引っ越しが決まったのなら、早めに荷造りをしておきたいものですよね。荷物の中でも直前まで梱包できないものもありますが、小説や漫画、雑誌など「本」は比較的早くから梱包できるもの。

この本の荷造りの仕方はどのようにすればいいのでしょうか?人によっては本そのものをとても大事にしている方もいますよね。そんな大事な本の正しい入れ方手順、注意点などご紹介していきます。

小説やマンガなどの本をダンボールに詰めるときの注意点

ではまずほんの荷造りと聞いて一番に思いつく、ダンボールにつめていく時の注意点を見ていきましょう。あわせて一般的に引っ越しの際に適した本の扱い方など、ここから解説していきます。

いらない本は思い切って処分する

愛書家の方は「いらない本なんて無い!」と叫んでしまいそうですね。事実私も引っ越しをする際に親から少なくしろと言われて、泣く泣く処分しましたが後ろ髪を惹かれるようでした。しかし引っ越しは大仕事です。少しでも荷物が少ないほうが、楽になるのはわかりきったことではないでしょうか。

また、本というものは愛着があるもの、一度読んだだけで、もうずいぶん読んでいないものと分かれることと感じます。愛着が少ないものから少しでも処分するようにしましょう。引っ越しがすんでからまた購入することもできますね。

詰めるダンボールは小さめのものをチョイス

普段本棚に入っているので、本の重さって余り気にしませんよね。しかし、紙の集まりである本はまとめると結構な重さになります。何冊もあるから大きなダンボールで一気に運ぼう。こんなことを考えて詰めてはいけません。

持ち上げるどころか引きずることもできなくなってしまいます。また、そこまで重くなくても大き目のダンボールに梱包した場合、持ち運んでいる際に底が抜けやすくなるというデメリットも。本を梱包するダンボールは小さ目のものをチョイスするようにしてくださいね。また、ダンボールの底を閉じるときは、ガムテープを縦横に張って補強しましょう。

ダンボールに入れる際は本だけを詰めない

ダンボールのサイズと本のサイズがぴったり。こんな場合はそのままつめていけばOK 。重たくはなりますが、中で本が動かないので安定して持ち運ぶことができます。問題はダンボールと本のサイズが合わなかった場合。

中身が動くダンボールは持ち運びが難しく、下手をすれば本自体を傷めてしまうことにも。こんな時は本を詰められるだけ詰めたら、柔らかなファブリック類などを一緒に詰めましょう。本を固定することができる上に、他のものも梱包することができるので、便利ですね。ダンボール一つに対して、重さを軽くすることもできますよ。

ダンボールに詰める際にはなるべく寝かせて

ダンボールに詰めようと考えると、どのように入れれば一番うまく入るだろうか?なんて考えますよね。本のことを考えるのならば、多少スペースが空くとしてもなるべく寝かせて詰めましょう

立てかけて詰めると、埋めようの無い隙間が生まれてしまい、ダンボールの中で本が泳ぐことになります。また、「本の帯」も大切にとっている場合、帯が破れてしまうことも。反面寝かせて詰めた場合、隙間が大きくなりがちなので、上記で紹介したファブリックを詰めたり、緩衝材を入れやすくなります。

梱包をする時は荷解きのことも考えて

普段から本は分類分けをしてキレイに収めている。こんな方がいる一方、本棚に入らないからその辺に積んでる。こんな方も多いと感じます。ちなみに私はこちらのタイプ。引っ越しは大変な作業ではありますが、整理整頓の良い機会でもあります。

本の梱包をしながらサイズごと、ジャンルごとに分けていきましょう。詰めやすくなるだけではなく、荷解きの際にもラクチンになりますよ。

本は段ボールに入れる?ビニール紐でも大丈夫?

さて、ここまで本を梱包する際の注意点など見てきました。しかし、良く考えてみればダンボールに入れる以外の方法もありますよね。ビニール紐で縛る方法でも大丈夫なのでしょうか?ここから見ていきましょう。

本が少量、自分で運ぶならアリ

そこまで大量にあるわけではない、自分の車の後部座席に入れて運ぶ。こんな場合はビニール紐で縛っても大丈夫。本を傷めないように、本のサイズをあわせてからまとめてくださいね。

本が大量、業者に運んでもらう場合はNG

本が大量にあり運ぶのも一苦労。こんな場合はビニール紐で縛るのはおすすめできません。縛っていくだけでも大変な労力を使う上に、縛ってまとめた本の上に荷物を重ねたりすると、結び目が本に当たり型がついてしまうなど、本を傷めやすくなります。

また、縛ってまとめただけの本はどれだけしっかり縛っても、ダンボールより安定感がありません。荷崩れの原因になることがあるので、そもそも縛っただけの本は業者が受け付けてくれないこともあります。

いらない本を処分するのはもったいない!賢く処分する方法

泣く泣く本を処分する。選別するだけでも時間がかかってしまいそうですが、引っ越しの際に本を少なくするには、どのようなやり方があるのでしょうか。ただでさえ手放すというダメージを受けるので、自分にあった処分の仕方を選びましょう

潔く捨てる

もう、本当に置いた後何度も何度も振り返ってしまいそうですが、いらない本と決めたのなら潔く捨てる。という方法があります。本や雑誌は燃えるごみ、資源ごみとして回収など自治体によって変わってくるので、引っ越し前の自治体の方針に沿って捨てましょう。資源回収業者に持ち込むのも手ですね。

少しでも還元、売る

昨今ではチェーンの古本屋さんも多くありますよね。傷んでいる本などあまり高値はつかないかもしれませんが、それでもただ捨てて処分するよりは心が痛まないのではないでしょうか。

また、少しでも売れる金額を高くしたいと考えるのなら、BOOK OFFなどチェーン店より地元の古本屋さんに持ち込みましょう。反対に値がつかないようなものも引き取って欲しいと考えるのなら、チェーン店に持ち込むのがおすすめです。店側で処分してくれますよ。

データ化して処分する

本は紙でできているからこそ本なんだ!こんな考え方もありますが、本の内容だけでも手元に残しておきたいと考えるのなら、手持ちの本をデータ化するという手も使えます。手持ちの本を業者に送れば、タブレットなどで読めるようデータ化してくれるというサービスがあるんです。

ネット検索をすればいくらかヒットするので、都合のよさそうな業者を選んでデータ化してみるのもいいですね。引っ越しの時だけではなくいつでも好きな時に読めるようにもなりますよ。

まとめ

引っ越しの際の本の梱包について紹介してきました。

まず、注意点として

  • いらない本は処分する
  • ダンボールは小さ目を選ぶ
  • 本だけを詰めない
  • 寝かせて詰める
  • 梱包ついでに整理を

ビニール紐で縛る場合は

  • 少量の本を自分で運ぶならOK
  • 大量の本を業者に運んでもらう場合はNG

また、賢い処分の仕方は

  • 潔く捨てる
  • 古本屋に売る
  • データをして処分

本好きにとって引っ越しとは本当に気が重いもの。あまりの本の量に引っ越し業者も唖然としたなんて話も良く聞きますね。また。本を全部梱包してしまったら、読むものが無くて寂しい。この場合も一箱だけ口を閉じずにおいておけば大丈夫。引っ越し当日にふたを閉めてまた新しい環境にもっていきましょう。

整理していたはずがいつの間にか読みふけっていた。何てこともおきやすい本の整理なので、なるべく早期から整理、梱包を進めていきましょう。