大切な彼氏彼女との同棲、または幸せいっぱいな新婚さんなど、2人の生活のための引越の場合、引っ越し費用はどの程度になるのでしょうか?

大切な人との生活は幸せも多いですが、生活を共にする以上、金銭面でのすり合わせも必要になってくるもの。

距離に応じて変わってくる引っ越し料金の相場も、事前に確認しておきましょう。最安値で引き受けてくれる業者を選べば、2倍近く費用が変わってきますよ。

具体的な引越し費用を今すぐ知る方法

一番安い引越し業者をSUUMOが選んでくれる!
  • 電話番号を入力しなくていい!!
  • だから迷惑電話の心配なし
  • さらに金額がその場ですぐわかる
  • 最大30社を一括見積もりできる
  • SUUMO限定特典がうれしい

SUUMOで引越し費用を調べる4つの手順
  • 1.公式ページを開く
  • 2.「見積もりスタート」ボタンを押す
  • 3.必要事項を入力する
  • 4.その場ですぐ金額が表示される

同市内の引越し料金の相場

まずは距離の近い同市内での引っ越し費用の相場を見ていきましょう。荷物の量や繁忙期か閑散期か、といった違いもありますが基本的な相場としては48,000円程度

引越しをすると考えれば、大きな額が動くと考えがちなので、この費用はなかなか安いです。距離が短いとやはり安価に抑えることができますね。

また、実際に結婚を機に一緒に住むための引越、または結婚を前提にした同棲で引っ越しをしたという方の場合、大型の家電などは新調したから引っ越しでは運ばなかった。という方も多数おられました。

この場合、引っ越し費用が30,000円程度と、さらに安く済ませることが可能です。

同じ都道府県内の引越し料金の相場

少し距離が遠くなる同都道府県内での引っ越し費用の相場は、どのようになるのでしょうか?こちらは幾分費用が跳ね上がり、100,000円程度が相場

一気に倍程度の費用になってしまいますね。これはやはり距離と荷物量の関係から費用が大きく上がってしまいます。しかし、距離と荷物量から決まるというのなら、費用の幅も大きくなりそう…

実際、相場の100,000円は平均値と言えます。

距離は同じくらいであっても荷物量に二倍の違いがある場合は、費用でも倍以上の違いが出てくることも当たり前のようにあります。

相場だけを気にするのではなく、安価に済ませるための工夫も必要になってくるようですね。

地方圏内の引越し料金の相場

距離に幅が出てくる、地方圏内の引越での費用の相場はどのくらいになるのか?こちらも相場というよりは平均値となってしまいますが、およそ12万~13万円程度。

同じ地方圏内と言っても、端から端までの引越と、隣の件に引っ越しただけでは距離が大きく変わってきます。また、地方圏内での引っ越しの場合、繁忙期か閑散期かという違いで費用に大きく差が出ていたように感じました。

高いと感じたケースでは350,000円の費用が掛かったようですが、これでも同業他社の中では一番安価な費用だったのだとか。

距離が遠かったことと、繁忙期であること、また家電などの準備をした後の引越だったので、トラックが大きかったという点から費用が掛かったようです。

長距離の引越し料金の相場

ガラッと環境が変わることになる、長距離での引っ越し費用の相場はどのくらいになるのでしょうか。

やはり距離が遠くなる分、2人分の荷物量でも費用が高くなってきます。およその平均値として17~180.000円程度

高い…と感じますが、トラックの準備や搬出搬入のことを考えれば、妥当な額。

海外への引越し料金の相場

旦那様が海外へ転勤することをきっかけに結婚、または恋人が海外の方だった場合など、一気に距離が遠くなるので、費用も上がりそう…

海外と一言で言っても様々な国があるだけに、国によっても費用の相場が変わってきます

ここでは一例として、東京からニューヨークへの引っ越しを見てみましょう。

まず一番に気を付けないことがいけないこととして、海外への引越の場合引っ越し費用以外にも費用がかかってきます。

それは「輸出通関料」「輸入通関料」の2つ。

これらは国によって費用の幅があり、ここで紹介するニューヨークの場合は、輸出料金が220,000円、そして輸入料金が100,000円となります。

これにおよその相場である190,000円を足して、総計510,000円となります。

ただ、これはあくまでも値引きなどを一切しなかった場合の相場です。最安値の引越し業者を選ぶことと、値引き交渉をするだけで費用は最大半額近く値下げすることが可能です。

