お得に引っ越し業者を決めることができる「一括見積り」。便利だといわれる反面、見積もりをお願いした直後から電話が立て続けになるので、大変だという声も聞きますよね。

この迷惑電話が来る、という情報は本当なのでしょうか?本当だとしたらどのような対応をすべきなのでしょうか?ここから詳しく見ていきましょう。

引越し費用が今すぐわかる

一番安い引越し業者をSUUMOが選んでくれる!
  • 電話番号は入力しなくていい
  • SUUMOだから安心
  • その場で見積もり額すぐわかる
  • 最大30社の一括見積もり
  • SUUMO限定特典アリ

一括見積りしたら迷惑電話がたくさんくる?それにびびって高い引っ越し料金を払うのは損!

実際のところ、一括見積をしたことで迷惑電話がかかってくるのでしょうか?本当だとしたらサイトから個人情報が洩れている、ということになってしまうので大問題ですよね。一括見積を利用したことにより、たくさん電話がかかってくるその理由は何なのか見ていきましょう。

一括見積をした業者から電話がかかってきている

一括見積をお願いしたことで、電話が大量にかかってきて困っている。という声を聴きますが、これはサイトで見積もりを依頼した業者から、確認や訪問見積もりのための電話がかかってきているというところが本当のよう。

サイトによっては最大10社に一括見積を送信することになるので、この10社から立て続けに電話がかかて来ている、ということでもありますね。業者からしてみれば、契約を取ってもらうためには、迅速な対応が必要になると考えるのは当たり前のこと。

見積もりを依頼した分だけ、業者から電話がかかってくるのは、ある意味当たり前のことでもありますね。

迷惑電話がかかっているわけではない

上記で紹介したように、見積もりを依頼した業者から確認の電話がかかってきている。ということなので、個人情報が流出してしまったなどという怖い話ではありません。ここちょっと安心できますよね。

ただ、依頼をした業者が多ければ多いほど、かかってくる電話も大量になる事は事実。なので、何度もかかってくる電話に対応するのは面倒くさい、と感じるのならば見積もりを分割してお願いするという手もアリだと感じますよ。

電話だけにこだわって一括見積を使わないのはもったいない

依頼を受ければ確認の電話をするのはある意味当たり前ですよね。なので、電話はかかってくるものだと考えていれば、覚悟も決まります。また、何度も何度も無意味に電話をかけてくるわけではないので、最初の対応を済ませてしまえばそれで大丈夫。

電話がかかってくるらしいから…。という理由だけで一括見積を使わないという判断を下すのは、とてももったいないこと。確認の電話が来るだけだと割り切って、少しの間だけ頑張ってみましょう。後々、得を実感することができますよ。

一括見積り後の確認電話の対応方法

覚悟を決めて電話対応をしよう!と考えたならば、効率的な対応方法も知っておきたいですよね。値段交渉のコツや訪問見積もりの日時の決め方、女性からすれば勇気がいるであろう断り方など、ここから見ていきましょう。

確認の電話は第一の判別の機会と考えよう

一括見積の申し込みが済めば、基本的にすぐに電話がかかってくると考えておいた方が無難です。時間をおいて電話をかければ、「今忙しくて出られない」という事態も考えられますよね。

一括見積の申し込みができた、ということは業者から見れば、今の時間は手が空いているんだと考えることができるのです。この確認の電話の際に、まず、どのような対応をしてくるかで依頼をする業者を振り分けることができます。

話す言葉が乱暴だった。依頼人の話を聞かず、とにかく契約のことばかり言ってくる。そもそも挨拶もしない。上記のような対応をされる場合は、依頼するに値しない業者だと判断することができます。

電話がかかりすぎて困る場合は留守電にする手も

言葉は悪いですが、依頼をするあなたは業者から見れば「お客様」です。なので業者に対していつでもすべて誠実に対応しなければいけない。なんてことはないのです。あまりにも電話が多くてまいってしまうようならば、いったん留守番電話に切り替えて放置しましょう。

