引っ越しをする際に一番の楽しみといえば、新たな物件探しではないでしょうか。何も置かれていないまっさらな部屋を見ると、どこに何を置こうかとワクワクするものですよね。しかし、新居に入る前に気を付けなければいけないことが一つ

それはゴキブリ対策!字で見るだけでも嫌な気持ちになる人も多いであろう、この害虫。新居に発生させないためのあれこれを見ていきましょう。

引越し先でゴキブリがでないように根絶やしにする方法

きれい好きだから新居もきれいに使うよ。とどれだけ考えていても、入居する前からゴキブリがいては話になりませんよね。まずは入居する前にできることを見ていきましょう。

バルサンを焚く

ゴキブリ駆除といえば「バルサン」なんて考える方も多いですよね。新居に何も荷物が入っていない引っ越し前ならば、食器やファブリックに気を使うことなく、存分にバルサンの効き目を実感することができますよ。

この際に気を付けることとして、部屋内をしっかりと密封することが必要になります。窓や扉だけではなく換気扇やエアコンの取り付け口、排水口などもしっかりと閉じておきましょう。

次に火災報知機も反応してしまわないように、ナイロン袋とガムテープなどを使ってふさいでおきましょう。もしも反応してしまったら引っ越す前から近所迷惑になってしまいます。

また、実はゴキブリって夜行性なんです。そして部屋の中に巣を作っている場合と、外から侵入してくるゴキブリに分かれます。なのでできるなら活動期である夜にバルサンを焚いてみましょう。

ホウ酸団子など毒餌を使う

古い中古物件でバルサンを焚くと、近所に迷惑になりそう…。なんて場合もありますよね。こんな時はホウ酸団子やブラックキャップなど、毒餌を撒いておくのがおすすめです。手軽にできますし、強力なものを使えば、食べたゴキブリだけではなく巣ごと全滅させてくれる効果が期待できます。

この時も排水口や換気扇などはふさいでおきましょう。また、毒餌だけで全滅させようと考えると、少し時間をかけたほうが確実です。引っ越す前の1週間前には毒餌をセットしておきましょう。

隙間は殺虫剤を吹く

一体型ではなく設置型のシンクなどの場合、壁との間に隙間があったりしますよね。このような細い隙間にはバルサンがうまく行き届いていない場合があります。なので長いノズル付きの殺虫剤をスプレーしておきましょう。

ちょっとしたひと手間でゴキブリの駆除率が上がりますよ。

穴はふさぐ

バルサンを焚いたり毒餌を撒き終えたら、引っ越すまでの間新居の穴という穴をふさいでおきましょう。上記でも軽く触れましたが、ゴキブリは以外にも部屋の外からやってくることが多いのです。

バルサンや毒餌で家内にいたゴキブリの駆除を終えても、新たなゴキブリが入ってきては鼬ごっこになってしまいますよね。入ってこないように水を流す前の排水口、エアコンの取り付け口、シンク下の排水管回りなど蓋や網を貼るなどしてふさいでしまいましょう。

ゴキブリが発生しやすい物件の特徴

ここまでゴキブリの駆除方法など紹介してきましたが、私自身は大人になって一人暮らしをするまで、ゴキブリというものを見たことがありませんでした。ゴキブリにも好みの生息環境があるようです。発生しやすい物件の特徴など見ていきましょう。

木造アパート

比較的に賃貸料金がお安く、新居の物件として候補に挙げている方も老いであろう木造アパート。悲しいことにゴキブリが発生しやすい物件の一つだといえます。

とくに築年数が古いものだと、ゴキブリの発生率はどんどん上昇してしまいます、木造であるがゆえに、どうしても湿気を含みやすく、また壁内に空洞ができやすいのが原因になります。

階下に飲食店、コンビニなどが入っている

どれだけ住人が気を付けていても、近くにゴキブリの発生源があれば鼬ごっこになってしまう。ということですね。飲食店など衛生面にどれだけ気を付けても、ゴキブリはなぜかわいてくるもの。

