兄弟、友人、職場の関係者などなど、誰か親しい人が引越しをするとなったときは、「引っ越し祝い」が必要になってきますよね。どんなものをあげれば喜んでもらえるのか、いつ渡そうかなど悩みどころもたくさん。そんな悩ましい引っ越し祝いですが、もう一つ頭を悩ませがちなことが。それは引越し祝い品には「のし」が必要なのかということ。

そもそも「のし」とはどういうものなのか、なぜ必要とされているのかなど根本的なところも、良く知らないという方が多いと感じます。私も実際こういった形式的なことは、自分でする必要が出てくるまで知りませんでした。なので、のしの必要性という根本的なところから、のしの書き方、デザインなどなど詳しくご紹介していきます。

引っ越し祝いにのしは必要?別にいらない?どういう時に必要でどういう時に必要ないのか?

のしを使う場面として、一番身近で思いつきやすいのは結婚式ではないでしょうか。お目出たい場面で使うものだと認識されている方が多いと感じますが、そもそも引っ越し祝いでものしは必要なのか?そもそものしとはどういう時に使うのかをここから見て行きましょう。

祝儀袋などについている飾りが「のし」

昨今ではお祝いの品などについているきれいな紙そのものを「熨斗紙(のしがみ)」と呼びますが、そもそものしとは「あわびを薄くのした(伸ばした)もの」のこと。今でも高級品として名高いあわび。古くからおめでたい席でのお祝い品として、あわびとお酒は必需品でした。

今では形だけが残ることになり、お祝い品を包む紙や祝儀袋の右上につけられている飾りだけになっています。この飾りを「のし」と呼ぶんですね。「のし紙」となると、現在良く使われている簡略化されたものになります。

基本的にお祝い事にはのしが必須

友人間など親しい真柄の人に、手渡しでプレゼントを渡す。こんな場合「そこまでかしこまらなくてもいいんじゃないか?」なんて考えがちですよね。しかし引越し、なかでも新築祝いなどはきちんとのし紙をつけてもらいましょう。

友人自身は気にしなくても、家族や親戚関係の方に目をつけられてしまう恐れがあります。また、きちんとルールに従ってお祝いをすれば、それだけ気持ちも伝わりやすくなるというものです。

のしが必要ない場合

ここでいう「のし」は上記で紹介した、のし紙についている紙でできた飾りの部分。のしとは「あわびを薄く延ばしたものの代用品」と上記で紹介したことからわかるように、ナマモノの代用品でもあります。

なので贈り物が鮮魚や高価なお肉などナマモノである場合は、のしは不要になります。ただし、のしは不要でものし紙は必要です。右上や中央よりにのしのついていないのし紙を使ってもらいましょう。

のしに何を書けばいい?のしの正しい書き方

さて、のしの必要性はわかっていただけたことと感じます。ここからの問題は、のしに何を書けばいいのかですよね。同じ引っ越しでも新築への引っ越しと中古物件、アパートなどで違いがあります。間違えないように、それぞれ見ていきましょう。

中古物件、アパートなどへの引っ越し

これはそのまま「御引越祝」または「お祝い」と書きましょう。表書きといい、熨斗紙や祝儀袋にかかっている水引の上の部分に書く言葉ですね。書く際には一番いいのは筆で書くことですが、なかなか普段から使っているという方も少ないと感じます。

なので筆ペンやフェルトペンで書きましょう。何度か他の紙で練習してから書くといいですね。また、筆ペンやフェルトペンには墨が薄いものもあります。これはお葬式など弔辞の際に使うペンなので、間違っても使わないようにしましょう。

新築物件への引っ越し

では一戸建てを建てた、新築のマンションを購入して引っ越した。こんな場合はどのように書くべきなのでしょうか。こちらは御引越し祝いと書いてはいけません。

新築物件への引っ越しの際には「祝新築」や「新築祝」が一般的になります。引っ越したことだけではなく、新しい住居、環境での生活を祝います。というプラスアルファの思いを伝えるための言葉になります。

のしのデザインは何でもいい?

さて、ここまでのしの必要性や、表書きの書き方など見てきました。ではここからはのしのデザインに焦点を当ててみましょう。まだ気にすることがあるの?なんて気持ちになりそうですが、この機会に覚えてしまえば、後々ラクチンになりますよ。

水引にも種類がある

一般的なお祝いには「蝶結び(または花結び)」と呼べれるものを使います。解いて結び直しができる結び方なので、何度あってもめでたいお祝いに使うのですね。引っ越し祝いもこちらの水引になります。

反して、「結び切り(あわじ結びなども)」は一度結んでしまえば、二度と解けない結び方として、結婚祝いなど1度だけにしたいお祝い事で使われます。どちらの結びも紅白のものを選ぶことになります。

白黒のものの方がかっこいい、なんて思って使ってはいけません。白黒の水引はお葬式や法事など弔辞に際して使うものになります。

まとめ

引っ越し祝いにつける「のし」に関して見てきました。

・のしの必要性
・のしが不要な場合
・のしの書き方
・のしのデザイン

などなど。
普段あまり気にすることが無いしきたり部分は、改めて見ていくと知らないことも多かったのではないでしょうか。しかし、これらのルールは古くから伝えられてきた、「おめでとう」という気持ちを表すためのもの。

引っ越した本人は、新しい住居や環境に慣れるまで、大変なことも多々あるでしょう。そんな時に引っ越しを祝ってくれた人がいるというのは、とても大きな励みになるとも感じます。

失礼がないよう、引っ越し祝いをきちんと渡すためにも少しだけ頑張ってみましょう。長々と書いてきましたが、お店で品物を購入すれば店員さんが大まかなところは教えてくれるはずです。事前知識として活用してみてくださいね。