家の中を見渡して、これらをすべて荷造りしなくては…。考えるだけでも憂鬱になる引っ越しの荷造りですが、終わらせなければ引っ越しもまた終わりません。

少しでも余裕を持った引っ越しにするために、早期から着手していたのに今度はダンボールが足りない!なんてことが私もありました。ものすごくうんざりするのですが、ここでめげてはいけません。今回はダンボールが足りなくなった時に無料でもらう方法など見ていきましょう。

ダンボールを無料でもらう方法

ただでさえ引っ越しでお金に羽が生えてしまうので、少しでも出費を抑えたいと考えるものですよね。引っ越しが終わってしまえば無用になってしまうダンボールなので、まずは無料でもらえる方法、どこでもらえるのかなど見ていきましょう。

スーパーでもらう

空きダンボールをもらうと考えたときに、誰しもが一番に思いつくところではないでしょうか。基本的にサイズが小さいものが多いのですが、お手軽にもらえるという面では一番おすすめになりますね。

上記で書いたように、スーパーでもらえるダンボールは基本的にサイズがそこまで大きくありません。ただ、それはお客がスーパーでの購入物を詰めるためのダンボール。店舗の裏側に行けば少し大きめのサイズのダンボールも置いてあったりするので、店員さんに聞いてみましょう。

ドラッグストアでもらう

こちらも身近な存在と言えますね。基本的に小売りのお店には、商品を陳列した後の空いているダンボールが多くあるもの。こちらも店員さんにいらないダンボールがほしいんですけど。と聞いてみましょう。

ショッピングモールでもらう

息抜きついでにショッピングモールでもらうのもいいですね。大型商業施設なだけに、毎日大量のダンボールが出るので、求めているサイズやピッタリの強度のものを手に入れやすいのではないでしょうか。

どこで聞けばいいのかと迷いそうですが、サービスカウンターで問い合わせてみれば、店員さんが対応してくれますよ。

酒屋さんでもらう

もしも重たいものを梱包しなければいけない、壊れやすいものだからできるだけ頑丈なダンボールがほしい…。こう考えているのなら、酒屋さんにダンボールをもらいに行ってみましょう。

重たい酒瓶などを扱うだけに、底抜け防止が施されているような、頑丈なダンボールをもらうことができますよ。ただ比較的にサイズが小さなものが多いので、用途は少し狭められるかもしれません。

有料だといくらで売っている?

ここまで足りなくなったダンボールを、無料でもらう方法を見てきました。しかし、人によっては中古のダンボールは使いたくない、段ボールをくださいというのがどうしても恥ずかしい。こんな方もおられると感じます。

でも大丈夫。実はダンボールは普通に売られているものでもあるんですよ。扱っているのは主にホームセンター。1枚200円から300円ほどで購入することができます。

また、ネットの通販でも購入は可能。まとめ買いをすれば1枚当たりの単価を抑えることができるので、10枚以上足りない場合などは通販で購入しましょう。1枚当たり100円から200円ほどになります。

ダンボールを無料で使うメリットデメリット

ではダンボールを無料で手に入れた場合、そこには何かデメリットがあるのでしょうか?考えられるメリット、デメリットをともに見ていきましょう。

メリット

無料で手に入れた段ボールの何がメリットになるのかと言われれば、まさしく無料で手に入れることができた。ということに尽きるのではないでしょうか。引っ越し自体に大きな費用が掛かるので、無駄な出費を抑えることができるのは一番のメリットとも感じますね。

デメリット

無料のダンボールの場合、処分前の空きダンボールをもらうことになるので、中古品になります。一度ほかのものを入れて運搬してきたダンボールなだけに、どうしても強度がいくらか落ちていることがデメリットと言えるのではないでしょうか。

また、もらってくるときには、しっかりとダンボールの選別をしてきれいなものをもらってきましょう。特にスーパーなど食品を扱っている場所のダンボールには、ゴキブリの卵がついていることがあります。

ダンボールを有料で購入するメリットデメリット

上記では無料でもらってきた段ボールのメリットデメリットを見てきました。今度は同じように、有料で購入する場合のダンボールは、どのようなメリットデメリットがあるのでしょう?ここから見ていきましょう。

メリット

有料で購入したダンボールは新品なので、なによりもきれいであるということがメリットになるのではないでしょうか。強度も申し分なしなので、家の中の荷物をどんどん詰め込んでいくことができますね。

また、組み立てたばかりのダンボールは、角面がしっかりとしています。引っ越し当日のトラックに積み込む際にも、しっかりとした積み込みができるので、運搬中の荷崩れの防止が期待できます。

デメリット

無料で手に入れた場合と反対に、こちらの場合は、費用が掛かるということが一番のデメリットになるのではないでしょうか。もう何度も書いてきましたが、本当に引っ越しはお金がかかります。

少しでも費用を抑えた問いと考える場合、有料であるというのはネックになりますね。また、新品のダンボールの断面には、なぜかダンボールの切れ端などのゴミが引っ付いていることがあります。

私も引っ越しの際に一心不乱にダンボールを組み立てていて、気が付いたら床に小さなごみがいっぱい散らばっていた…。なんてことがありました。

まとめ

今回は引っ越しに際して必須のアイテムである、「ダンボールが途中で足りなくなったときに、無料でもらう方法」などご紹介してきました。

まず無料でもらえる場所
・スーパー
・ドラッグストア
・ショッピングモール
・酒屋

そして有料で購入する場合
・ホームセンターなら200円から300円
・ネット通販ならまとめ買いで1枚当たり100円から200円

ダンボールを無料でもらうメリットデメリット
・メリットは何より無料であること
・デメリットは強度が落ちている、衛生面の不安

有料で購入したダンボールのメリットデメリット
・メリットは新品なのでキレイ、荷崩れ防止にも
・デメリットは有料であること自体、ゴミが出やすい

となりました。

しつこいくらいに書いてきましたが、引っ越しは大きなお金が動くもの。ダンボールはさほど高価なものではないといっても、無駄な出費は避けたいと考えるものですよね。もしも荷造り途中でダンボールが足りないと気づいたら、早め早めに動いておきましょう。

また、今回紹介した店舗で空きダンボールをもらおうと考えるのなら、お店が忙しい時間帯は避けましょう。そして、空きダンボールが出やすい時間帯はお店によって違います。何度か通って最適なサイズのダンボールを見つけてくださいね。