仕事の都合や就職、進学によって引っ越しが決まったのなら、引っ越しを無事に終わらせるために、しなければいけないことがたくさんありますよね。

そのしなければいけないことの中に、「引っ越し業者を決める」ということも。

しかし引っ越し業者と言ってもこちらも、大手から中小企業までたくさんあります。

まず大手から選ぶのか、中小企業から選ぶのかといったところから、すでに決め手がわからなくなってしまいます

そこで今回は大手引っ越し業者と中小企業の違いなど、ご紹介していきます。

大手引越し業者のメリット

まずはCMなどでも目にすることがあるので、名前だけでも知っている方が多いであろう、大手引っ越し業者。

こちらの業者に頼んだ際に考えられる、まずは気になるメリットから見ていきましょう。

大手引っ越し業者と言われても、普段は関わることがない業界でもあるので、思っていたよりもメリットの大きさにびっくりするかもしれませんよ。

引っ越し費用が思ったより高くない

大手引っ越し業者に頼んだ際考えられるメリットの一つ目として、考えていたよりも費用を抑えることができる

という点があげられます。

それこそCMなどをバンバン出している業者の場合、いろいろと見えないところで費用が掛かっているイメージがありませんか?

しかし、実は引っ越し業者の場合、大手だからと言ってむやみに費用が高いわけではないのです。

引っ越し業界は値引きができるということも相まって、思っているよりは安価に済ませることができますよ。

大手だからこそ安心感がある

また、大手の安心感というものもメリットの一つと言えるでしょう。

大手特有の潤沢な資金から、もしもの際の補償なども中小企業に比べれば厚くなっています

思い入れのある家具などを運んでもらう場合など、やはりこの安心感は大きくなります。

社員教育がしっかりしている

これもうれしいメリットとですね。

引っ越しは1日がかりの大変な力作業です。

普段そこまで使わない筋肉を使うことになるので、体も心もくたくたになってしまいます。

そんな時に、引っ越し業者の社員さんの感じが悪い、なんて精神的にもつらいものがあります。

しかし、大手引っ越し業者のように社員教育がしっかりとしていれば、社員さんがしっかりと動いてくれますし、こちらに都度気を使ってもくれます。

大変な引っ越しの1日も笑顔で過ごすことができる、ということは実は何よりも大切なことになるのです。

また、社員教育がしっかり行き届いている業者の場合、引っ越しそのものの質も高い場合が多いです。

重いものの運び方や、養生のコツをしっかりとわかっているので、引っ越しをスムーズに終えられるというメリットもありますよ。

引っ越しの対応エリアが広い

ここはまさしく、大手だからこそのメリットになりますね。

全国展開をしている業者も多いので、大阪から東京などという長距離の引越にも対応してくれやすいです。

中小の場合、そもそも引っ越し先がエリア外になるから、と断られることも多くなってしまうのです。

大手引っ越し業者のデメリット

では反対に大手引っ越し業者に依頼した際に考えられるデメリットとは、どのようなものがあるのでしょうか。

依頼した後からデメリットに気づいてお遅いので、しっかりと把握しておきましょう。

繁忙期が忙しすぎる

大手の一番のデメリットですね。

引っ越し業界にも繁忙期閑散期がありますが、大手の繁忙期の忙しさは目を見張るものがあります。

毎年年度末など、引っ越しの時期は短期アルバイトの募集を見かけたりはしませんか?

人手を一時的にでも増やさなければ対応できない、と言ったところまで忙しくなってしまうので、そもそも依頼を受けてもらえない。

というケースもあるのです。

街の小さい中小引越し業者のメリット

ここからは反対に街中で見かけるような、中小業者のメリットデメリットを見ていきましょう。

中小業者ならではのメリットなどもあるので、大手よりも中小のほうがいい!

