大型の家電や家具を運ばなければならないので、引っ越しの際には引っ越しの業者を使おう。

と考える方も多いと感じます。

しかし、この引っ越し業者、何を基準にどんな業者と契約しますか?

実は引っ越し業界の中にも「悪徳業者」は存在します。

今回は、ただでさえ大変な引っ越しで、「騙された!」なんてことにならないよう、悪徳業者の見分け方や、安心できる業者の選び方をご紹介していきます。

引越し詐欺をする悪徳業者に要注意!どんな手法でだましてくる?

普段あまり接点のない引っ越し業者。悪徳業者に気を付けようといわれても、どんな方法でだまされるのか?

というところから、わからなかったりしますよね。

どのような手法があるのか、ここから詳しく見ていきましょう。

無料サービスが無料じゃない

引っ越しの荷造りに使われるダンボール。

これを引っ越し業者からもらえることができれば、とっても便利ですよね。

引っ越しの見積もりを取っている際に、「サービスなので」ダンボールを無料で置いて行ってくれることがあります。

しかし、このダンボールを受け取ってはいけません。

複数の引っ越し業者に見積もり依頼をして、他の業者と契約したと断りを入れると、段ボール分の料金を請求されることがあります

無料になるのは、その業者と契約したときのみになるというカラクリですね。

割引率がおかしい

30%オフ!

今なら4割引き!

なんて書かれていれば、安い!

と飛びついてしまいそうです。

しかし、見積もり時に割引率だけを見て業者と契約するのはおすすめできません。

どれだけ高い割引率を誇っても、もともとの価格が高ければどれだけ割引率が良くても高いまま

そもそも割り引かれた後の価格でも、ほかの業者と比べれば高かったりすることもあります。

割引率を重視するのではなく、出された金額によって判断してください。

これをされたら怪しい!悪徳業者を見分ける特徴について

では実際に、悪徳業者を見分けるにはどうすればいいのでしょうか?

基本的に引っ越し業界は横のつながりが強く、自浄作用が強く働いているので、悪徳業者も少なくなってはきています。

しかし、絶対にいないとは言い切れませんよね。

ここからは見分けるための特徴など見ていきましょう。

簡単なことから、業者に連絡を取る前から見分けられるポイントもあるので、しっかり覚えていて下さいね。

ナンバープレートの色でわかる

そんなところでわかるの?

とびっくりしてしまいそうですが、連絡を取る前にある程度の判別ができるポイントとして、使っているトラックの「ナンバープレートの色」というものがあげられます。

一般的には緑、もしくは黒のナンバープレートが引っ越し業者が使うもの。

緑色のナンバープレートは一般貨物自動車運送事業者用、そして黒色のナンバープレートは貨物軽自動車運送業事業者用のものになります。

専用の許可を持ったトラックだという証明になるので、悪徳業者である可能性が低くなるのです。

見積もり時に料金がかかる

引っ越し業者は国土交通省からの認可制の職業。

契約に関する禁止事項なども明確にされていますが、その禁止事項の中に「見積もりは無料であること」という一文があります。

なので、引っ越しの見積もり時に料金がかかるといわれれば、それだけで悪徳業者と判断することができるのです。

また、料金関係で言えば、「手付金」「仮契約の内金」というものを請求された場合も、あまりおすすめできません。

手付金などは明確に禁止されているわけではありませんし、引っ越し業者からすれば自衛の意味もあります。

しかし、業界全体で手付金を取っているところは少数派とになります

余分に、または事前に料金がいるといわれた場合は、その業者は避けておいてくださいね。

強引に契約を迫られる

営業に力を入れる、というのはどんな会社でもすることですが、あまりにも強引に契約を迫られるようなら断固として断ってください。

契約ありきの営業をされた場合、委縮してしまい聞かなければいけなこと、確認しなければいけないことを疎かにしがちです。

後から保証が受けられない、オプションサービスのせいで料金が跳ね上がっているなど、いらぬトラブルを呼び込んでしまう恐れがあります。

もし被害を受けたら、被害にあいそうになったら、消費者センターに通報しよう!

