引っ越しの一連の作業の中でも、必須の手続きとしてライフラインの開通があります。電気、ガス、水道、昨今ではこれまた必須になりつつあるインターネット。これらは開通までにどのくらいの期間が必要になるのでしょうか。

引っ越しは終わったけれどライフラインが通じていないから、生活できない!なんてことにならないよう、ここから見ていきましょう。

電気は手続き後いつ頃開通する?

まずは家の中で多くの機器に関係してくる電気から見ていきます。基本的に電気の開通に立ち合いは必要ありませんし、内見の時から電気だけは通じていたりしますよね。このことからもわかるように、新居についたらブレーカーや漏電遮断器を入れればそれでOK

電気の手続きは基本的に料金の支払い方を決めることになります。新居に置いてあったり、不動産屋から渡される「電気使用申込書」に必要事項を記入、のちに投かんしましょう。

ガスは手続き後いつ頃開通する?

次はガスの手続き。こちらは電気のように簡単にはいきません。開栓、閉栓ともに立ち合いが必要になるので、遅くとも1週間前にはガス屋さんに連絡を入れる必要があります。

3~4月など引っ越しの繁忙期になると、ガスの手続きも混みあうことが多いので、できるだけ早めに連絡を入れ、希望の日を伝えましょう。そして立会日が決まったら次はコンロなどガス機器の準備

ガスの開栓の際には、実際に機器につなげる工程が必須となっています。ただガスの元栓を開ければそれでOKなわけではないので、忘れずに前もって準備をしておきましょう。この時プロにつないでもらうと後が楽ちんですし安心できますよ。私は機器だけ準備して後はお任せしました。

また、支払い手続きなどもこの時一緒に行われます。引き落としのための口座や印鑑が必要になるので、こちらも準備をしておきましょう。立ち合い後はすぐにガスが使えるようになりますよ。

水道は手続き後いつ頃開通する?

では次に、人が生きていくうえで必須の水道を見ていきましょう。生きていくうえで必須なものなだけに、開栓の手続きも難しいことはありません。

水道局や市区町村の水道課に、引っ越しの日を伝えるだけ。電話、もしくはインターネットからでも申し込みが可能です。1週間も前に連絡をしておけば、希望の日には水道が開通しています。

ただし、一戸建てなど水道栓が何か所かある場合は、新居についたのち自分で水道栓を開く必要があります。通常、水道のメーターボックスの中に栓があるので、左に回して開栓しましょう。あとは「水道使用開始申込書」に必要事項を記入ののち投かんします。

インターネットは手続き後いつ頃開通する?

では最後にインターネットの開通に関してみていきましょう。ネットの使用頻度は人によって大きく変わってくることと感じますが、毎日スマホだけではなくパソコンを使うから、新居に入ったらすぐ使えるようにしたい。

こんな風に考える方は、できるだけ早めに動いておく必要があります。なぜならインターネトが開通するには、申し込みをしたあと早くても1週間、下手をすれば1か月以上先になってしまうから。

なんでそんなに時間がかかるのかといえば、ネットの開通には工事が必要になることはよく知られていることですね。しかし人員は常時待機しているわけではありませんし、単純に人手不足という理由が。また、ケーブルに空き回線がないため、回線を通じさせるところから作業が必要なんて困った場合も考えられるのです。

上記のことから、新居でネット回線をすぐ使いたいと考えるのならば、遅くとも1か月前には申し込みをする必要があります。申込先は回線事業者かプロパイダーあ、有名なところを上げればフレッツ光などですね。

まとめ

今回はライフラインの開通に関してみてきました。

まず電気
・新居のブレーカーや漏電遮断器を入れればOK

そしてガス
・立ち合いが必要なので、遅くとも1週間前に

次に水道
・電話、インターネットから1週間前に

最後にインターネット
・遅くとも1か月前には動き出しましょう

このようになりました。

簡単な手続きから、入念なリサーチが必要になるものまで幅広い印象を受けますね。しかしどれも毎日の生活の中で欠かせないものばかり。

ようやく引っ越しが終わったのに、ライフラインの開通を忘れていたから、新居での生活が不便に感じる…。なんてことになったら、せっかくの新生活も台無しです。快適な毎日のためにも、あわてる必要こそありませんが余裕を持って動くようにしましょう。