すべての引っ越し準備を終え、あとはもう明日引っ越し本番の日が来るのを待つだけ。旧居で1日を過ごす最後の日、どのように過ごせばいいのでしょうか?

最後まで気を抜かないためのチェック、おすすめの過ごし方などご紹介していきます。

引越し前日に準備すること

まずは新居へ気持ちよく住み替えるためにも、旧居で最後にできることや確認しておくべきことを見ていきましょう。引っ越しが終わったのに、忘れ物に気づいてまた戻らなきゃ、なんて嫌ですよね。

荷物の梱包の確認

まずは引っ越し当日にもたつくことがないよう、最後に荷物の梱包の確認をしておきましょう。梱包し忘れているものはないか、家電などは梱包の仕方が甘くないか、などもしっかりとチェック。

とくにファンヒーターやストーブなど、灯油を使う暖房器具の場合は灯油を抜いておく必要があります。梱包だけではなく灯油の抜き忘れなどもチェックしておきましょう。

分解できる家具の分解

本棚やチェスト、スチールラックなど分解できるものは分解してしまいましょう。引っ越し当日に分解していると、必要なパーツが荷物に紛れてしまった。紛失してしまった、なんてことにもなりかねません。

引っ越し前日ともなれば、梱包が進み少しは広いスペースができているもの。あちこちに紛れ込んでしまわないよう、分解、まとめて新居ですぐにまた組み立てられるよう準備をしておきます。

冷蔵庫、洗濯機の水抜きを

前日ともなればすでに中身を空っぽにしておくべき冷蔵庫や、引っ越し当日は使えない洗濯機などの水抜きを徹底しておきましょう。運搬中に濡れてしまうのもつらいですが、トラックに積んだ後、荷物に水をまき散らしてもかないません。

冷蔵庫は中身の処分も

引っ越し前日以前から、すでに冷蔵庫の中は空にしている。なんて用意のいい方もおられるかもしれませんが、地味に見落としがちな冷蔵庫の中身もきちんと空にしておきましょう。

とくに忘れがちなのが、チューブのショウガやワサビたち。調味料だからとそのままにせず、きちんと処分、もしくは別個にまとめて持って行きましょう。冷蔵庫の中で躍らせていると、蓋が緩んで冷蔵庫の中がショウガまみれに…なんて事態を招きかねません。

段ボール箱の中身のリスト化

梱包する際に段ボールの数が何個か、ということを把握しておくのも大切ですが、前日に少し時間がとれるようならば、中身もリスト化しておきましょう。どの段ボールに何が入っているのか、ということが開けなくてもわかるので、引っ越しが終わった後に便利です。

普段は掃除できない場所の掃除

荷物を梱包したり、家具の分解などを進めていくと、いつもは隠れていた場所が出てきますよね。今までお世話になった旧居なのですから、きちんと掃除もしておきましょう。とくに水回りや家具の裏など、次の日には荷物を出すので汚れが気になってしまいます。

業者を頼んでいた場合、他人に汚い場所を見られた…、と恥ずかしく感じてしまう方も多いようです。ちょっと払っておく、ちょっと拭いておくだけでも気分が違うかもしれませんね。

当日の手荷物を用意

通帳や印鑑など、自分で持っておくべき貴重品を一つにまとめておきましょう。貴重品はトラックに積むことができませんし、さすがに任せてしまうのは怖いですよね。肌身離さず持てるよう、リュックや斜めがけのポーチなど、手に持たなくてもいいカバンに入れるのがおすすめです。

引っ越し業者との最後の確認

基本的には引っ越しの時間などの確認をとるために、業者のほうから前日までに電話を入れてくれることが多いです。ただ前日になっても業者から電話が来ない、なんて場合は自分から確認のためにも電話をしておきましょう。

業者が何時に来るのか、引っ越し先の住所、荷物の搬出時の確認など、お互いの認識に相違がないかの確認になります。

近所の人へ挨拶

立つ鳥跡を濁さずの言葉もあるよう、最後にきちんと挨拶をしておきましょう。仲が良かった方やお世話になった方はもちろん、引っ越しはどうしてもバタバタするもの。お騒がせするかもしれませんが~など、先に言っておけば無用なトラブルも避けやすいですよ。

引越し前日のおすすめの過ごし方

引っ越し前日…、すでに梱包は済ませていてもうあとは、明日業者が来るのを待つだけとなっているのなら、旧居の最後の日は思い出にふけってみるのもいいですね。引っ越し前日のおすすめの過ごし方をシーン別にご紹介していきます。

食事

冷蔵庫の中身はすでにすっからかん。であることが望ましいので、ここまで来たらやはりお総菜や外食で済ませる方が多いと感じます。しかし、どうせならば最後の日くらい、旧居でゆったりと食事をするのもいいですよね。

なのでおすすめは店屋物。お蕎麦やラーメン、どんぶり物などお好きなものを出前でとってみてはいかがでしょうか。必要以上の洗い物が出ないうえに、大きなごみも出さずに済みます。お家でゆっくりと食事をとりながら、家族と旧居の思い出を話してみるのも素敵ですね。

