引越しの方法のひとつとして、「コンテナ便」というものがあるのをご存知でしょうか?

使い方によっては、通常の引越しよりもかなりお得に利用できる場合があります。

今回は「コンテナ便って何なの?」というところから、そのメリットとデメリット、どのような時にお得なのかというポイントをまとめてご紹介します!

1.長距離の引越しをするならコンテナ便がお得な理由

1-1. コンテナ便とは?

「コンテナ便」とは、航空機やフェリー、貨物列車で荷物を運ぶ輸送方法のことです。

通常の引越しとは、移動距離と荷物の量によって料金が決まります。輸送にかかる移動時間や燃料代はもちろん、時間がかかればそれだけ人件費もかかります。さらに荷物が多い場合には大きなトラックが必要になり、搬出・搬入にも多くの人手が必要になります。

そのような時にお得なのがコンテナ便です。

たとえば貨物列車であれば長距離の移動も問題なし。日本全国に伸びているJRの線路を使って運びます。貨物列車なので大きな荷物をまとめて運べるため、列車での輸送自体には人件費が必要になりません。

なんだかとっても理想的ですね!では、具体的にもう少し知ってみましょう。

1-2. コンテナ便を利用できる(JR貨物と提携している)引越し業者

コンテナ便を利用した引越しを行うには、JRと提携している引越し業者に依頼する必要があります。

個人で直接JR貨物に輸送を依頼することもできますが、荷物の搬出・搬入のことを考えると、それも含めてすべてやってくれる引越し業者へ依頼するのがベストでしょう。

ではその引越し業者はどこなのかというと、

です!

日本通運はフェリーを使った海上のコンテナ便にも対応しています。

1-3. コンテナ便利用の流れ

それでは実際にコンテナ便を利用するとどのような流れになるのか、見てみましょう。

コンテナ便利用の流れ

引越し業者が自宅まで荷物を集荷にくる

引越し業者が最寄りの駅まで運ぶ

コンテナ便で引越し先の最寄駅まで輸送

引越し業者が最寄駅から引越し先まで荷物を配達してくれる

という流れになります。つまり通常の引越しと同様、搬出と搬入に関してはこちらはなにもしなくて良いのです。

素晴らしいですね!

 

2.コンテナ便のメリットについて

コンテナ便の素晴らしさはかなりイメージできてきたと思いますが、ここからはそのメリットについてまとめてみましょう。

2-1. 道路状況に影響されない

コンテナ便は鉄道を利用しますので、渋滞などの道路状況に左右されることがありません。

コンテナ便を利用する範囲以外のところでは通常通りトラックで道路を使って運ぶことになりますが、全体の距離が遠距離であればあるほど、コンテナ便の利便性が発揮されるのです。

2-2. 長距離の引越しに最適

長距離であればあるほど、コンテナ便を利用する方が通常の引越しを行うよりも安い料金で抑えることができます。移動距離が600km以上であれば、確実にお得でしょう!

2-3. 環境に配慮している

トラックによる輸送距離が減るため、CO2削減に貢献できます!

普段から環境に配慮しているような人にとっては、より嬉しい輸送手段なのではないでしょうか。

 

3.コンテナ便のデメリットについて

どのようなことでもそうですが、メリットがあるようにデメリットもあります。

3-1. 時間がかかる

貨物駅ごとに荷物の積み下ろしをするために、目的地にもよりますが大体3日間くらいは時間を要します。家財道具一式がすぐには届かないということなので、生活に不便を感じるかもしれません。

ということで、引越し日程に余裕があることが前提条件となりそうです。

また、荷物が届くまでどこかに滞在したり、もしくは家財道具がなくても生活できる!というのであれば、数日間だけでも身軽さを感じられて良いかもしれません。

デメリットというデメリットはこのくらいなのではないかと思いますが、「時間」というものは時にはお金より何より大切なものです。予算も大事ですが、総合的にみてご自身に適している引越し方法かどうか、見極めてみてください。

 

4.コンテナ便っていくらかかる?トラック配送よりもどれぐらい安くなる?

4-1. コンテナの大きさってどのくらい?

でも実際、「コンテナ便でどのくらいの荷物が運べるの?」という疑問が湧きますよね。例として日本通運で使われるコンテナの大きさをご紹介します。

  • 2tコンテナ:2,280×1,700×1,980(mm)
  • 5tコンテナ:3,640×2,270×2,250(mm)

2tサイズは単身者におすすめの大きさです。5tサイズは2tロングトラックの一回り小さいくらいのサイズです。

私が以前引越しをした時は、2人暮らし分の荷物が2tロングトラックに余裕で積み込みができました。単身者でなくても荷物が少ないのであれば、5tサイズ1つで間に合うかもしれません。

4-2. コンテナ便っていくらかかる?

次に気になるのがその料金です。しかしながら、輸送距離や必要コンテナの数によって料金が決まるため、ここでははっきりとした料金を提示することができません。

一般的には、通常の引越し料金の半分くらいでできるケースが多いようです!

 

5.まとめ

時間がかかるというデメリットはあるものの、それがさほど問題にならないのであれば、試してみる価値は大いにあると思います。

なにせ搬出と搬入は引越し業社がやってくれるというのは通常の引越しと変わらないのに、引越し料金は安くなるというのですから、かなり魅力的ではありませんか?

たとえば遠方の実家に戻るなどの場合は最適かも!?

ご興味ある方はぜひ見積もり依頼をしてみてください。