引っ越しに際して荷物をまとめていると、自宅にこんなにも荷物があったのかと、驚く方も多いと感じます。そんな中、普段は荷物と考えることの少ない、自転車はどのように引っ越し先にもっていけばいいのでしょうか?

いつもなら荷物を運ぶ際に使う側の自転車。いざ運ぶとなるとどうすればいいのか少し戸惑ってしまいそうですね。今回は引っ越しの際に自転車はどう運ぶのかなど、いろんな面から考えていきましょう。

引越し費用が今すぐわかる

一番安い引越し業者をSUUMOが選んでくれる!
  • 電話番号は入力しなくていい
  • SUUMOだから安心
  • その場で見積もり額すぐわかる
  • 最大30社の一括見積もり
  • SUUMO限定特典アリ

引越しの時に自転車も運んでもらうことって可能?どういう状況なら自転車を運んでくれる?追加料金かかる?

まず最初に考えることとして、引っ越しをするときに、そのまま一緒に業者にもっていってもらえれば一番楽ちんですよね。しかし自転車はいざ運ぼうと考えると、なかなかスペースをとる荷物

別途料金がかかったりするんじゃないかな…、と考えがちですがここは大丈夫。引っ越しの見積もり時点で自転車も運んでください。と一言添えておけば自転車を含んだ見積額を出してくれます

もちろん、自転車の分だけスペースをとることになるので、見積額は高めになりがちです。ただ別途オプション料金が必要なんてこともなく、運んでもらえないという事態にはなりません。

また、街乗りに使うようないわゆる「ママチャリ」では難しいですが、ロードバイクなど簡単に分解できるようなものは、分解した状態で運んでもらいましょう。その分省スペースで済ませることができますし、運んでいる際の破損を最低限に抑えることができますよ。

引越しの時に自転車を運んでもらえない時ってどういう状況?

では逆に自転車を運んでもらえないという場合は、どのような状況になるのでしょうか。コンパクトなものとは言えないので、自分の車で運ぶ。というのもなかなか難しい自転車。慌てないで済むよう、運んでもらえない場合の理由を見ていきましょう。

見積時に言い忘れた

見積もりに来てもらったけれど、ちょうどその時子供が自転車に乗って出かけていたから、自転車もあるということを言い忘れた…。そして引っ越し当日に自転車もあります。なんて場合
運んでもらえなくても文句は言えませんね。これは単純にトラックに自転車を載せるスペースがない。という理由により運んでもらえなくなります。初歩的なミスを起こさないように気を付けましょう。

単身パックなどもともとのサイズが小さい場合

基本的に引っ越しの際にそのまま業者に運んでもらおうと考えるのならば、見積時に言い忘れて、もうトラックの容量がパンパン。なんてことにでもならない限り運んでもらえます。

しかし、逆に単身パックなど荷物がごく少ない。ということを前提にしているプランの場合は、そもそも自転車を入れるスペースを考えられていない、なんてこともあるようです。一人暮らしからの引っ越しの場合、少し気を付けていたほうがいいかもしれません。

自転車を発送する方が安い?安く自転車を発送するならどの業者がいい?

ここまでは引っ越しの業者に、そのまま運んでもらう場合を見てきました。しかし、やはり少しでも費用を安く抑えたい。と考えるものですよね。ならば、自転車だけを発送するという手は使えるのでしょうか?

目安として挙げられる業者を下記で紹介していきます。また、数字は大阪から東京まで運んだものとしています。

  1. クロネコヤマト:350cmまで 19,170円
  2. 西濃運輸:シンプル輸行箱(150×34×79)まで2700円(箱代)+4530(運賃)
  3. 佐川急便:260cmまで5994円(50K以上の場合、重量により料金が加算されます)

このようになるようですね。

料金だけを見れば、佐川急便が一番お得に感じますが、サイズが小さめなのがネックだといえるでしょうか。インチの大きな自転車になると、クロネコヤマトさんに頼むのが無難なようにも感じます。

自転車を処分するならどうやって処分すればいい?自転車を引越し先に持っていくなら処分して引越し先で購入したほうがいい?

