引っ越しに際して、どのように運べばいいのか…。

と悩んでしまう1位のものではないでしょうか?

皆が皆持っているものではないからこそ、運び方にもどのような選択肢があるのか、と困ってしまいます。

今回はグランドピアノの引っ越しを見ていきましょう。

具体的な引越し費用を今すぐ知る方法

一番安い引越し業者をSUUMOが選んでくれる!
  • 電話番号を入力しなくていい!!
  • だから迷惑電話の心配なし
  • さらに金額がその場ですぐわかる
  • 最大30社を一括見積もりできる
  • SUUMO限定特典がうれしい

SUUMOで引越し費用を調べる4つの手順
  • 1.公式ページを開く
  • 2.「見積もりスタート」ボタンを押す
  • 3.必要事項を入力する
  • 4.その場ですぐ金額が表示される

グランドピアノを引越しで運ぶ方法と運ぶときの注意点について

まずは実際問題、グランドピアノを引っ越しで運ぼうと考えたとき、どのような運び方があるのでしょうか

また、その運ぶ際に気を付けるべき注意点とは?

ここから詳しく見ていきましょう。

作業員3名で慎重にトラックへ

グランドピアノは解体することができるので、引っ越しをすると聞けば解体をして運ぶのかと考えがちです。

しかし、ピアノはとても繊細な楽器。

少しの振動や、ちょっと押して移動させただけで音色がくるってしまうこともあります。

なので、できることならば解体はしない方がベター

そのままの形で引っ越しを済ませられるよう、力の強い作業員が複数必要になります。

ちなみにグランドピアノは、3人で運ばれるようにあらかじめ設計されています

ピアノを傷つけない持ち方、中の破損を招かないための人数が3人となっているので、人数を3人以上にも以下にもしないよう気を付けてください。

柔らかい毛布などでしっかりと養生を

トラックに積み込んだ後は、搬送中に傷がつかないようロープなどで固定する必要があります。

この固定する際に、ロープによる傷をつけないよう、しっかりと養生をしておいてください。

特に直にロープがかかる場所は、毛布を複数枚使う、毛布だけではなく段ボールなど強度のあるものを追加するなど、考えられる中で一番手厚い梱包が必要になります。

業者を選ぶ際には、ピアノのことを知っているか確認を

大きくて重たい楽器なので、やはり業者に頼まなければ動かせない。

こんなこともありますよね。

業者に頼もうと考えた際に、一番気を付けなくてはならないことが、業者の選び方です。

ただ大きなトラックを持っている、力の強い作業員がいるというだけでは、ピアノの運送には適していません。

そもそもピアノという楽器のことをどれだけ知っているか、というところにも着目しなければいけません。

今までに何度もピアノの運搬もしたことがある業者であったり、業者のほうから「繊細な楽器なので、〇〇のような運び方を考えています」と運び方を提示してくれるところなど。

業者を選ぶ時は慎重に選んでくださいね。

ピアノは引越し業者が持って行ってくれるのか?その時は追加料金など必要か?

さて、引っ越しの際にピアノも運ばなければいけない、ということなので、引っ越し業者が一緒に持って行ってくれるのなら、それが一番楽ちんです。

では引っ越し業者に頼んだ場合、ピアノを適切に扱ってくれるのでしょうか?

そして料金はどうなるのでしょうか?

実は引っ越しの際にピアノを運ぶとなれば、引っ越し業者にそのままお願いする事が、一番楽でおすすめな方法になるのかもしれないのです。

業者のHPなどを見れば書かれているように、ピアノの運搬も引き受けてくれる業者の場合、ピアノに関する専門的な知識を持ったスタッフが常駐していることがほとんどです。

運搬する際に、どのようなところに気を付けなければいけないのか、をしっかりとわかっているだけではなく、調率などのアフターサービスが受けられることも。

引っ越しという大掛かりな移動になれば、どうしても音色に狂いが出るもの。

いうまでもなくアフターサービスが、プランの中に入っているような業者ならば、より安全にピアノの引っ越しを済ませることができますよ。

ちなみにかかる費用は、およそ2~3万円ほど。

ただし、引っ越しの料金内に含まれるので、交渉によってはいくらか下げることもできます。

最初の見積もり段階で、引っ越し費用の交渉をするように、ピアノの運搬費用も交渉してみることをおすすめします。

ピアノを運ぶ専門の業者がある?いくらかかる?

では、ここからはピアノを運ぶ専門の業者はいるのか?

というところを見ていきましょう。

これ、ピアノを自宅に持っている方なら、専門の業者がいるということをよく知っておられますよね。

実際にピアノを購入した際に、自宅まで運んでくれるのが専門の業者だったりします。

引っ越しの際にも、依頼をすればピアノの運送を賄ってくれます。

この場合の費用は基本的に2~3万円。

引っ越し業者とさほど変わらない費用で運んでもらうことができます。

また、専門の業者であるだけに、扱い方はさすがの一言。

古いピアノで、思い入れがたくさんあるから、万が一のこともないように、大切に運んでほしい。

と考えるのならば、専門の業者がおすすめになります。

引っ越し先の部屋にピアノが入らないかも…そんな時どうする?

しっかりと養生もしてもらって、きれいに運んでもらったのに、扉が小さくてピアノが入らない!

こんな場合、ここまで来て…!

と残念な気持ちになってしまいますが、入らないものは仕方がありません。

基本的には、他の大型の家具などと同じように、大きく開く窓などからの搬入になります

2階以上の部屋の場合、クレーンを使うこともあるので、別途費用が掛かるということは覚悟しておかないといけませんね。

また、あと少しで入りそう…。

くらいの場合はピアノを解体して搬入する場合もあります

費用や労力を比べて、自身にとって最適なやり方をチョイスしてください。

まとめ

今回はグランドピアノの運び方、引っ越し業者?

専門業者?

どちらに任せればどれだけの費用が掛かってくるのか、と言ったところをご紹介してきました。

まずは、グランドピアノの運び方と注意点では
・大人3人で慎重にトラックへ
・固定するロープで傷つかないよう、しっかりと養生を
・業者選びは慎重に

そして引っ越し業者はピアノを運んでくれるのか?では
・運んでくれる
・実は一番おすすめになるかも
・基本的な費用は2~3万円、交渉次第で安価に済ませることも

専門業者はあるの?では
・ある
・扱いに慎重さが必要な古いピアノなどは専門業者のほうがおすすめ

ピアノが扉から入らなかった場合
・一口以外の大きな窓から
・クレーンなどを使う
・解体して搬入する場合も

以上になりました。

重たく大きなグランドピアノ。

高価な楽器であると同時に、多くの思い出が詰まっているものでもあったりするので、運搬はとても大変な楽器だということができます。

しかし、同じく大切な楽器だからこそ、置いていくなんてわけにはいきません。

引っ越しに際して大変な楽器だというイメージが強いピアノですが、大変であるからこそ専門の業者がいたり、引っ越し業者もノウハウを学んでいます。

あまり難しく考えず、業者の腕を信じてみるのも、一つの手立てなのかもしれません。