結婚、出産などおめでたいことが続いたときに、今までの家では手狭。またはもっと便利がいいところに住みたいと引越しを考えたりしますよね。私も子供の進学などでつい最近また引っ越しをしましたが、毎回困るのが初期費用

どうしてもまとまった金額を用意する必要がありますが、実際問題どのくらい必要になるのでしょうか?家具や引っ越し費用などは何となく抑えられそうですが、物件自体を決める初期の費用も気になりますよね。

引っ越しの初期費用はいくらかかるのか、いつまでに用意しておく必要があるのかなど、ここからご紹介していきます。

引越し費用が今すぐわかる

一番安い引越し業者をSUUMOが選んでくれる!
  • 電話番号は入力しなくていい
  • SUUMOだから安心
  • その場で見積もり額すぐわかる
  • 最大30社の一括見積もり
  • SUUMO限定特典アリ

引越しの初期費用の内訳リストと合計金額の相場

ではまず、引っ越しの初期費用に関して、何にどのくらいかかるのかをざっと見ていきましょう。ここでは例として、大人2人に子供1人の3人家族の場合を見ていきます。

初期費用とは何をさすのか

まず引っ越しの初期費用とは、どのようなものを指すのかを明確にしておきましょう。全く初めての引っ越しの場合、家具なども購入する必要がありますが、これらは抑えようと考えれば比較的抑えやすいものですよね。なので今回は家具、家電等は省きます

敷金、礼金、仲介手数料など、手続き関連の費用をご紹介していきます。

初期費用の内約

今回は3人家族の引っ越しということで、2LDKの家賃の平均値である65,000円として計算していきます。

  • 敷金:65,000円(家賃1ヵ月分)
  • 礼金:65,000円(家賃1ヵ月分)
  • 仲介手数料32,500円(家賃半月分)
  • 保証料:30,000円
  • 火災保険料:35,000円
  • 消毒、クリーニング代金:10,000円
  • 鍵の交換料金:6,000円
  • 前家賃:130,000円(家賃2ヵ月分)
  • 共益費の先払い:6,000円(2ヵ月分)
  • 町内会費:1,000円(2ヵ月分)
  • 引っ越し費用:150,000円(3人家族の引っ越し費用の平均値)
  • 合計:530,500円

ここまでが引っ越しに必要な初期費用になります。家賃の半年分以上ががっつり出ていく。と考えることができますね。

また、ここで紹介した敷金、礼金ですが昨今では敷金礼金は0。お得に賃貸を借りましょう!なんてうたい文句を見たりもしますよね。

敷金礼金は、賃貸からの退去時にもしも大きな傷や汚れがあった際に、現状に回復させるために使われる費用です。

入居するときは必要ないけれど、退去時にクリーニング代が必要になります。なんて先払いではなく後払いになっているだけ…。なんてこともあるので、言葉だけにつられず、しっかりと確認しておきましょう。

これらの初期費用はまとめて支払う必要ある?それぞれの支払うタイミングについて

ではこれら初期費用はまとめて払わなければいけないのでしょうか?なかなかのまとまった金額になるので、お財布が厳しいと感じることもありますよね。支払い方、支払うタイミングなど見ていきましょう。

物件の契約にかかる費用を払うタイミング

敷金礼金など、物件の賃貸契約に関する費用を払うタイミングは、ほぼ契約したその時です。借りる物件を決め、必要事項を書類に記入、各種説明を聞いたときにまとめて払う必要があります。

ただ、まだ契約をするつもりではなく、見積もりとして不動産屋に行ったけれど、いい物件があったので即決した。こんな時には手持ちがなかったりしますよね。こんな場合は後日改めて費用を払いに店舗に訪れることになります。

ただし、契約書類は費用を渡すまで手元に来ることはありません。あくまで契約と同時に費用を払うことになります。

引っ越しにかかる費用を払うタイミング

では引っ越し業者を頼んだ際に、引っ越しにかかる費用を払うタイミングはいつになるのでしょうか?こちらは引っ越しの荷物をトラックに積み込んだ時点、引っ越し先の物件に出発する前に払うことが多いようです。

引っ越しの費用もなかなかまとまった金額になりますが、基本的には現金一括。荷物をトラックに積んだ状態で、もうお金を払ってしまうの?と少し不安になりますが、これは業者側から見れば、荷物だけ預けられて依頼主が逃げてしまわないようにするための防御策なのだそう。お互いに気持ちのいい引越しをするために、業界ではこのタイミングなんだなと考えましょう。

節約しやすい初期費用の内訳はどれ?どの部分を安く抑えればいい?