少なくとも留守番電話にしておけば、用件を伝言することはできますよね。この留守番電話に吹き込まれている業者の対応を見て、誠実そうだと感じられる業者にだけ折り返しの電話をする。という手も使えます。

訪問見積もりの日程はできるだけずらして

さて、確認の電話攻撃をかわした後は、実際に訪問見積もりの日程を決めなければいけませんよね。この際に、忙しいから同日同時刻に一度にお願いしたい。と考える方も出てくると思います。

しかし、引っ越し業界の中で、訪問見積もりのバッティングはNGになります。わざとバッティングをするように仕向けたんだな、と感じられてしまえば、見積もりをせずに帰られてしまうことも。

少しくらい時間が被ったくらいならば、前者の見積もりが終わるまで待ってくれたりもしますが、あまりいい印象は残せません。訪問見積もりの日程を決める際には、できるだけ日をずらす、または午前と午後に振り分けるなどかぶらないように気を付けましょう

途中で契約した場合、残りの業者の断り方

5社に訪問見積もりをお願いしていたけれど、3社目で希望にピッタリの業者がいたから決めてしまった…。本当ならばすべての業者からの見積もり後に決めるのがベターですが、こんな場合もありますよね。

残りの業者を断りたいと考えたとき、どのように断ればいいのでしょうか?基本的に訪問見積もりは無料なので、キャンセルしをしたからと言って苦情が来るようなことはありません。しかし、訪問見積もりのために営業さんが時間を空けていたのは事実。

なので業者が決まったのなら、早めに断りの電話を入れましょう。この際に、「ほかの業者に決めたから」という断り文句はあまりお勧めできません。決めたところよりも安くするから!なんて食い下がられてしまう場合があるからですね。

断る際には「引っ越し自体がキャンセルになった」「引っ越しが延期になったから」など、業者を使う必要がなくなったことを強調して断りましょう。また、業者によっては、契約を決めれば断りの連絡も代行してくれる場合がありますので、どうしても断りづらいと感じるのならば、聞いてみるのもおすすめです。

見積もりが終わってるのにしつこく業者から電話かかってくるのか?

確認のための電話だと考えれば、100歩譲って許すこともできたけれど、見積もりが終わっても電話してくる…。こんなことが本当にあるのでしょうか?

これは業者の中で、連絡がしっかりとできていなかった場合に、電話がかかってくることがあるようです。見積もりは終わって契約も決まっているということを知らないままなので、いつまでも営業の電話をかけてくるということですね。

しっかりと見積もりはもう終わっていること、契約が決まっていることなどを伝えれば、かかってこなくなるようです。

まとめ

今回は一括見積を利用した際に、大量の電話がかかってくるのは本当なのか?その電話は迷惑電話なのか?と言ったところをご紹介してきました。

まず、かかってくる電話ななぜなのか?電話だけで一括見積をあきらめるのは損?では
・一括見積を依頼した業者の分だけ電話がかかってきている
・確認の電話であり、迷惑電話ではない
・一括見積を電話だけであきらめるのは絶対に損!

次に一括見積後の電話対応の仕方
・かかってくる電話対応で最初の判別を
・かかりすぎると感じるなら留守電を活用
・訪問見積もりの日程はずらす
・途中で決めたら速やかに断りの電話を

そして見積もりが終わってもしつこく電話が来るのか?に関しては
・報連相ができていない場合に電話が来る

となりました。

一括見積を使えば、お得に引っ越し業者を決めることができる。と知ったからいろいろ調べていたら、電話攻撃がすごい!なんて記事を見つけた方も多いと感じます。そんなに電話攻撃をされるなら使わない方がいいと思ってしまう気持ちはわかりますが、やはりそれはもったいないこと。

大きな金額を動かすことになる引っ越しなので、お得に済ませることができるのならば、活用しない手はないですよね。たくさんの電話がかかってくるといっても、一時期だけのことです。どうしてもいやならばそれこそ留守電で放置。なんてこともできます。

せっかくの便利なツールを、一つの側面だけで全否定しないでくださいね。お得な引っ越しを実現して、快適な新居生活を送りましょう。