飲食店だけではなく、コンビニなど1階に店舗が入っている物件は避けたほうがいいようですね。

ゴミ捨て場がアパートの近くにある

ゴミ出しが簡単になるので、便利だと考えがちなゴミ捨て場。特にケージ型になっていて、アパート、マンションの住人ならばいつでも捨てられるようになっている物件は、ゴキブリに悩まされやすいようです。

やはり、どうしても匂いが出るのですが、ゴキブリにとってゴミのにおいはごちそうのにおいです。おいしそうなにおいにつられて近寄ってきてしまうのですね。

逆にゴキブリが発生しにくい物件の特徴

では反対にゴキブリが発生しにくい物件とは、どのような物件になるのでしょうか?発生しにくい物件にあらかじめ住むことができれば、より快適に過ごせそうですよね。

公園や畑などが近くにない

ゴキブリと緑…なんだかミスマッチな感じもしますが、ゴキブリは畑や公園にも生息しています。物件のほうに引っ越してこられないように、近くには公園がないほうが望ましいです。

すべての窓に網戸がある

ゴキブリ以外にも虫全般が入ってこないようにできる網戸。これがすべての窓についているようなら、ゴキブリに悩まされる確率が下がってきます。単純に侵入経路をつぶせるということですね。

網戸を使って窓を開ける際には、なるべく右側に網戸を設置し、右側の窓を開けるようにしましょう。隙間を作ることなく網戸を使えるので、虫の侵入を防げます。

ドアポストがついていない

これも網戸と同じように進入経路を少なくすることができる。という理由です。このドアポスト、たまにチラシがたくさん詰められていて、蓋がぽっかり空いている…、なんて状況になっていることもありますよね。

この場合、ゴキブリだけではなく別の虫も侵入してくる恐れがあります。なるべくならばドアポストのついていない物件を選びましょう。

4階以上の高層階

高層階になればなるほど、ゴキブリが出ない。というのは割と有名な話なので、ご存知の方も多いかもしれませんね。これはなぜ出にくいのかといえば、あらかじめ部屋に発生している、という場合以外ゴキブリは壁や排水管を伝って上の階に上ってきます

なので、高層階になればその分距離ができるので、安全だということですね。ただ、高層階ならば絶対にゴキブリがいない。というわけではないので安心しすぎるのもおすすめできません。

住んでる間もゴキブリが一切でてこないようにするための予防策

ゴキブリの出にくい物件を選び、引っ越し前にバルサンも焚いた。では、これから住んでいく中で、ゴキブリを発生させないために必要なことを見ていきましょう。日常のちょっとしたことからできるので、今日からでもできるかもしれませんよ。

水気は残さない!

ゴキブリはお水や湿気が大好きです。特にシンク周りやお風呂回りなど、毎日お水を使う場所は、眠る前にはきれいに乾拭きする習慣をつけてしまいましょう。カビ対策にもなりますし、一石二鳥になりそうですね。

また、お風呂を乾拭きするというのも厳しいので、換気扇を回しっぱなしにするのもおすすめです。そして台所周りといえば生ごみが出る場所。これも、一日の終わりには処分してそのままにしないようにしましょう。

とくにゴキブリは玉ねぎのにおいが大好きなので、玉ねぎを使った日は念入りに掃除をしておくほうがよさそうですね。

床に物を置かない

ついつい読み終わった雑誌など、床にぽいっと置いてしまうものですよね。しかし、こういった床に物を置くスペースが増えていくと、ゴキブリにとって絶好の隠れ家になってしまうのです。

また、掃除自体もやりにくくなってしまいますよね。なるべく床にはじかに物を置かないようにしましょう。

ミント系のハーブを使う

ゴキブリはミント系のハーブ、または柑橘系のアロマが苦手だといわれています。ミント系のアロマなどを部屋で焚いて楽しみながらゴキブリ撃退ができるというのは、便利なことではないでしょうか。

また、ミント系のハーブはカメムシにも効果があるといわれているので、積極的に使ってみてもいいですね。ただ、ミント自体を育てるのならば、小さな植木鉢に植えるなど限定的な場所にしておきましょう。

