しの基本料金は専門的な作業なので値引きは難しいかもしれませんが、それ以外の全体の引越し料金を安くしてもらえる可能性があります。

ただし、複数の引越し業者から電話営業が立て続けに入ることや、住所や名前だけでなく電話番号やメールアドレスも提供してしまうことになりますので、利用する場合はそのことを踏まえた上で利用してみてください。

引越し一括見積もりサイトはたくさんありますが、個人的には不動産ポータルサイトのSUUMOが提供しているサービスをおすすめしたいと思います。

SUUMO 引越し見積もり

大手引越し業者だけでなく地域密着型の業者も合わせた中から、好きな業者をピックアップして見積もり請求を行うことができます。

引越し荷物の詳細設定もできますので、エアコンの台数を入力することでエアコンを含めた引越し料金の概算を知ることができます。

 

3. エアコン業者に依頼するよりも引越し業者でまとめて依頼する方が良い?

3-1. エアコンの取り外しと取り付けを請け負っている業者とは?

エアコン専門業者というものがあります。

エアコン専門業者だと追加料金がなければ10,000円〜が相場になっているようです。

エアコン専門業者といってもたくさんありますので、こちらも一括見積もりを利用すると良いかもしれません。

 

もしくは、街の電器店にお願いしてみるというのもどうでしょう。多少割高になるとは思いますが、アフターケアや細かい要望まで責任をもってやってくれそうです。
また、エアコンの新規購入も検討できるのであれば、家電量販店でエアコン購入とセットで取り付けまでしてもらうのも良いでしょう。

なおエアコンの新規購入価格がより安くなる時期は、夏が終わる8月下旬から新商品がでる10月頃までとなります。安く売り出されるような多少型落ちのものでも、機能はさほど変わらないでしょう。

3-2. エアコン業者と引越し業者、どっちがお得?

それで、結局のところ、エアコン業者引越し業者のどっちを選べばいいのでしょうか?!

基本工事の料金だけ見るとエアコン業者も引越し業者も、最安で10,000円程度です。追加工事料金はそれぞれに同じくらいかかるとすると、料金的にはどちらでもあまり変わりがないように思います。

しかしエアコン業者にお願いする場合、引越し業者と別途で依頼をする必要があり、また引越し日時を引越し業者とエアコン業者の間とで調整しなければいけないという手間も出てくるでしょう。

エアコン業者で取り外しをしてもらったエアコンを新居に取り付ける場合には、その輸送費もかかります。基本工事は安いとはいえ、結果的には引越し業者と同じくらいの料金がかかる可能性があります。

それならば、引越し業者に引越しと同時にやってもらうのが一番の合理的な手段なのではないかと思います。そして、当日の追加料金はいくらかかるかわからないし、クレジットカード払いもできないだろうということから、引越し業者の追加工事パックプランを利用することをおすすめします。

 

4. まとめ

エアコンの取り外しと取り付け作業には、引越し業者を利用したとしてもエアコン業者を利用したとしても、2〜3万円は考えておいた方が良さそうです。

追加工事による追加料金は当日まで分からないため、「確実に追加工事はなさそう!」と言える判断材料があるならば別ですが、基本的にはパック料金を利用するのが安全策と言えそうです。

エアコンの大きさによっても金額は変わってきますので、やはりまずは見積もりをとってみることが必須です。いくつかの業者に個別に見積もり依頼をするのが面倒だという人は、引越し一括見積もりサービスを有効活用しましょう。エアコン業者の一括見積もりも併せて利用し、比較できたらなお良いですね。

余談ですが、エアコン取り付け時にはホースを通す穴を開ける作業が必要になることもあります。賃貸物件の場合はあらかじめ大家さんや不動産屋さんに確認をしておきましょう。