引越しをして生活が一新するというときに出てくるのが不用品

まだ使えるものであったとしても、新しい生活には必要としなくなっていたり、気持ち的にどうしても飽きてしまっていたり、「思い切ってとことん身軽にしたいんだ!」ということもあります。

でも不用品処分はなかなか厄介なもので、ただ捨てられるものとそうでないもの、そしてもしかしたらリサイクル品として値がつくものもあったりします。

愛着があるものだったりしたら尚更、処分の仕方にはこだわりたいもの。

そしてもしも引越しのついでに不用品を回収していってくれるとしたら、こんなに楽なことはありません。

今回は引越し業者として質の良さに定評がある、アート引越センターが行っている不用品処分についてご紹介していきます。

具体的な引越し費用を今すぐ知る方法

一番安い引越し業者をSUUMOが選んでくれる!
  • 電話番号を入力しなくていい!!
  • だから迷惑電話の心配なし
  • さらに金額がその場ですぐわかる
  • 最大30社を一括見積もりできる
  • SUUMO限定特典がうれしい

SUUMOで引越し費用を調べる4つの手順
  • 1.公式ページを開く
  • 2.「見積もりスタート」ボタンを押す
  • 3.必要事項を入力する
  • 4.その場ですぐ金額が表示される

家具や家電の大型ごみや引越しごみなどの不用品は処分してくれる?無料?

アート引越センターで回収しているのは家電4品目のみ

「不用品処分」をサービスのひとつとして推し出している引越し業者も少なくない中で、アート引越センターは不用品処分については公式サイトでもはっきりと紹介していません。

日本全国に展開するアート引越センターですから、各地域の営業所によって事情も違ってくるということもあり、あえて明記していないというのが実のところです。

他にも魅力的なサービスや品質を保持しているからこそ、不用品処分をウリにする必要がないとう側面もあります。

では、不用品処分は一切行っていないのでしょうか?

そんなアート引越センターでも、なんと回収してくれるものがあることが分かりました。

それは以下の4品目に限定されています。

これは”家電リサイクル法”で対象となっている4品目です。

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • テレビ
  • エアコン

公式サイトの「よくあるご質問」のコーナーに、「引越しの際、不要な家電製品を処分したいのですがどうすればよいでしょうか?」への回答としてひっそりと記載されていました。

しかしながら、やはり地域ごとの担当営業所によっても違うので事前に確認が必要だというのは変わりません。

1- 無料なの?有料なの?

料金については明記されておらず。とある口コミによると、「上記4点で合計1万円以内で回収してくれた」との情報もありました。

家電リサイクル法による処分費用の負担が義務付けられていることもあり、無料とはいかないことがわかります。

家電メーカーやそのサイズによっても処分費用は異なりますが、目安として経済産業省が公開している処分費用例をご紹介しておきます。

「家電4品目の正しい処分 早わかり!」

こちらの例から計算すると、4品目すべての合計金額は約9千円以上となり、回収の手間賃や輸送費などはアート引越センターがサービスしてくれているような印象を受けます。

通常、自分で処分する場合には、

  • 電気店に引き取りを依頼する(購入時に家電リサイクルの申し込みや支払いを済ませていることも多い)
  • 指定引取り場所に持ち込む

など、手間がかかったり輸送費などの追加料金が発生します。

なお、家電リサイクル法対象品目については自治体で回収をすることができないため、粗大ゴミとして出すこともできません。

そう考えると、どっちみち支払わなければならない家電リサイクルの処分費用とそう変わらない金額を支払うだけで、引越しついでに回収してくれるというのはかなり助かります!

 

無料引き取りはもったいない!買取業者に依頼してお得に処分する方法

不用品処分業者の利用方法

不用品処分業者は星の数ほどありますが、その実、認可を受けていないところも多いのが事実です。

そのような業者にあたった場合、回収された処分品が不法投棄されてしまったり、悪質な手口で高額な料金を取られたりというトラブルも発生しています。

では、どのような業者を選べば良いのか?

こちらは私も以前利用したことがありますが、とても感じの良いしっかりとした対応をしてくれました。

状態がきれいであれば再販できるため、多少の買取金額がつくこともあります。

またその買取金額をそのまま寄付することもできます。

家電だけではなく家具や食器、雑貨などあらゆる処分品に対応しています。

(対応エリアは関東と関西の一部地域となります。)

 

こちらのような業者もあります。

(対応エリアは関東)

不用品処分を申し込むにあたってまずは見積もりを依頼することをおすすめします。

その後の実際の回収日は相談して決めることができます。

それぞれのお住まいの地域に対応している不用品処分業者を探してみてください。

(※処分であれば「廃棄物処理業許可」、リサイクル販売であれば「古物商の許可」を受けている業者であることを確認することを忘れないでください。)

リサイクルショップの利用方法

前項でご紹介した「エコランド」でも買取りを行っていますが、その他にも買取りをしてくれるリサイクルショップがあります。

こちらの業者は関東・関西の広いエリアと福島県、福岡県で出張買取りを行っています。

家電、家具、衣類、雑貨の買取りに対応しています。

こちらもおすすめです。

古本でおなじみのブックオフの系列です。

家電や家具、ホビー用品、車用品、衣類、ブランド品、本、オーディオ類、お酒まで、ここなら何でも引き取ってくれるのではないかと思うほどの品目を網羅しています。

店舗は日本全国にあり、宅配買取りや出張買取りもしています!!

買い取ってもらえるのはどんなもの?

  • 「この家電、かなり使い込んだけど、値がつくのかなぁ…」
  • 「この家具は古いタイプだけど綺麗な状態だからまだ使えそうなんだけど…」

というような不用品がありますか?

家電の場合は型落ち品でも状態が綺麗で、まだ使用できるようであれば値がつくことがあります。

また、自分ではもう飽きてしまったような家具でも、他に欲しい人がいるかもしれません。

実際に売れそうなものかどうかはプロが査定してくれますので、ダメ元でも気になるものは査定してもらってください。

ただし、金額についてはあまり期待してはいけません。

処分費用がかからなかっただけラッキーと思うのが前提になります。

少しでも高い値をつけてもらうためには、自分でできる限り綺麗に掃除しておくのが吉です!

買取金額ってどのくらい?

買取り金額は状態や種類によってピンからキリまであるので、一概にいくらとはなかなか言えません。

実際に見積もりをしに来てもらうか、宅配買取りの場合は品物を送って査定金額を知らせてもらった上で売るかどうかを判断することもできます。

 

まとめ

アート引越センターの話から不用品回収全体の話まで広がってしまいました。

しかしながら不用品といえど、実際はまだまだ使えるものがほとんどであることも多いもの。

リサイクル・リユースとしてまた別の必要とする人の手に渡ることがあるとしたら、それはなかなか嬉しいことでもあります。

番外編として、ネットオークション(ヤフオク)やネットフリマ(メルカリ、ジモティなど)に出品してみる、自治体の情報交換コーナーに「テレビ〇〇円でお譲りします」と広告を出してみる、クリーンセンター(10㎏あたり数百円くらいで引き取ってくれたりする)に持参するなどの方法もあります。