引っ越しの準備、荷造りというのは充分に時間をとっていたとしても大変なもの。

毎日の仕事や雑務で時間が無くて、なかなか引っ越しの準備ができないという方もおられますよね。

困ったな、で終わればいいのですが、引っ越し当日まで準備が終わっていない場合、どうなるのでしょうか。

特に引っ越し業者に頼んでいた場合、間に合わなかったからですむのでしょうか?

気になる「もしも引っ越し準備が間に合わなかったら」こんなケースはどうすれば良いのか見ていきましょう。

具体的な引越し費用を今すぐ知る方法

一番安い引越し業者をSUUMOが選んでくれる!
  • 電話番号は入力しなくていい
  • 迷惑電話の心配なし
  • 金額がその場ですぐわかる
  • 最大30社の一括見積もり
  • SUUMO限定特典アリ

引越し費用を調べる4つの手順
  • 1.公式ページを開く
  • 2.「見積もりスタート」ボタンを押す
  • 3.必要事項を入力する
  • 4.その場ですぐ金額が表示される

荷造りが途中のまま引越し業者が来たらどうなる?

引っ越しの日までに荷造りが終わっていなかった。

自分で引っ越しをするのなら、運びながら最後に無理やり終わらせることもできますね。

しかし、引っ越し業者に頼んでいた場合は、どうなるのでしょうか。

荷造りの分、追加料金が発生することが

なかなか引っ越しの荷造りが進まなくて、引っ越し前日からフルスピードでやってきたけれど間に合わなかった。

こんな場合や、全部終わらせていたつもりだったのに、机やたんすの引き出しの中身の梱包を忘れていたなんてことも。

荷造りが間に合わなかったけれど、あと少しだけ。

という場合は引っ越し業者が荷造りが終わるまで待ってくれたり、荷造りの手伝いをしてくれることがあります。

しかし待ってくれるなら大丈夫。なんて考えてはいけません。

特に引っ越しの繁忙期には、朝のうちにA家の引っ越し、昼過ぎからはB家の引っ越しなんて1日の間に掛け持っている場合もあります。

時間がずれ込んでしまえば、それだけで引っ越し業者にとっては迷惑です。

場合によっては追加料金の請求をされることもあるようですし、引っ越しの間中不機嫌になられてしまう恐れも。

荷造りができていない場合「契約不履行」に

そんな大げさな…と感じるかもしれませんが、引っ越し業者との間で契約を交わしているのは事実です。

業者は荷物の運搬を受け持ち、速やかに運び出せるよう形を整えるのは契約主の責任です。

この契約主側の責任を果たせなかったのですから、やはり契約不履行になってしまうのですね。

多くの場合は上記で紹介したように、追加料金を払って荷造りを手伝ってもらうことになりますが、悪質だと認識された場合、最悪は引っ越し業者が帰ってしまうことも

引っ越しをすることができなくなってしまうので、忙しかったからなど言い訳をせずに、きちんと間に合わせることが肝心です。

荷造りが間に合いそうにない場合どうすればいい?

荷造りが間に合わない。

この事態を放置しておくと大変なことになってしまいます。

では、引っ越しの日が近づいてきたけれど、これは間に合いそうに無い…。

こんな場合はどのような対処ができるでしょうか?

