名前は聞いたことがあるけれど、大手なのか中小企業なのか、いまいちイメージの湧かないハトのマークの引越しセンターあなたはご存知でしたか?

よくよく調べてみると、この業者ならではのこだわりや、推しポイントがやはりありました。

はたしてどのような人に向いているのでしょうか?

1. ハトのマークの引越センターの引越しのおすすめポイント

1-1. 充実した単身プラン

ハトのマークの引越センターには、なんと4つの単身引越しプランがあります。

「4つも?!」と思われましたか?私は思いました。4つもあって、何が違うの?と。

簡単にご紹介したいと思います。

 

  • 小鳩パック

0.8m×1.1m×1.7mの専用ボックスを利用した引越しプランです。遠距離(片道200㎞以上)が対象となります。

1ボックスの最安値は大阪−名古屋間の20,000円ですが、2つ以上のボックスを利用する場合は割引があります。

 

  • 小鳩プチトラパック

近距離の引越しならば、このプチトラパック。トラックを貸し切ることができます。

同一市区町村内なら1ボックス相当分で11,000円、2ボックス相当分でも16,000円。

同一都道府県内なら1ボックス相当分で15,000円、2ボックス相当分でも26,000円です!

 

  • 小鳩スカイパック

航空機を利用した遠距離での輸送です。例として東京−大阪で36,000円です。

最も遠距離の沖縄−北海道では87,000円です。

 

  • 青春引越便

小鳩パックに収まらない荷物量かつ遠距離の場合はこのプランになります。

ハトのマークの引越センターがお荷物をお預かりし、業務提携している福山通運がBOXで幹線輸送をし、転居先へお届け・お部屋への配置をいたします。 お荷物のお届け時間は、ご希望日の5つの時間帯(2時間幅です)が可能です。

ボックスのサイズは1.05m×1.05m×1.8mと、小鳩パックとさほど変わらない気がしますが、小鳩プランは時間指定をするのにオプション料金が必要ですが青春引越便はオプション料金なしで時間指定ができるというのが大きな違いです。

 

これらのプランが素晴らしいのは、料金が明示されているからです。(青春引越便は明記なし)

”大きさが決まっているからあとは距離次第”ということなのでしょうね。それぞれ移動距離別の料金が記載されているのがとても安心です。

 

1-2. 海外への引越し

海外へのお引越しもエアカーゴ・大手海運業者等と業務提携しています。その信頼と実績のネットワークによる連携プレーは、国内外に高い評価を得ています。

スピードを求める場合はエアカーゴ、安全性を求めるなら大型船舶での輸送ができます。

1-3. オプションサービス

  • 家電移設(アンテナもエアコンも)
  • ピアノ搬送
  • 全国どこでも愛車輸送
  • ルーム・ハウスクリーニング
  • 荷物の一時預かり
  • 不用品処分

などと、引越しにまつわる「こういうのもやってくれたらいいな」という+αの要望をかなえてくれるようなプランが揃っています。

ピアノ搬送は調律や修理まで請け負ってくれるから安心。そして荷物や家財の一時預かりもとても役立ちそうですよね!段ボール1個からでも一時的に預かってくれるそうです。

不用品処分についても、引越しついでにやってくれるのなら、別業者を探す手間が省けるしとても楽です。

1-4. エコプラン

繰り返し使える「エコ・プラン専用BOX」でごみ処分の必要がありません。組み立てはとても簡単で、お客様の梱包作業も時間短縮。お引越し作業にゆとりができます。大型液晶テレビ用、食器(お皿、コップ)用をご用意。地球環境に対する配慮だけでなく便利で効率的にお引越しができます。

「エコ・プラン専用BOX」は内部に緩衝材や仕切りがセットされているボックスなので、そのまま入れてそのまま出すことが可能です!

時間も短縮できるし、段ボールをいちいち組み立てたり搬入後に畳んだりという手間もなくなります。そしてボックスはマジックテープを使用して固定したり閉じたりすることができるので、ガムテープも不要になります。

なんだかとても魅力的ですね!私も使ってみたいです。

 

2. ハトのマークの引越センターのいまいちポイント

2-1. 地域によって担当企業がバラバラ。責任を取ってもらえない?

