大切な家族でもあるペット。引っ越しに際して一緒に移動をすることになりますが、人間と違って言葉が通じない分、「引っ越し」そのものを理解させるのは難しいですよね。しかし置いていくなど論外になるので、なるべくストレスのかからない方法を模索する必要があります。

ペットの引っ越しはどのような方法があるのか、なるべくストレスを与えないで済む輸送の仕方など、ここからご紹介していきます。

犬や猫ってどうやって運ぶの?

まずどのような選択肢があるのか。ここがわからなければケアのしようもありませんよね。引っ越しに際してどうやって運ぶのか、考えられる手段を見ていきましょう。

自分の車で一緒に移動

もっとも簡単で安心できる方法が、自身の運転する車で運ぶこと。移動途中も都度ペットの状態を確認できるので、緊張していないか、具合が悪くなっていないか、トイレは大丈夫かなど気を付けてあげることができます。

ただ、この方法は自身で運転できる車があること、そして車で移動できる程度の距離の引っ越しにしか使えないということでもあります。あまりにも長距離の運転や、そもそも車がない場合などは使えない手ですね。

公共交通機関を使う

電車や新幹線などでの移動になります。こちらのメリットは長距離での移動でも、比較的に体に負担をかけずに済むということ。もしも公共交通機関を使おうと考えるのなら、ペットは「手回り品扱い」になります。

乗車中は決められたサイズ内のケージに入れて、飼い主さんの膝の上において移動。ここからわかるように、小型犬や猫は大丈夫ですが、大型犬となると新幹線やバスでの移動はNGになります。

周りの乗客に対して迷惑にならないよう、制限はきちんと守りましょう。自分のペットが乗車できるのかわからない場合、JRなどに直接問い合わせてみるのも大切なことです。

ちなみに飛行機や船での移動の場合、ペットは「貨物扱い」となります。一緒に過ごすことはできないので、事前の準備をしっかりとしておく必要がありますね。

また、飛行機に関してはブルドッグ、フレンチブルドッグは気圧の影響を受けやすいということから、飛行機での輸送がNGになっています。別の手を考える必要があるので、うちの子はブルドッグ!なんて方は早めに手を考える必要があります。

専門の業者へお願いする

うちの子は大型犬だし、車に乗せて移動できる自信がない…。こんな場合は無理をせず専門の業者にお願いしましょう。専門の業者であるだけに、ペットのストレスをしっかりと考慮してくれた移動をかなえてくれます。

窮屈なケージに入ることもなく、ペット専用のスペースがあるタクシーなんかもありますよ。ネックは費用が高くなりがちだというところ。

引っ越し業者にお願いする

昨今では引っ越し業者でも、ペットの移動をしてくれるところがいくつか出てきました。ただ、やはりペットに関して特化しているわけではないので、条件が厳しかったり、大型犬になると移動不可というところも多くあります。

猫や小型犬が1匹だけ。こんな場合はキャリーバッグに入れることを前提として、飼い主さんと一緒に移動できるサービスもありますよ。引っ越し業者を選ぶ時から、少し気を付けてみてはいかがでしょうか。

ペットを引越しで運ぶ前に準備しておくべきこと

ここまでは実際に引っ越しの際の移動でどんな手段がるあのかを見てきました。どうしても繊細な子は専門の業者に任せるのがベターのようですね。ではここからは移動の前に飼い主さんができることを見ていきましょう。

ケージでの外出に慣れさせる

まず時間がかかることからしていきましょう。室内飼いの猫はもちろん、散歩で外にはいくけれどケージでの外出経験がほとんどないであろう犬も、ケージでの外出に慣れさせておく必要があります。

いきなりケージに入れられて飼い主さんと離れてしまった、または長時間ケージから出してもらえない。こんなシチュエーションになってしまえば、ペットたちのストレスは考えられないほど大きくなりそうですよね。

そんなことにならないよう、引っ越しの少し前からちょっとしたお出かけなどでケージに入れて運んでおきましょう。ケージに入れられても別に怖いことはないんだと覚えてもらいましょう。

かかりつけの獣医に引っ越しを伝える

引っ越し先は現在の住所からずいぶん離れている。こんな場合は必ずかかりつけの獣医さんに引っ越しのことを伝えておきましょう。相談をしておけば事前にペットの健康状態やストレスへの耐性を見てくれます。

長時間車に乗る場合などは、乗り物酔いに対する酔い止めなども処方してくれますよ。また、引っ越し先での新しい獣医さんを紹介してくれることも。

引っ越し先で落ち着くまではペット関連の小物を洗わない

多くの荷物を運ぶことになるので、ペットが使っていた毛布やおもちゃ、食器類など洗いたくなりますがやめておきましょう。ペットにとって引っ越しはまさしく非日常の出来事です。

自身のにおいがするものが一つもない。なんてただでさえ新しい環境に戸惑っているのに不安でしょうがなくなってしまいます。どうせだからきれいに、なんて気持ちもわかりますがそのままにしておいてあげましょう。

引っ越し当日は食事の制限を

これは単純に嘔吐の可能性を下げるためです。酔い止めを処方してもらっていたとしても、長時間の車の揺れはペットにとって大きなストレスに。なるべく苦しい思いをさせないためにも、引っ越し直前に食事を上げたり、おなか一杯にさせるのはやめましょう