と感じる方も多いかもしれません。

やはり気になるメリットの方から、大手と比較してどのような違いがあるのか見ていきましょう。

元々の価格設定が安い

大手も思っていたよりは費用を抑えて引っ越しができる、と上記で紹介しましたが、中小業者の場合、そもそもの価格設定自体が安価に抑えられていることが多くなります。

結果、大手よりも安価に引っ越しを済ませることができる、という大きなメリットが。

ただし、値引きに関しては大手ほど値引き率は引き出せません。

元々の価格設定が低いので、どうしても値引きの額が小さくなるのは仕方のないことでもあるのです。

繁忙期でも申し込みやすい

引っ越しの繁忙期、大手の業者は考えられなくなるほど忙しくなることもあると紹介しました。

この繁忙期の際こそ、中小業者が頼りになるのです。

もちろん繁忙期であることは同じなので、中小業者も年度末などは忙しい季節。

しかし、大手に比べれば比較的に手が空いていることも事実です。

大手のどこに行っても引っ越しを受けてもらえなかった…。

なんて場合も中小業者なら快く引き受けてくれますよ。

担当が変わらないことが多い

大手の場合、訪問見積もりに来てくれる業者さんはほとんどが営業の部署の方。

引っ越し当日に来てくれる作業員さんとは別の人になることが多いので、よくあるトラブルとして訪問見積もりの際にお願いしたことが反映されていない

ということがあります。

しかし、中小業者の場合は訪問見積もりから実際の作業の日まで、ずっと同じ人が対応してくれることもよくあること。

引っ越しというなかなか普段は関係のないイベントなだけに、対応してくれる人がずっと同じ人

ということは考えているよりも心強く感じるものですよ。

中小引っ越し業者のデメリット

では逆に、中小業者のデメリットとはどのようなことが考えられるのでしょうか。

大切な荷物を運ぶことになる引っ越し。

メリットを気にすることと同じくらいデメリットを気にしなければいけません

しっかりと把握するためにも、ここから見ていきましょう。

仕事のレベルに差がある

一言で中小業者と言っても、地域に根差した業者で、礼儀正しい人ばかりで信用できるよ。

と言ったところから評判が悪いといわれるところまで様々です。

大手のように一律のマニュアルや社員教育がないことから、業者によって当たり外れが激しいというデメリットが。

スタッフの対応がずさんであったり、責任者以外は初心者ばかりで梱包に無駄に時間がかかった、なんてことも。

初見で業者のレベルをはかるのは難しいことでもあるので、少し運試しになってしまう面があるところがデメリットになります。

対応エリアが狭い

中小業者であるならばある程度は仕方のないところではあります。

しかし、そもそもエリア外になるので受けることができない

なんて言われてしまえばどうしようもないですよね。

同県内での引っ越し、くらいが限界だったりするので、最初に対応エリアを確認しておくことは大切なことになります。

それぞれの業者はどういう人に向いているのか?

ここまで大手業者、中小業者のそれぞれのメリットやデメリットをご紹介してきました。

どんなことでもメリットとデメリットが混在するのは、当たり前と言えば当たり前ですよね。

それぞれのメリットデメリットを加味して、どのような人、引っ越しに向いているのかといったところを見ていきましょう。

大手引っ越し業者の場合

大手の引っ越し業者に向いている人、というのは丁寧な対応やサービスを望む方です。

大手業者のメリットの項でも紹介しましたが、やはり大手のマニュアルや社員教育は徹底しています。

荷物に対する心構えから、依頼人に対する対応まで。

一定のレベルを保つには、大手が今までこなしてきた膨大な数の経験が一番ものをいうのではないでしょうか。

特に大切にしている家具や荷物がある、または楽器などの繊細な荷物がある場合は、大手の引っ越し業者を使うのが無難になります。

また、大手の安心感は女性の引越にもお勧めですよ。

中小引っ越し業者の場合

ここからは中小業者がおすすめになるのは、どういった人なのかを見ていきましょう。

まずは何より、とにかく安価に済ませたいと考えている人に向いていますね。

上記でも紹介してきたように、大手でも費用を抑えて引っ越しをすることはできます。

しかし、そもそもの価格設定が低くなっている中小業者の方が安いのは当たり前ですよね。

いきなりの引越でそこまでたくわえがない、なんて場合、中小業者の価格はありがたいものになります。

また、ここで費用の安さを取るのなら、荷物の中に繊細な扱いを必要としているものはない、という前提にしておく必要がありますね。

まとめ

今回は大手引っ越し業者と、街中の中小引っ越し業者の違い。

それぞれのメリットデメリットなどを見てきました。

大手引っ越し業者のメリット
・思っていたほど費用が掛からない
・安心感がある
・社員教育が行き届いている
・引っ越しの対おいエリアが広い

大手引っ越し業者のデメリット
・繁忙期が忙しすぎる

中小業者のメリット
・元々の価格設定が安価
・繁忙期でも比較的に申し込みやすい
・対応してくれる人が変わらないことが多い

中小業者のデメリット
・仕事のレベルに差がある場合が
・対応エリアが狭い

それぞれの業者にどのような人が向いているのか
・大手は「丁寧なサービス、対応を望む方」または「女性」
・中小業者は「とにかく安価に済ませたい方」

普段の生活の中では関係ないことから、あまり気にしたことがないという方も多いであろう引っ越し業者の違い。

引っ越し業者に限らず、何か選ぶ際には大手と中小とどちらがいいのか?

と悩むこともありますよね。

それぞれの持ち味がありますが、記事内でおすすめしたように金額で選ぶのならば中小企業をお勧めします。