新しい新居への費用、新居に必要な家具、家電、引っ越す前、後の回りへの挨拶など何かと費用がかかるのが引っ越しですよね。また、これらとは別に業者を頼めば運搬にも費用がかかります。

どれだけ貯金しておけばいいんだ!なんて頭を抱えてしまいそうになりますが、引っ越しの見積もりは価格交渉ができることを知っていますか?少しでも負担を抑えるために、引っ越し費用を1000円でも安くする交渉術、足元を見られないためのポイントなどについて解説していきます。

引越し見積もりは訪問してもらうべき?電話で口頭で伝えるだけでも良い?逆に電話だけで済ませる場合もある?

そもそも引っ越しの見積もりとは、どのように行ってもらうのでしょうか。実際に見てもらう必要があるのか、電話だけでも良いのかなど基本的なところを見ていきましょう。

電話だけで済ませる場合

荷物の少ない単身者の方や、仕事が忙しくてなかなか昼間の間に訪問見積もりをお願いできない。こんな場合は電話だけで見積もりを済ませることも可能です。ただ、荷物がどのくらいあるのか、扉や廊下の幅、また2階以上の場合は外階段の幅やエレベーターの有無など、なるべく正確に伝える必要が出てきます。

しかし、どれだけ正確に伝えたつもりでも電話だけの見積もりの場合は、安く済ませるには不向きだといえます。業者からすれば「もしも積みきれなかった場合」の事を考えなければいけないので、どうしても申告より多めに荷物を見積もります。なのでその分、引越費用が高くなりがちだという面があります。

また、引越業者によっては、無用なトラブルを避けるために、そもそも電話での見積もりは行っていない。というところもあるので、最初に良く聞いておきましょう。

どうしても電話だけで済ませたい場合

引越までに人を呼べるような余裕はない!なんて方はできれば電話だけで見積もりを終わらせたいですよね。こんな場合は、先に荷造りを済ませてしまいましょう。

家電はこれだけでサイズは○○、大型家具はこれだけでサイズは○○、運び出すダンボールは○個。と簡潔に伝えることができれば、最速で見積もりを済ませることができる場合もあるようです。ただし、上記で紹介したように、そもそも訪問見積もり以外はしていない業者もいるので、最初に聞いておきましょう。

安く済ませたいなら訪問見積もりが一番

上記でも紹介したように、実際に荷物の数などを見てから、適切に見積もりを出してもらうことが一番安くあげる近道です。業者によっては見積もりの際に処分に困っているものがある、などと聞けば処分の仕方を教えてくれたり、処分のための業者を紹介してくれたりなど、運搬以外のところでも知恵を貸してくれたりもします。

業者が来るからきれいにしておかないと。何てことも無いので1日だけでも時間をあけることができるようなら、訪問見積もりがやはりおすすめになります。

見積もり時に業者に言ってはいけない注意ポイントとは?

見積もりに来てもらって、どのくらいの費用がかかるのか…。引越が始めての方の場合、この「見積もり」は大体の金額を教えてもらえるんだろうなんて考えがちですね。しかし、ここでの見積もりは=引越の費用と考えて大丈夫。

よほどのイレギュラーがない限りは、見積もりで出された金額が引越の金額になります。なので、ここで少しでも安く抑えてもらうために、言ってはいけないポイントなど解説していきます。

「引越の日はまだ決めていない」

これ言いがちですがNGなんです。まだ決めてないからいつでもいいですよ。なんて、業者からすれば、空いた日にできて親切だよね。と考えがちですが、基本見積もりにきた営業さんは契約を前提に来ています。

きちんと自社のアピールをしてこの会社に決めた!と言ってもらたいのに、引越の日はまだ決まっていないなんて聞いてしまっては、肩透かしですよね。悪く取られてしまえば引っ越す気が無いのに、冷やかしで呼んだのか?なんて思われてしまう恐れも。

また、「いつでもいいです」のいつでもは本当ですか?業者が提示した日は、たまたま用事があるから無理。なんてことを言ってしまえば「いつでも良くないじゃないか!」となってしまいますよね。見積もりを頼むのなら、引越の日程は先にきちんと決めておきましょう。

「荷造りとか初めてだけどすぐできますよね」

やめておきましょう。現状の把握が苦手な段取りが悪い人だと考えられてしまいます。段取りが悪いとなると、引越当日になっても荷造りが終わっていないかもしれない。結果時間がずれ込んだり予定が狂って、作業員の拘束時間が長くなるかもしれない…。