▶引越し費用を最大半額にする値引き交渉マニュアル

引越し費用を高く吊り上げてしまう家具や家電

引っ越した後の生活もあるので、できるだけ引っ越し費用を安価に済ませたい

ここからは、引っ越し費用を抑えるためにできることを見ていきましょう。

大きな家具、家電などは引っ越し先で調達する

洗濯機や冷蔵庫などいわゆる「白物家電」と呼ばれている家電は、引っ越し先で新調することをお勧めします。

特に結婚を機に新しい物件で生活を始める、と言った場合はそもそも家電の調達から始めなければいけないケースが多いと感じます。

もしも以前一人暮らしで使っていた家電がある、と言った場合でも、1人暮らし用と2人暮らし用の家電では使い勝手が違います

あとあとになって買い替えるくらいなら、引っ越し先で新調したほうが無難とも言えますね。

何より、大きく重たい家電を運ばなくてもいいとなれば、トラックのサイズをワンランク落とすことができる場合もあるので、その分費用を抑えることができます。

同じ理由で、タンスやソファ、ベッドなどの大きな家具も引っ越し先で新調することをお勧めします。

荷物は極力少なく

特に男性から見れば、なぜそんなに必要なのか?と首をかしげたくなるほど衣装持ちの女性もいますよね。

もちろんこだわりあってのことなので無理強いはできませんが、引っ越しの際に持って行く荷物は極力少なくしましょう

持って行く荷物を少なくすれば、引っ越し費用を抑えるだけではなく、新居での収納に困ることもありません

基本的に引っ越し先で新たに購入ができるもの、というものは処分したほうが楽な引っ越しをかなえることができますよ。

生活のために必要なものというのは、よくよく分別すれば驚くほど少ないもの。引っ越しを機に自身の周りを少し整頓してみましょう。

引越し費用が一番安い業者に依頼する方法

ここまで引っ越し費用の相場や、引っ越しを安価に抑えるための方法などご紹介してきました。

しかし、実際のところ引っ越しの業者の費用が高ければ、すべてが台無しになってしまうこともありますよね。

そもそもの価格を抑えるために、引っ越し業者の中でも安く済ませられるところとは、どのように探せばいいのか?と聞かれればおすすめは「引っ越し一括見積もりサイト」を利用すること。

引っ越し一括見積もりサイトを使えば、自身の条件に合った引っ越し業者を、1度の入力だけで見極めることができます

オプションサービスの有無から、およその見積もり額を複数業者から見比べることができると考えれば、一番価格が安いところから、サービス豊富なところまでより取り見取りに。

後は示された業者から自分の好みや金額からピックアップ。実際に訪問見積もりをお願いすることになります。一括見積もりサイトを使えば、その時点から「相見積もり」をしていることになるので、よりお得に引っ越し業者を決めることができますよ。

まとめ

今回は同棲や新婚さん、2人分の引っ越し料金の相場などご紹介してきました。

まず同市内での引っ越し料金の相場
・480,000円程度

次に同都道府県内での引っ越し料金の相場
・100,000円ほど

地方圏内での引越し料金の相場
・12~130,000円前後

長距離での引っ越し料金の相場
・17~180,000円程度

距離が大きくなる海外への引越料金の相場は(東京=ニューヨーク間)
・およそ510,000円

引っ越し料金を抑えるために必要なこととは
・家具、家電は引っ越し先で新調
・荷物は極力少なく

引っ越し費用が一番安い業者を見つけるには
・引っ越し一括見積もりサイトを活用

となりました。

新しい生活を始める、これだけでもなんだかワクワクするような響きですよねその上に。大切な人との2人だけの生活が始まるのだと考えれば、ドキドキ感はより強くなることと感じます。

幸せいっぱいな生活を実現するためにも、引っ越しを機に生活にかかる様々な費用に関しても、2人で相談をするようにしましょう。引っ越し費用を抑えるためにどのようなことができるのか。それに対して、どこまで妥協、協力ができるのか。こういった話し合いはとても大切なこと。

2人の新しい生活をよりスムーズに進めるためにも、引っ越しを機にいろいろな話し合いをしてくださいね。

ちなみに私も結婚の際の引っ越しを経験しましたが、お互いの金銭感覚や生活への協力姿勢をはかるのにとても有意義だと感じました。忙しいときほど素の自分が出るもの、相手からも自分が計られているのだという意識も忘れないでくださいね。