実はハトのマークの引越センターというのは協同組合形式で、地方によって担当する企業が違うそうです。もしトラブルが発生したとしても、担当した企業が責任を取ってくれない場合は最終的に要望や意見を受け止めてくれる体制がありません。(一応、本社というものはあるらしいですが)

問い合わせをしてもさんざんたらい回しにされて解決に至らなかったという怒りの声がいくつか上がっていました。

これはかなり不安に感じます…。

2-2. 作業が雑、荷物運び忘れ

「パソコンのような精密機械を乱雑に段ボールに入れて運ばれて壊れてしまった」

「大きくて目立つ家財も運び忘れられていた」

「本来運ぶものではない旧居に備え付けのものを持ってこられてしまった」

などなど、作業の荒さが目立ちます。

ものをあちこちぶつけたり、引きずったり、それを注意したところクレーマー扱いされる。

作業員の態度や質にも激しく違和感を感じます。

 

3. ハトのマークの引越センターの評価が高い口コミ評判まとめ

【引越し作業】
一つ一つの家具を分厚い布などでしっかり梱包し、細心の注意を払いながら搬入してくれたので、安心できました。
【サービス】
洗濯機の取り付けの際に、部品が足りず取り付けできなくて困っていましたが、土地勘の無い私達に代わって、業者さんがホームセンターへ買いに走ってくれて取り付けてくださいました。(部品代のみ実費で、取り付け作業は無料)業者さんの暖かさに心から感謝しました。
【接客対応】
2歳の娘が引っ越しの最中にお昼寝を始めたのを見て、なるべく音を立てないように作業してくださいました。また、私達にとって、引っ越し先が縁もゆかりも無く、全く知らない土地だったのでとても不安でしたが、業者さんがしょっちゅう、大丈夫だからね~って励ましてくれました。お陰で元気が出ました。
【総評】
引っ越しには不安がつきものですが、業者さんの優しさに触れることによって、随分救われました。また、作業も丁寧かつ迅速で、この業者さんにお願いして本当に良かったと思います。
(引用元:http://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/vender/00000000010/

細かいオーダーにも「もちろんやらせていただきます!」と快く答えてくれ、テキパキと動いてくれた。照明や家具の配置場所、洗濯機の設置なども、きっちりやってくれた。また、私が運ぶのを忘れていたものも、気づき持って来てくださり、本当にたすかりました。安心して任せられました。最後も「ありがとうございました!」と笑顔で去っていき、会社の中で気持ちの良い対応が浸透しているのだなと思いました。

(引用元:https://hikkoshizamurai.jp/company/d-inui/voice/p1-com183

家が空港から近いということで小鳩スカイパックが安いよ~と提案してくれました。

実際安いし、空の便なので荷物が届くのも早いしでかなり満足しています。

(引用元:http://hikkoshimitsumori-man.com/entry93.html

フリー便を頼んでいたので、時間が不安だったんですけど、前便が終わったので前倒しで来て頂き、効率良く荷物を積んでくれて、こちらの不安なことをすべて答えてくてれ、帰り際には退去するお部屋のチェックまで確認して頂き、スムーズに終わりました。引っ越しが初めてだったので、凄く良い引っ越し屋さんで良かったです。

(引用元:https://hikkoshizamurai.jp/company/d-inui/voice/p1-com183

出向先の長野県から東京への引越です。2台のトラックに荷物を積み終わったのが昼少し前で、業者の方は昼食を摂ってから出発するとのことでしたが、私共はトラックよりも先に着いて掃除をしたかったので昼食も摂らず、休憩も取らずに高速道路をひた走りました。掃除も無事終わり後はトラックの到着を待つだけでしたが、いくら待ってもトラックは来ません。どっぷりと日が暮れたころ無事着いたので安心しましたが、聞けば高速道路で事故があり3時間ほど全く動けなかったとのこと。業者さんは大変恐縮し、これ以上遅くならないようにと気を使い、必死で荷物を運び込んでくれましたので、流石はプロの業者と感心し、有難かったです。

(引用元:http://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/vender/00000000010/

優しさにあふれた「人情味」が伝わってくる口コミばかりでした。

決められた作業内容だけでなく、引越しのプロならではの観点から提案や配慮をしてくれるというのもとても頼もしく思えます。

 

4. ハトのマークの引越センターの評価が低い口コミ評判まとめ

とにかく謝らない、電話よこさない、嘘はつくとこの会社全体がここまでひどいのではないだろうが仕事に対して全く責任感がない。それとここは事実上無保険と思っていたほうがいい、なぜなら詳しい状況も聞かずに保険は使えないというのだから。

それと注意してほしいのがここは協同組合形式で本部には一切の責任がないそうで事故にあっても担当営業所がひどかったら泣き寝入りするしかないそうだ。多くの場合は無事に引越が終わるのだろうが荷物が壊れたときなどは最悪の引越し会社。なにしろ本部が各店に指導監督できないそうだから。
(引用元:http://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/vender/00000000010/