ミントはとても繁殖力が強く、庭などの一角に植えると、庭全体がハーブ畑になりかねません。

毒餌を埋められない隙間の近くに置く

基本的にふさぐことができる隙間は埋めてしまいましょう。しかしふさぐことができない隙間もありますよね。そういった場所にはゴキブリキャップなど毒餌を置いておくのがおすすめ。進入してきたゴキブリを、速やかに退治することができます。

ただ注意点として、期限が切れた毒餌はきちんと処分しましょう。期限が切れれば毒性も薄まります。逆にゴキブリの餌になってしまい、餌付けをしていることになってしまいます

ゴキブリの侵入経路はどこから?侵入経路でやるべき対策

ゴキブリは外から侵入してくることもある。と紹介してきました。ではその侵入経路とは詳しくはどのような場所が考えられるのでしょうか?対策をするためにも、主な侵入経路を見ていきましょう

ドアポスト

何度か上記でも紹介してきましたが、ドアポストはゴキブリ以外にも、実に多くの虫の侵入経路になっています。通ることが容易な隙間であることが大きな理由になりますね。

できることならば、最初からドアポストのついていない物件が望ましいですが、すでにある場合は、チラシをためない対策が基本であり有効になります。

換気扇など通風孔

こちらも常時空いている場所になるので、ゴキブリからすれば玄関のようなものですね。しかしふさいでしまうわけにもいかないしどうすれば…、なんて感じますが大丈夫。換気扇用のフィルターを張ることで、ゴキブリの侵入を防ぐことができます。

また、同時に換気扇自体もきれいに使うことができるようになりますね。

エアコン

ゴキ風味の風を浴びるなんて想像もしたくありませんが、使われていなかった間に排水ホースや室外機、ホースを通すための穴などから侵入してきます。対策としては室外機にはカバーを付ける、排水ホースの先端の処理、穴はパテなどで埋めましょう。

お風呂の排水口

ゴキブリの侵入経路。そんなところからも入ってくるのか!とびっくりするような場所ですね。簡単な対策としては、髪の毛をまとめてとれるフィルターネットでも対策になりますよ。

根本的に対策したいと考えるのなら、排水口のパイプをS字パイプに変えるのが有効的。絶対にゴキブリに遭遇したくない!という方は大家さんに相談してみるのも手ですね。

まとめ

今回は少し趣向を変えて、引っ越し先でゴキブリに遭遇しないためにできることをご紹介してきました。

まず引っ越し前にできること
・バルサンを焚く
・毒餌を撒く
・隙間は殺虫剤を吹く
・穴はふさぐ

そしてゴキブリが発生しやすい物件の特徴
・木造アパート
・1階に飲食店が入っている
・ゴミ捨て場がアパートの近くにある

逆にゴキブリが発生しにくい物件とは
・公園や畑が近くにない
・すべての窓に網戸がある
・ドアポストがついていない
・4階以上の高層階

ここからは住んでいる間の予防策として
・水気は残さない
・床にじかに物を置かない
・ミント系のハーブを使う
・埋められない穴の周りには毒餌を

最後にゴキブリの侵入経路と対策
・ドアポストにはチラシをためない
・換気扇など通風孔にはフィルターを
・エアコンにも気を付けて
・お風呂の排水口、究極的にはパイプ交換

となっていました。
老若男女を問わず、多くの方が苦手だというゴキブリ。私も初めてじかに見たときは、なぜか最初から怖いと感じたものです。なんであんなに怖いのかはわかりませんが、自宅なのにびくびくしながら過ごすなんて御免ですよね。

できることから対策をして、ゴキブリの出ない快適なわが家を手に入れましょう。普段からすこし気を付けるだけで改善されることも多いので、参考にしてみてくださいね。

ちなみに出会ってしまった時、つぶしてしまうのはおすすめできません。後片付けの問題のほかにも、ゴキブリの体液にはフェロモンが含まれているので、ほかのゴキブリを寄せ付けかねません。

できるだけ殺虫剤などを利用して対処しましょう。何もないときは台所洗剤が予想以上の仕事をしてくれますよ。