見積もりに来ている営業さんは、こんなところまで考えてあらかじめ見積額を高めに設定し、損が出ないようにする場合があります。引越が初めてなら、未知のことが一杯なので、ついついこんな言葉が出てしまうのもわかりますが、業者はプロとしての仕事をするために来ています。

同じ不安をこぼすなら、「初めてだからすぐに荷造りを始めようと考えています」「初めてだから荷造りもプロに任せたい」こっちにしておきましょう。誰にでも初めてのことはありますが、その初めてのことに対してどのような姿勢なのかで、受ける印象が全く違ってきます。

「ダンボールは自分で手配します」

仕事でダンボールがたくさん出るから、ちょうどいい物を使うことができる。ホームセンターで買うつもり。実際にこのようなあてがあって、自分で手配するという方はかまわないのですが、スーパーとかでもらってくればタダだよね。

上記のような考え方からこの言葉を言ってはいけません。実際荷造りをはじめてみればわかりますが、引越の際のダンボールは本当に多くなります。これだけの数をスーパーから取ってくるのは難しいですし、何よりちょうど良い大きさのもの。というダンボールがなかなか無いんですよね。

この言葉を業者がきくと、引越当日までにきちんと荷造りできるのな?と不安に思わせてしまいます。業者はプロとして多くの方の引越に携わっています。どんなところが大変なのか、間に合わなかった時にどれだけ大変か。ということを良くわかっているからこそ警戒されてしまうのです。

「ちょっと大きめの家具と~」

こちらは電話での見積もりをお願いする時ですね。見積もりをお願いしているのに、この時点で大型家具、家電のサイズがわからないというのは致命的です。どのサイズのトラックを用意するべきか、というもっとも基本的なところを決められなくなってしまいます。

もしも積みきれなかった。何てことがあったら業者からすれば信用問題にもかかわります。万が一のことを想定されて、1サイズどころか2サイズ以上大きなトラックを手配するので、見積額もどうしても高価になってしまうのです。

また、遠まわしに断るために、わざと高額な見積額を出される。なんてこともあるようですよ。

「運ぶだけでいいから安くして」

運ぶだけでいいから、なんてはっきり言って無理です。家族に筋肉ムキムキの男性が4~5人いる。なんて場合なら家電や大型家具もらくらく運べるかもしれませんが、こんな場合まず業者に頼みませんよね。

また、運ぶだけでいいというのなら、玄関から荷物を運び、引っ越し先の玄関に全ての荷物を置いたらハイ終了。ということになってしまいます。実際にはこんなことをあてつけのようにやる業者はなかなかいませんが、素人がプロの仕事をなめてかかっているととられても仕方のない言葉。

あてつけの行為は無くても、ひそかに見積額が高くなっている場合が考えられます。業者といっても人対人のお仕事です。敬意を持って接するようにしましょうね。

引越し業者を複数社同時に来て見てもらう(あえてバッティングさせる)ってアリ?

ぽろっといってしまいそうなNGワードもありましたね。ではここからは見積もりを出してもらう時、業者を複数お願いして比較検討するものですが、この業者をバッティングさせるのはアリなのでしょうか?人によっては1日しか空かないから、同時に、とも考えたくなりますよね。してもいいものなのか見てみましょう。

故意のバッティングはNG

一度にできればラクチン。という気持ちもわかりますが、これは絶対にNGです。業者に対してとても失礼なことになるので、下手をすればそのまま帰られてしまうことも。そもそもどのような業界でも業者間で使うマナーやルールがあるものですよね。

一社が見積もりをしている時に居合わせてしまったら、終わるまで待つ、または日程を変更するというのが引っ越し業者間でのマナーでありルールです。これを故意にしたということがわかれば、マナー違反を平気でする客だという悪感情をもたれてしまう恐れがあるので、訪問見積もりの際のバッティングはNGだと覚えておきましょう。

引越しの見積金額をグイっと値下げできる交渉術マニュアル

言ってはいけない言葉がわかったのなら、次は少しでも値下げしてもらうために、どのような対応が必要になってくるのかを見ていきましょう。引越自体をスムーズに行えるポイントでもあるので、覚えておいて損は無いですよ。

家具、家電のサイズをリストアップ

運ぶこと自体が大変な大型家具、家電は引越が決まった時点でサイズをリストアップしておきましょう。どれだけの大きさのものが何個あるのか。ということを数字として明確にしておけば、見積もりの際にとても喜ばれます。