【引越し作業】朝の挨拶の時点で責任者と呼ばれる年長者はアルコール臭がした。結局、この方がピアノを落とし畳を破る、テーブルを倒し留め具が破損、植木を落とすこととなった。結果、作業は大幅に遅れ、夜遅くなってしまったために他のチームが大量に応援に駆けつける始末。
【サービス】テーブルが壊れ、ピアノを落とした結果畳が破れました。その後の対応が半年たっても未だに終わらない。
【接客対応】修理について問合せをしても担当営業店の店長は常に営業に出てるといわれ、折り返しの電話は無い。
(引用元:http://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/vender/00000000010/

会社指定の業者のため過去に5回利用。
1度も最低限許せる範囲の引っ越しはなかったです。
毎回必ずあるのは
1.電話の折り返しが来ない。催促して初めて電話が来る。電話応対も近所の商店レベル。
2.引っ越しの時間がなかなか決まらない。
3.ダンボール等、荷作りに必要な資材もなかなか持ってきてくれない。
4.作業員はほぼバイトか、地元の運送屋のおじさん。プロは1人しかいない。社員以外のスタッフのお客様への挨拶無し。
5.食器は必ず壊れる。

素人スタッフを社員が1人で指示を出して動かしているようですが、みんなダラダラ作業します。
営業担当もビジネスマナーなんてありません。今回は電話してから10日以上折り返しないですから。
(引用元:https://minhyo.jp/hatonomarkno-hikkoshicenter/

低評価な口コミを見ている限り、作業品質はとても依頼したいと思えるようなものではありません…。

家財や建物を壊されたり傷をつけられたりした上に、謝罪もその後のフォローもないのでは、「責任」なんて言葉は彼らにはないのかもしれません。

しかしながら、高評価の口コミもあります。作業員によって質が異なるのはどの引越し業者でもあることで、ある程度は仕方ないことと思うべきでしょうが、まるでイチかバチかの賭けのようになってしまいます。

平均的な品質の向上を望みます…。

 

5. こんな人におすすめしたい!

5-1. こんな人にはおすすめできる

  • 単身者

単身者向けのプランが豊富です!距離によって料金が一目瞭然だというのも安心なところ。

ボックスの大きさに合わせて、新居へ持っていく家財の取捨選択ができそうですね。

  • 海外への引越しをする人

海外への引越しにエアカーゴか大型船舶かを選択できます。

  • 段ボールや梱包材などのゴミが気になる人

ハトのマークの引越しセンターが推している「エコプラン専用ボックス」は梱包材が一体型になっているために、食器や家電の梱包をすることなくそのまま箱に入れるだけで運ぶことができます。

梱包や開梱の手間も時間も省け、効率的に引越し作業を行うことができるでしょう。

エコプランボックスに入れる以外の雑貨のために段ボールやガムテープを無料でもらえるサービスもあるようですが、数には限りがあります。追加で購入してくることも考えると、それもまた面倒だしお金もかかります。

エコプランボックスを利用できる家財については、大いに有効活用したいところです。

5-2. こんな人にはおすすめできない

  • ファミリーや高齢者

単身者向けのプランに力を入れているように見えるハトのマークの引越しセンターですが、ファミリー向けのプランやシニア楽々プランという高齢者向けのプランも提供しているようです。

しかし公式サイトを見る限り、何か特色があったり特別なケアを考えているというような印象は受けませんでした。

また、利用者の口コミからは作業の荒さや対応のずさんさ、責任感のなさが目立ちます。ファミリー世帯は荷物の量が多い分、破損などのトラブルの可能性が高まるかもしれません。

そして、最低限の引越し作業のマナーがない作業員に、高齢者への配慮ができるとはとても思えません。かえって負担が増えてしまうことも有り得ます。

ファミリー向けや高齢者向けのプランを提供している引越し業者は他にいくらでもあります。あえてハトのマークの引越しセンターを選ぶ必要性はなさそうに思います。

 

6. まとめ

見積もりに来た営業の人やコールセンターの人の評判も良いとは言えないようですが、それでもなぜハトのマークの引越し社にしたかというと、「安い」ということがひとつの理由だそうです。

単身者向けプラン以外のプランについては料金の明示がされていないので、見積もりをしてみないと分からないところではありますが、少なくともいくつかの業者から見積もりをとって比較するということはしておいた方が良さそうです。

そしてやはりこの業者は荷物の少ない「単身者」向けなのだろうなと強く思います。引越しサービスというよりは荷物の運送に特化しているのでしょう。そのような印象を受けました。