ここまであくまでも自転車を持っていく。という前提で紹介してきましたが、あまりにも運賃がかかるようならば、処分して新たに買いなおしたほうがいいような気もしていきますよね。では処分したほうがいい場合や、自転車の処分の仕方など見ていきましょう。

処分する際の基準

運ぼうとしている自転車がまだ新品、もしくはロードバイクなど移動手段ではなく「趣味」としてのものだというならば、処分するのはおすすめしません。

しかし逆に、もうずいぶん乗ってきた自転車、もしくはお子さんの自転車で少し小さくなってきている。こんな場合はいっそ処分して、身軽に引っ越しを進めるほうがおすすめになります。

高い運賃を払ってまでもっていくべきものか、持って行ったところですぐに新しい自転車の購入を考えなければいけなくなってしまう。これらが考えられるようならば、処分したほうがお得といえるでしょう。

処分の仕方は

処分しようと考えた場合、方法はおよそリサイクルショップに売る。または自治体にごみとして出す。の2通りが考えられます。古くなっているけれどまだ十分に乗れる、丁寧に乗っていたからまだきれい。こんな場合はリサイクルショップに売ってみましょう。費用の掛かる引っ越しなので、ちょっとした臨時収入になればうれしいですね。

また、自治体にごみとして出す場合は、その自治体ごとにルールがあるのでそちらに従いましょう。大きなものなのでいくらか料金が必要になりますが、運賃のことを考えれば微々たるもので済みますよ。

ロードバイクや高級な自転車を運んでほしい時に気を付けるべき注意点とは?

ロードバイクやクロスバイクなど、趣味としての側面が強い自転車は、やはり高級な自転車ともいえるので、丁寧に運んでもらいたいと考えると感じます。事前に気を付けることなど、見ていきましょう。

見積時に自転車の扱いを聞いておく

業者に運んでもらうと決めたのなら、その業者が自転車をどのように扱うのか。というところを見積時から聞いておきましょう。もちろん相手はプロなので、荷物の破損がないように気を付けてくれますが、大切に扱うにも順位があります。

高そうな骨とう品などは気を使っても、自転車は「所詮移動手段のものでしょ」という考え方の方がいないとは言い切れません。どのようにトラックに積むのか、運び方はどのようにするのか、「自転車の種類は何ですか?」ときいてくれるかどうか、など気にしてみてください。

分解はしてもしなくてもOK

とくにロードバイクなどは分解して自分で持って電車に乗る。なんて方も多いので、業者さんに運んでもらう際には、分解したほうがいいのかな…。なんて気になりますよね。ここは基本的にどちらでも大丈夫。

トラックのスペースや、自身のこだわりで決めましょう。スペースが十分にあるのならば無理に分解する必要はありません。買ったばかりだから間違っても傷をつけたくない、トラックのスペースが結構余裕がない。こんな場合に分解して丁寧に梱包すればいいのではないでしょうか。

引っ越し当日の作業員さんをよく見る

引っ越しの荷物を積む。というとき、実は自転車は最後のほうに乗せられるようになります。理由は自転車をはじめに積むと、デッドスペースが多くなってしまうから。段ボールや家具など、ある程度、箱形になっているものと違い、自転車はあちこちが突出したり引っ込んでいたりしますよね。

その分きっちりとパズルのようにはめ込むことができないので、どうしても後回しにされてしまうんです。この最後に積まれているとき、隙間に無理やり入れられないように、気を付けてみていましょう。

作業員さんからすれば、荷物を一つも残さずに積み込むことが第一です。そしてどの程度の力をかけても大丈夫なのかなど、個人の自転車の強度まではわかりません。できれば大事な自転車をどこに積むかは、自分で指示できるようにしておきましょう。

