公式サイトによるとハート引越しセンターでは、「エコ」に力を入れているようです。

自然エネルギーの利用やリサイクル・リユース、CO2削減に取り組んでいます。

そのようなエコなハート引越しセンターですが、ダンボールは無料で提供しているのでしょうか?それとも、環境に配慮するために有料にしている?もしくは、リサイクルダンボールが多い?

今回はハート引越しセンターでダンボールを無料でもらえるのかどうか、そしてその回収までをまとめてみました。

具体的な引越し費用を今すぐ知る方法

一番安い引越し業者をSUUMOが選んでくれる!
  • 電話番号を入力しなくていい!!
  • だから迷惑電話の心配なし
  • さらに金額がその場ですぐわかる
  • 最大30社を一括見積もりできる
  • SUUMO限定特典がうれしい

SUUMOで引越し費用を調べる4つの手順
  • 1.公式ページを開く
  • 2.「見積もりスタート」ボタンを押す
  • 3.必要事項を入力する
  • 4.その場ですぐ金額が表示される

ハート引越センターではダンボールは無料でもらえるか?

1. 50枚まで無料サービスしてくれる

とてもありがたいことに、ハート引越しセンターではダンボールを50枚まで無料でもらうことができます!

以前は無料サービスが当たり前のようでしたが、今ではダンボールや梱包資材を有料サービスに移行している引越し業者も多いです。

ハート引越しセンターがサービスしてくれるダンボールは大きさや種類も豊富で、とっても使いやすそうです。そのほか、各種梱包資材もサービスしてくれるとのこと。下記にご紹介します。

  • ダンボールMサイズ(幅49cm×奥行き38cm×高さ35cm)
  • ダンボールSサイズ(幅39cm×奥行き34cm×高さ31cm)
  • ハンガー専用ボックス(幅48cm×奥行き47cm×高さ101cm)
  • 和装用ダンボール(幅86cm×奥行き37cm×高さ18cm)
  • ガムテープ
  • ロールダンボール・エアーキャップ(われもの用などの梱包材)
  • ふとん袋

ガムテープはダンボールの数に合わせて支給されます。引越しの荷物量に合わせたダンボールの量やその内訳は、営業マンが訪問見積もりに来てくれる際に目安をつけてくれるでしょう。

ダンボールのMサイズには衣類や軽いものを、Sサイズには本や食器などの比較的重いものを梱包するのが良いでしょう。着物や浴衣、その他の細長い衣類にも役立つ「和装用段ボール」もあります。

なお、ハンガー専用ボックスは4枚まで無料、ふとん袋は2枚まで無料です!

2. 無料でもらえるダンボールで足りなかったら?

しかしながら、「50枚ではとても入りきらない!」というご家庭もあるでしょう。4人以上のファミリー世帯や、そうでなくても荷物が多い世帯であれば50枚というのはあっという間に使い切ってしまうことと思います。

では、ダンボールを追加でもらうことはできるのでしょうか?それは有料になるの?

結論から言いますと、50枚の無料サービス分以上については有料だと思っておいた方が良いでしょう。ただし、他の引越しで使用済みのダンボールであれば話は別です。

新品のダンボールでなくリサイクルダンボールであれば、無料にしてくれる可能性が大きいです。むしろ、営業マンの方から提案してくれることもあるかもしれません。

ダンボールは市販のものを買うこともできますが、量によっては結構な値段になりますし、無料でもらえるものがあるなら利用しないのはもったいないですね。

リサイクルダンボールに抵抗がある人は、オンラインで購入するのがオススメです。ダンボール1枚が50円くらいで購入できたり、購入してから家まで運ぶ手間が省けます。ただし送料もあるため、オンラインでの購入時にはまとまった数を注文するのがよりお得でしょう。

訪問見積もり時に確定したダンボールは後日自宅まで届けてくれたり、営業マンが持ってきている場合はすぐに置いて行ってくれますが、追加分については再度依頼しないといけません。そして依頼後すぐに届けてくれるとは限らないため、荷造りは早めに済ませてどのくらい追加が必要なのかを明確にしておきましょう。

 

引越しを終えた後のダンボールは無料で回収してくれるか?

ハート引越しセンターは、引越し後のダンボールを無料で回収してくれます!

”引越し後○ヶ月後まで”などというような決まりがあるため、確認が必要ですが、回収1回までは無料で、2回目以降は有料となります。

実際にハート引越しセンターのダンボール無料回収の利用者によると、回収を依頼してもなかなか来てもらえないというケースが多いようです。また、日時指定をできるわけではなさそうなので、「ダンボールが新居のスペースを占領していて困る!」という方は、お住まいの資源ゴミ回収日に少しずつ、資源ゴミとして出してしまうのもひとつの手でしょう。

※引越し後のダンボールは大量であるため、「ゴミとして出さないでください」としている市区町村も多いようですが、一度に大量に出さない限りはさほど迷惑にはならないと思います。

 

より確実にダンボールを無料でもらい、無料で回収してもらうための交渉

1. 契約条件にダンボール回収を提示してみる

引越し業者を選ぶ時にはいくつかの業者を見比べてみることが重要です。

もしも1社だけからしか見積もりをもらわないとしたら、その引越し料金が妥当なものかどうか、高いのか安いのかどうかもわかりません。引越しの料金は相場があってないようなもので、輸送費や人件費などの最低限必要な費用以外の部分は各引越し業者によってどのような基準で費用を算出しているのかはわかる術もないのです。

よって、大前提として数社から見積もりをもらって、その上で訪問見積もりをお願いしましょう。

その上で「ハート引越しセンターにお願いしたい!」と思うのであれば、それを即座には言わず、少し交渉してみましょう。

たとえば、「他にも検討している引越し業者があるから、もう少し考えたい」などといったようなジラシ作戦です。やりすぎは嫌がられますが、無理のない範囲であれば「○○○円まで値下げします!」と交渉に応じてくれることがほとんどです。

交渉することでダンボールの無料サービスを確実なものにしたり値切りしてもらったりするだけでなく、ダンボールの回収についても念を押しておくと良いでしょう。

ただしダンボール回収はあくまでもアフターサービスなので、業者としても優先順位は低く、”営業マンが近くを通りかかったら回収する”というような、ついでの場合が普通です。「後日担当者から連絡します」と言われたまま、いつまで経っても回収に来てくれないということもあり得ます。

契約時に約束したからといって信用できるとは限りませんが、何も言わないよりは良いです。

2. 繁忙期を避ける

引越しシーズンの2〜4月は1年の中で最も引越し業者が忙しい時なので、ダンボール回収に来てくれる余裕がないかもしれません。どうしても回収を依頼したい場合は、この時期を避けることによってスムーズに事が運びやすいでしょう。

逆を言えば、繁忙期だからこそ営業マンがあちこち訪問見積もりに出回っていて、運良く近くを通りかかってダンボール回収にも来てくれるということも、有り得なくはありません。

どちらにしても、ダンボール回収は早めに依頼をして、気長に待つことが重要です。

 

まとめ

ハート引越しセンターではダンボールを50箱まで、そしてそれに必要な梱包資材やガムテープも無料でサービスしてくれることがわかりました。

また、ふとん袋やハンガー専用ボックス、和装用ダンボールなど大型のものや特殊な形状のものにも対応しているダンボールがあります。

基本的にダンボールは無料でもらうことができますが、量をたくさん欲しいのであれば、他の引越しで使用済みのリサイクルダンボールを使うことも考慮に入れてみましょう。

そして、引越し後のダンボール回収はとにかく気長に待つこと、これに限ります!