ペットにストレスを与えずに輸送するための注意点

いざこれから引っ越し本番!となった時、ペットにストレスを感じさせないよう、注意することはどのようなものがあるのでしょうか。新しい環境に少しでも早く慣れてもらうためにも、できるだけストレスフリーでいられるように工夫してみましょう。

いつも使っている毛布やおもちゃも一緒に

基本的に引っ越しが始まればペットたちはケージに入れておく必要があります。とくに荷物の搬出中など、多くの人が家の中を動き回ることになるので、パニックを起こして窓やドアから逃げてしまうなんてことが。

これを阻止するためにも、移動するときだけではなく、引っ越しが始まった時からケージの中に入れておきましょう。この時、ケージ内にいつも使っている毛布やおもちゃなど、ペットの匂いがついてるものを一緒に入れてあげましょう。慣れ親しんだ匂いに包まれることで、落ち着きを取り戻しやすくなります。

甘えん坊なペットには飼い主さんの匂いがついたものも

上記でペット自身の匂いがついたものを入れてあげるとよい、と紹介しました。そのうえで、もしもあなたのペットたちが飼い主さんの膝に乗るのが大好き。こんな甘えん坊な性格の場合は、飼い主さんの匂いのついたシャツなども入れてあげましょう。

毛まみれになってしまうので少し躊躇しそうですね。しかし、飼い主さんの匂いに包まることで、ここは危険なところではないと判断させやすくなります。

移動中はできることなら都度声掛けを

そして何よりも、一緒に移動ができるのならば、頻繁に声掛けをして安心させてあげましょう。ケージやキャリーの隙間から、指だけでも差し入れて撫でてあげてもいいですね。

長距離の引っ越しの場合は、たまにペットをケージから出してあげる事も大切です。高速での移動の場合、途中のサービスエリアでドッグランがあったりするので、リフレッシュさせてあげるのもいいですね。

ただ、ケージから出す際には逃げ出さないように十分に注意をする必要があります。また、怖がってせっかく出してあげようとしても、奥に引っ込んで出てこないなんてことも。こんな場合は無理をさせずしっかりとなでて安心させてあげましょう。

引っ越し時にペットホテルを利用するメリット

ここまで引っ越しに際してどのようにペットの移動をすればいいのか、ということに関してご紹介してきました。よりペットたちのストレスを軽減させるために、ペットホテルを利用するという方も多くおられるよう。ここからはペットホテルのメリットなど見ていきましょう。

引っ越し当日の慌ただしさを回避できる

引っ越し当日は、ペットからすれば知らない人が、今まで自分のテリトリーだった場所にずかずかと入り込んでくることになります。特に完全室内飼いの猫の場合、これは大きなストレスに。

ペットホテルを利用することによって、知らない人が大量にやってくる。というストレス源を排除してあげることができますよ。

脱走を防ぐことができる

引っ越し当日は荷物の搬出があるので、人の出入りが激しくなってしまいますよね。この荷物の搬出中に、パニックを起こしてしまったペットが、偶然開いていた窓やドアから脱走してしまうというケースがあります。

事実、引っ越し最中にペットが脱走したという話を、私も聞いたことがあります。その時はすぐに見つけることができたようですが、ペットによっては家からものすごい勢いで離れようとする子もいるのだとか。

引っ越しどころではなくなってしまいそうですよね。ペットの脱走を防ぐという点からも、ペットホテルにあらかじめ預けておくというのは、有効な手段と言えます。

引っ越し自体もスムーズに

ペットのことが心配で引っ越しがなかなか進まない…。こんなことになってしまえば、引っ越しを終わらせるのにとても時間がかかってしまいますよね。もちろん大切な家族の一員でもあるので、ストレスをかけないよう心を配るのはわかります。

しかしペットにばかりかまけていては、いつまでたっても引っ越しが終わりません。そして長引いてしまえば、結果ペットにとっても負担に。

しかしペットホテルに預けておけば、集中して引っ越しを済ませることもできますよ。早く迎えに行ってあげないと!なんて考えればモチベーションがより上がるかもしれませんね。

まとめ

今回はペットを連れての引っ越し、犬や猫たちはどうやって運ぶのかということをご紹介してきました。

まず犬や猫はどうやって運ぶのかといえば
・自分の運転する車で
・公共交通機関を使って
・ペット専門業者を使う
・引っ越し業者に頼む

そして引っ越し前に準備しておくこと
・ケージでの外出に慣れさせる
・かかりつけの獣医に引っ越しを伝える
・ペット関連の小物は洗わない
・引っ越し当日は食事の制限を

肝心な移動中の注意点
・いつも使っている毛布やおもちゃも一緒に
・甘えん坊は飼い主さんの私物も
・できるだけ声掛けを

便利なペットホテルのメリット
・慌ただしさから隔離できる
・脱走防止に
・引っ越し作業もスムーズに

以上となりました。

人間にとっても大変だと感じる引っ越し。言葉が通じないペットたちからすれば「何事が始まったんだ!」といった気持にもなりますよね。きっと感じるストレスは、人間の比ではないのかもしれません。

少しでもストレスを感じることなく、引っ越しを済ませてしまうために、できるだけ工夫を凝らしてみましょう。新居でも、元気に過ごせる日が早く来るといいですね。