引っ越し当日にトラブルにならないよう、対処法を見ていきましょう。

家族、友人にヘルプを

近場に家族や親しくしている友人がいるのなら、触ってほしくないもの、貴重品だけは自分でまとめて手伝ってもらう手があります

とにかく引っ越しまでに間に合わせたい、と考えるのなら自分だけでどうにかしようと考えてはいけません。

結局間に合わなかった、なんてことになってしまっては元も子もありませんよね。

いくらかアルバイト代を出す、食事をおごるなど交換条件を出せば、手伝ってもらいやすくなりますよ。

引っ越し業者のオプションを使って、荷造りを手伝ってもらう

近場にそんなに親しい人はいない、こんな場合もありますよね。

引っ越しの業者は引っ越しに関することに対してはプロです。

運搬以外にも荷造りの手伝いというオプションがあるのでこれを活用してください。

もちろん追加の料金はかかりますが、これは正規の料金です。

引っ越し当日に荷造りが間に合っていなかったから手伝ってもらう。

こんな場合の料金は割増料金になることがほとんど。

間に合いそうに無いなと気づいたら、早めに業者に手伝ってもらうのが賢明です。

案外効率的に終わらせることができるかもしれませんよ。

荷造りはどれぐらい前から準備を始めるべき

ではそもそも間に合わないという状況を作らないために、荷造りとはどのくらい前から始めておくべきなのでしょうか。

ただでさえばたばたとしがちな引っ越し、不必要なトラブルを招かないためにも、しっかりと把握しておきましょう。

最短で2週間

とても効率的に作業を進められたとして、荷造りにかかる日数は一般的な家庭の荷物で2週間ほどになります。

なので、最低でも2週間前には荷造りに着手する必要があります。

おすすめは業者と契約した後から

業者との契約自体、できることならば余裕を持って1ヶ月前には決めておきたいところ。

なので、余裕を持って荷造りをしようと考えるのなら、1ヶ月前にははじめてしまうのがおすすめです。

そんなに前からはじめたら、必要なものまで梱包してしまいそう。

なんて考えなくても大丈夫。

実際家の中で毎日使っているものというのは、驚くほど少ないもの。

シーズンオフの服や靴、普段生活している部屋以外のものを梱包していくのがベストになります。

どうしても忙しくて荷造りできない場合は、引越し業者に荷造りも全部丸投げで依頼することもできる?

上記まで荷造りが間に合わなかった場合や、荷造りを始める時期などご紹介してきました。

しかし、仕事の都合などで球に引っ越しをしなくてはいけなくなった。

こんな場合もありますよね。

余裕が無い場合に業者にしてもらえることを見ていきましょう。

時間が無い場合は荷造りも業者にお任せ

引っ越し業者も有名なところから、地域に根ざしたものまで多くの会社があります。

差別化を図るためにも、さまざまなコースを用意している業者もあります。

荷造りを任せられる業者には以下のようなもの。

アート引っ越しセンター

引っ越しのプランが「基本コース」「ハーフコース」「フルコース」と3種類あり、このうちハーフコースとフルコースが荷造りに対応しています。

フルコースは荷解きまでしてくれるラクチンプラン。

サカイ引越センター

豊富な引っ越しプランがそろっているので、引っ越しまでの時間や費用を細かく相談することができます。

らくらくA、Bコース」が荷造りに対応していて、Cコースになると食器類、大型家具のみの梱包になります。

日通

こちらも引っ越しプランが3種類あり、「セルフプラン」「ハーフプラン」「フルプラン」のうち、ハーフプランとフルプランが荷造りに対応しています。

独自の梱包資材で丁寧に荷造りをしてくれますよ。

もちろんそれぞれ料金はかかってきますが、急な引っ越しでも余裕をもてるようになります。

時間が無いなら丸投げできるプランを使おう

引っ越しはそれだけでも費用のかかるものなので、なるべく安く収めたいと考えてしまうもの。

もちろん時間に余裕がある、引っ越しは何度もしてきたから要領はわかっている。

こんな方はいいのですが、時間も無ければ荷造りは面倒くさい

こう考えるのならば、最初から丸投げできるプランにしておく方が絶対におすすめです。

大丈夫だろうと安易に考えていれば、結局後から追加オプションを頼むことになったり、最悪間に合わなくなってしまうなんてことにも。

一つの予定が狂うことによって、引っ越しそのものがより大変なことになってしまう恐れがあります。

損して得とれ」なんて言葉があるように、金額だけにこだわるのは得策ではありませんよ。

まとめ

今回はあまり考えたくない、引っ越しの際に荷造りが間に合わなかった場合どうなるのか?

というところを見てきました。

間に合わなかった場合
・追加料金を払って荷造りを手伝ってもらう
・最悪業者が帰ってしまう

間に合いそうに無い時の対処法
・親、友人にヘルプを
・業者に追加オプションで手伝ってもらう

荷造りを始める時期
・最短で2週間
・1ヶ月は余裕を持とう

荷造りも業者に任せるには
・アート引っ越しセンター
・サカイ引越センター
・日通
・間に合わないかもと考えるのなら、最初から頼むのがおすすめ

あまり機会が無いからこそ、荷造りが間に合わなかったらどうなるのか…、なんて知らない方も多いです。

ただでさえ大変な引っ越しが、より大変になったり険悪な空気の中での引っ越しになってしまうのは避けたいもの。

せっかく新しい環境へ引っ越すのですから、今までお世話になった住居、環境にも感謝しながら別れたいものですよね。

荷造りには余裕を持たせる、間に合いそうにないと感じたら業者のプランを有効に使ってください!