どれだけ気を付けていたつもりでも、知らない間に相手のやり方にはまってしまった。

なんて場合もあります。

もしも被害を受けたなら、まずは業者のクレーム担当窓口に問い合わせをしてみてください。

この窓口だけで何んとなかる場合もありますが、悪徳業者の場合窓口自体がないなんてことも。

こうなったら「消費者センター」に通報するのが一番です。

自身の損を取り返すとともに、次の被害者が出てしまうことを防ぐことにもつながりますね。

また、この際に契約書などの書類もきちんと保管しておくことが大事になります。

言った言わない、などの不毛なやり取りを少なくすることができます。

消費者センターって何?どこに連絡すればいいの?

もしも被害にあったら消費者センターに、と紹介しましたが、実際問題として普段かかわりがない分、消費者センターって何なのか?

と頭にはてなが浮かぶ方も多いと感じます。

でも大丈夫、簡単に言えば消費生活全般に関する困ったことや被害にあったことなどを、専門の方に相談できる窓口です。

「こんな被害にあったけど、泣き寝入りをするしかないのでしょうか?」

「絶対おかしいからお金を取り戻してほしい!」

など、起きたことをそのまま伝えれば、相談員さんが解決策や対処法などを提示してくれます。

あまり気負わず、おかしいな、と感じたら相談してみましょう。

全国に支部があるので、まずはホットラインで自身の住まいの近くの消費者生活センターの詳細を聞いてくださいね。

・消費者ホットライン「188」

局番なしなので3桁の数字だけになります。

悪徳業者に出会わず安心できる業者を探す方法

そもそも悪徳業者に出会わないで業者を探したい、と考えてしまいますよね。

この方法は何かあるのでしょうか?

まず、一括見積もりサイトを使う際は、まだ料金はかかりません。

なので、なるべく大手のサイトを選ぶようにしてください。

そして一括見積もりサイトの掲載基準や、サイト自体の口コミなども確認。

それでも完全に排除できるとは限りませんが、可能性を下げることはできます。

どうしても怖いという場合は、親、友人など近しい人におすすめの業者を教えてもらうのも一つの手

注意深く観察して悪徳業者に出会わないよう、注意してくださいね。

また、私の場合、業者を最終的に選ぶのはフィーリングです。

実際の事務所などに行けるようならば、近くを通って雰囲気を確認しておくのがおすすめです。

雰囲気がよさそうだったり、作業員さん同士が仲のよさそうな事務所の場合、荷物を丁寧に扱ってくれたり、作業がスピーディーだったところが多かったですよ。

まとめ

今回は悪徳業者の引越詐欺に騙されないためにできること、また、安心できる業者の探し方などご紹介してきました。

まず悪徳業者の手法
・無料サービスが無料じゃない
・割引率がおかしい

そして悪徳業者の特徴
・ナンバープレートからもわかる
・見積時に料金がかかる
・あまりにも強引に契約を取ろうとする

もし被害を受けてしまった場合
・クレーム窓口に相談
・窓口自体がないなら消費者センターへ

消費者センターとは?では
・消費生活全般で起こった問題の相談ができる窓口
・まずはホットライン「188」へ連絡!

悪徳業者に出会わず安心できる業者を探すには
・一括見積もりサイトは大手を選ぶ
・知り合いに紹介してもらうのもおすすめ

上記のようになりました。

引越というものは普段そこまで接点があるものではないだけに、どこまでが常識で、どこからが詐欺なのかの線引きが難しいと思います。

しかし、知らないからとむざむざ騙されることはありません。

事前に知識を仕入れることによって、詐欺は未然に防げます。

また、少しでもおかしいなと感じたら、自分だけで判断することもやめてください

訪問見積もりなど一人だけでは不安だと感じるのなら、家族や友人に立ち会ってもらうのも一つの手です。

詐欺を働く方が悪いという気持ちになりますが、もしも引っ越し業種の認可を受けていない業者を使えば、使った方も罪に問われる可能性があります。

事前にしっかりと準備をして、騙されないように気を付けてくださいね。