お風呂

基本的には普段通りにいけばOK。最後に入った人はお湯を抜き、きちんときれいにしておきましょう。また、浴槽の蓋を持って行くのなら、立てかけて換気扇を回して乾かしておく必要がありますね。そして忘れがちなシャンプーやボディソープなどを、きちんと拭き上げて回収しておきましょう。

家族個人個人で使うシャンプーなどが違うのなら、使った人が都度梱包していくのもいいですね。また、思い切って最後の日は銭湯に行くというのもおすすめです。

トイレ

行っちゃいけないといわれても困ってしましますね。普段通りに使っていけばいいのですが、基本的にトイレの荷物は前日にはすべて回収しておきましょう。残っているのはホルダーに残ったトイレットペーパーだけ。

ここまでしておかないと、忘れ物が多くなりがちなのがトイレです。

洗面所

こちらは前日は特にすることはないかもしれませんね。引っ越し当日の朝まで、何かと使うことがあると考えるので、いつも通りで構いませんね。ただ、少し時間に余裕があるのなら、鏡などきれいにしてあげると、気持ちよく旧居を去ることができるかもしれません。

寝るとき

こちらも基本的にはいつも通り。次の日には1日忙しい引っ越し本番が待っているので、ゆっくり眠れるようにしておきましょう。ただ、寝る前に次の日に着る服一式を枕元に置き、あとの衣服は梱包してしまいましょう。

お風呂に入った後の服も、基本は別個に包み梱包してしまいます。余裕があるのならばコインランドリーで洗ってきた後の梱包も手です。

アウトドアが好きな方や、引っ越しが頻繁にある方は、すでにベッドは分解し、寝袋で寝ているなんて方もいるようです。

引っ越し準備が済んでいるならお出かけもアリ

旧居で過ごす最後の日ですが、引っ越し準備がすべて終わり、することがないなんて場合は近所のお散歩やお出かけもアリですよ。その際に周辺の写真を撮っておいたりすると、あとから素敵な思い出になったりします。

また、この時に翌日の引っ越しで使う軍手などを購入しておくのも、便利ですね。

大型ゴミ&大量の不用品を処分したい場合

引っ越し前日には基本的にすべての荷物の梱包、分別を済ませているものですよね。今まで押し入れやクローゼットの奥に眠っていた大型のごみ、または大量の不用品が出た場合は、まず引っ越し業者に引き取ってもらえるか確認してみましょう。

物によっては引き取ってくれるだけではなく、買い取ってくれるなんて嬉しい誤算もありますよ。ただ、業者によっては、そもそも引き取りをしていない、使えるものしか引き取ってもらえないなんて場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

もしも引っ越し業者では引き取ってもらえない場合、大量の不用品などは回収業者や便利屋さんを頼ってみましょう。料金はかかってしまいますが、この2つの業者さんのうれしいところは、引き取れないものがほとんどないというところ。

一度ですべての不用品を回収してくれるので、一気にすっきりできますよ。また、自分で運ぶ時間がある、自分は使わないけれど結構いいものもある場合は、リサイクルショップに持ち込んでみましょう。臨時収入になるかもしれませんね。

引っ越し当日に慌てないために

どれだけ準備をしていても、なぜか引っ越し当日は何かと忙しくバタバタとしてしまうもの。心の準備をするためにも、運び出す際の動線を確認しておきましょう。

大きく重たいものは業者さんにお願いするので、その動線の邪魔にならないところを確保しておく。または、運び出す順番をしっかりと確認しておき、邪魔になるものが置かれていないかなども確認しておいてくださいね。

そして、新居での家具や家電のレイアウトもきちんと確認しておきましょう。引っ越した後で好きなように決めればいいんじゃないの?なんて考えてしまいますが、業者さんがいるうちに重たいものは動かしてもらうほうが断然らくちんです。

どこに置きますか?と聞かれたけれどまだ決まっていないから、その辺に。なんていわれても業者さんも困りますが、あとで困るのは自分です。新しい新居への期待を膨らませながら、せめて大型の家電、家具だけでもしっかりとレイアウトを決めておきましょう。

まとめ

今回は引っ越し前日の過ごし方などご紹介してきました。

まず引っ越し前日に準備しておくことは
・荷物の梱包の確認
・分解できるものは分解しておく
・洗濯機、冷蔵庫の水抜き
・冷蔵庫は中身の処分も
・段ボールの中身のリスト化
・見えないところの掃除
・当日の手荷物の用意
・引っ越し業者との最終確認
・近所の方へのあいさつ

そして引っ越し前日のおすすめの過ごし方
・食事は店屋物
・お風呂は銭湯もおすすめ
・トイレの荷物は前日までにはすべて回収
・洗面所は鏡をきれいにしてみても
・寝る際には翌日の服の用意を

また大型ごみや大量の不用品
・引っ越し業者、回収業者、便利屋、リサイクルショップを上手に活用

引っ越し当日に慌てないため
・動線の確認を
・新居のレイアウトも重要

となりました。

引っ越しも大詰めの前日。この日をゆっくり過ごすか最後の荷造りでバタバタするのかは、これまでの段取りにかかってきます。お世話になってきた旧居最後の日は、ぜひ今までの思い出を振り返る時間を作れるように、早めの荷造りを心がけてみてくださいね。