自転車を持っていくときに予め確認しておくべきポイント

では最後に、引っ越しの際に自転車も持っていくのなら、気にしておくべきポイントを見ていきましょう。引っ越し先でも確認しておくこと、引っ越し前にしたほうが便利なこともあるので、しっかり覚えておいてくださいね。

自転車の防犯登録

ほかの荷物のように、ただ持っていけばいい。というわけにはいかないのが自転車。後輪のカバーにつけられている防犯登録の変更をきちんとしておきましょう。めちゃくちゃ面倒くさいので、後回しにするとやる気がなくなってしまいますよ。

必要な書類等は

  • 自転車防犯登録カード
  • 身分証明書
  • 変更料金(高くても1000円内でおつりが返ってきます)
  • 変更する自転車本体

引っ越し先が同県の同市内、電話番号も変わらないなんて場合は変更の必要はありません。

しかし県外、市外に行く場合は新居が決まった時点で変更しておきましょう。なぜ引っ越す前がいいのかといえば、防犯登録の変更は、まず登録の解除をした後、新たな住所で再登録をしなければいけないから。

自転車の防犯登録は、一元管理をされている組織ではありません。場所や地域によって、警察でもできることが違うのです。解除から再登録まですべてできる、というところから再登録だけしかできないから、まずほかの所で解除してもらってきて。なんていわれてしまうことも。

なのでまずは引っ越す前に防犯登録の解除。そして引っ越した先で再登録とスムーズにできるよう、引っ越し前から準備をしておきましょう。

引っ越し先の駐輪場の確保

物件を選ぶ時から気にされている方がほとんどだとは感じますが、駐輪場がきちんとあるのか、どの程度の規模なのか。などもしっかりと確認しておきましょう。まれに駐輪場でも有料の場合があるので、うっかりしていたなんてことが無いようにしておきましょう。

業者に運んでもらう場合は最初に扱いを聞いておく

自転車を大事に使っている方の場合、特に見積もりを頼んだ時点から、自転車の扱い方を心得ている業者なのか。というところも気にしてみておきましょう。

自転車はしっかりと梱包することが難しい分、運搬中に塗装が欠けてしまうなどといったトラブルが起きやすい荷物でもあります。分解して梱包する、分解はできなくても毛布などでくるむなど、扱いの差で業者を決めるのもアリですね。

運搬の仕方によって料金は変わる

何度か書いてきましたが、引っ越しのトラックにそのまま自転車を載せるのならば、別途料金はかかりません。ただし、業者のトラックではなく宅配サービスを使う、引っ越しのパックが単身用。このような場合は一概には言えないので、都度業者に確認するようにしてみましょう。

まとめ

今回は引っ越しの際にちょっと困る、自転車のことに関してご紹介してきました。

まず引っ越しの際に自転車も運んでもらうことは可能なのか?

そして運んでもらえない状況
・見積時に言い忘れ
・単身パックで積む余裕がない

次に発送するのなら最安値は佐川急便

持って行かずに処分をする際の
・処分の基準
・処分の仕方

ロードバイクなど高級な自転車を運んでもらう場合
・見積時に自転車の扱いを聞く
・分解はしてもしなくてもOK
・引っ越し当日の作業員さんをしっかり見る

自転車を持っていくときのポイント
・防犯登録の変更を忘れずに
・引っ越し先の駐輪場の確保
・業者に運んでもらう場合はきちんと初めに扱いを聞く
・運搬の仕方によって料金は変わること

となりました。

便利な移動手段であったり、楽しいスポーツの相棒であったり、人によって自転車といっても思い入れは全く異なってくると感じます。大きな荷物である分、いざ引っ越し先にもっていこうと考えたなら、なかなか難しいこともありますよね。

その自転車にどれだけ需要があるのか、思い入れなどで持って行き方や、処分の方法を決めるのが最善だと感じます。ちなみに同じ県内ならば、自分で乗って持って行くというのが一番安上がりだったりもします。

体力に自信があるのなら、サイクリングがてらこちらの方法も検討してみてくださいね。