ここまで引っ越しの初期費用に関してみてきましたが、本当に費用が掛かるものですよね。また、実際にはこの費用の上に、家具、家電分が必要になってくるので、こだわる方など余裕で100万円を超えてしまいます。費用を抑えるためにできることなど見ていきましょう。

敷金・礼金0の物件を探す

上記で敷金・礼金0の物件は、結局後からクリーニング代として払うことになる。と紹介しました。しかし探せば本当に敷金礼金0の物件もあるのです。例えば築年数が高くなっているので、大家さんが敷金礼金を省いてでも店子に入ってほしい。

こう考えている場合などですね。なので敷金礼金0の言葉に飛びつくのではなく、なぜかからないのか。というところをしっかりと確認してお得な物件を探しましょう。

大手不動産屋のキャンペーンを活用

街で買い物をしていたりネットでの買い物をしている際に、〇月〇日から〇月△日まではキャンペーンで30%OFF。なんて見かけますよね。不動産屋でもシーズンによってなにがしかのキャンペーンを開催していることがあります。

このキャンペーンを活用しましょう。物件を探すときに見るサイトなど、何かしていないか細かいところまで見てみることがポイントです。実際私も今回の引っ越しで、キャンペーンを活用して1ヵ月分の家賃を浮かせましたよ。

値下げ交渉をしてみる

大手不動産とは逆に、大家さんとじかに交渉できるよう場合は値下げの交渉をしてみましょう。どうせ下げてもらえない…。なんて考えている方も多いですが、実は案外値引き交渉に応じてもらえることがあります。

ここでのポイントは大家さん側が損にならないように気を付けること。いきなり家賃の値下げ交渉をしたら、これから先大家さんにとっては収入が減ることになりますよね。なので単発の費用である礼金の値下げ交渉がおすすめです。

自分でできるところは自分で

引っ越し費用を浮かせるには、やはり自分でやってしまうことが一番費用を抑えることができます。少し大きめの車をレンタルする。友人、知人に手伝ってもらう、など長距離の引っ越しでなければ自分たちで引っ越してしまうのも手です。

また、さすがに自分たちだけでは無理…。と、業者を頼む場合も、荷物は極力減らしたり、運べるものは自分で運ぶようにしましょう。荷物が少なくなれば、その分引っ越し費用の基本運賃を下げることができます。

初期費用の支払いは現金のみ?クレジットカード払いも可能?

初期費用は基本的にすぐに払うことになるようですね。しかし大きな金額になるだけに、そうそうポンと払ってしまうのは難しい。そんな方もおられると感じます。では引っ越しの初期費用について、クレジットカード払いができるのか?ここから見ていきましょう。

物件契約での初期費用

こちらはクレジットカード払いに対応しているところも多いですね。特に大手の不動産屋になると、逆にクレジットでの支払いを進められたりもします。

なぜなら電力自由化に伴い、新規の電気事業に参入しているところが多くなってきていることが理由に挙げられます。そのまま電気代もクレジットで落としましょう、なんてことができるからですね。もちろん現金でも払えますので、その時の懐事情や自身の都合に合わせて選びましょう。

引っ越し業者への支払い

こちらは基本的に現金手渡しが歓迎されるようです。しかしクレジットカードでの支払いに対応していないわけではありません。特に大手の引っ越し業者はほぼクレジットに対応しているといっても大丈夫だと感じます。

ただ、業者によっては使えるカードに限りがあったりします。クレジットカードでの支払いを望むのなら、業者を選ぶ時から選別の一つの基準にしてみるのもいいですね。

 

 

まとめ

今回は引っ越しの初期費用に関してご紹介してきました。

まずは
・気になる初期費用の内約とリスト

そして初期費用を払うタイミング
・物件契約は契約時に
・引っ越し業者へは荷物を積み込んだ後

初期費用を抑えるためのポイント
・敷金、礼金0の物件を探す
・キャンペーンを活用
・値下げ交渉をする
・自分でできることは自分でする

クレジットカードが使えるか否かでは
・物件賃貸契約、引っ越しともにOK
(ただし使う業者への確認は必要)

 

引っ越し。と言葉だけ聞くとなんだかわくわくするような、ポジティブな面もありますよね。新しい生活、自分だけの家なんて夢が膨らむようです。

しかし、その生活を手に入れるには、煩雑な準備とまとまった費用が必要になってきます。一気に現実に戻されるようですが、ここをクリアしなければ引っ越しは始まりません。しっかりとリサーチをして、新しい生活への準備をしていきましょう。