引越をする当人も、引っ越し先の物件を見つけるときに役立ちますね。これは引越に対して意欲的であり、段取りを自分で決めることができる要領のいい人だ。という好印象を与えることができます。やりやすい引越ならば、見積もりも安くしてあげようと考えてもらいやすくなりますね。

日程をしっかりと決めておく

上記のNGワードで「いつでもいいです」はだめ。と紹介しましたが、その逆バージョンですね。自分の中で都合のいい日を2~3つほどピックアップしておき、希望順に伝えましょう。自身の意思を明確に相手に伝える、ということが大切になります。

また、なるべく安くしたいと考え、日程にある程度自由が利くのならお勧めの言い方はこちら。「○日から○日の間なら有給を取れる(休暇をもらっているなど、動ける理由)のでその間で都合のいい日がありますか?」これでいきましょう。確実に動ける上に、期間内で業者の都合のいい日をえらべるとなれば、win-winですよね。

見積もりは複数社から

複数の業者から相見積もりをしている、ということはきちんと業者に伝えましょう。業者側もほとんどの方が相見積もりをしているのはわかっているので、ここで気分を害されてしまうということはありません。

A社は○円だったから、少なくともそれより高いと受けられない。など金額を明確にするのも大切なこと。言いづらいと感じるかもしれませんが、ここは重要ポイントです。

即決しない

せっかく相見積もりをお願いしているのですから、最初の業者で即決してしまった。何てことがないようにしましょう。即決を迫られた場合は、自分にその場で決める権限が無いことをたてにする手が使えます。

配偶者に確認を取らないといけない、または会社などの補助の関係で即決できない。と伝えるのが無難ですね。ただ、いつまでには返事を返す。ということを添えることも大切です。冷やかしかな?なんて思われないように気をつけましょう。

できれば引越の繁忙期を外す

急な引越であったり、以前から決まっていた場合などはしかたがありませんが、多少時期をずらすことができるのなら、繁忙期を外してお願いしましょう。やはり閑散期のお客様ともなれば、多少安くしてでも仕事を請けたいのはどんな業界でも一緒ですよね。

引越業界での繁忙期は3月下旬から4月上旬、または9月下旬から10月上旬になります。

最後のダメ押しも有効

対応と価格でこの業者かな。そう決められたらお願いすることを業者に伝えますよね。もう決まっているのですが、この電話をした時に、最後にもう1回値引き交渉をしてみましょう。

A社さんの対応がとても丁寧だったので、御社にお願いしようかと考えているのですが、B社が5000円ほど安くて迷っているんです。同じ額なら即決なんですけど…。なんてこぼしてみましょう。値引きに応じてくれることがあります。

ただ、これ以上は無理なんですといわれてしまったときは、おとなしく引き下がって上げてくださいね。

最終的には人柄も重要

いろいろと紹介してきましたが、引越って忙しく大変なものなだけに、疲れてしまってついついものの言い方がきつくなってしまうことがあります。しかし、見積もりに来てくれている業者も仕事とはいえ人間です。

プロの仕事をなめているととられてしまいかねない、高圧的なしゃべり方をする人に優しくしよう、得をさせてあげようなんて考えませんよね。自身の意思をしっかりと示すことと、横柄な態度は別物です。交渉の際にはきちんと相手の立場も尊重しましょう。

まとめ

今回は引越の見積もりを少しでも安くするためのあれこれを見てきました。

まず、業者に言ってはいけないNGポイント
・引越の日はまだ決めていない
・荷造りなんてすぐできる
・ダンボールは自分で用意します
・家具、家電のサイズを把握していない
・運ぶだけでいいから

次に見積もり時のバッティング
・絶対にNG

そしてお得にするための交渉術
・家具、家電のサイズをリストアップ
・日程をしっかりと決めておく
・見積もりは複数社から
・即決しない
・繁忙期は外す
・最後にダメ押し
・誠実な態度で
このような感じになりますね。

基本的に、業者からしても引越は大変なもの。段取りや要領が悪い人に当たれば、いくらプロといっても困ってしまいますよね。だからこそこの人の引越を担当したら、大変になりそうだと感じられれば、見積額も高く設定されがちなのです。

業者をお願いするといっても、引っ越しをするのはあなたです。お金を出して丸投げする!といった場合以外は、自分が中心になって動かなければ引っ越しは終わりませんよね。段取り良く進めることができれば、結果費用を抑えることもできるのです。長く見積もっても2ヶ月ほど、気合を入れて頑張りましょう。