なにかと大変な作業や手続きが多い引っ越しなので、できれば業者を使って少しでも余裕を持った引っ越しを…。

と考える方も多くなっています。

また、遠方への引っ越しの場合、家族だけでなんてそもそも無理がある場合もありますよね。

では効率よく、また気分良く引っ越すためにはどのような業者を選べばいいのでしょうか。

会社や人によるとはいっても、ある程度の指針が欲しいところです。

今回は、引っ越し業者を選ぶ際の注意点、こんな態度が見られたら要注意!

そんな引っ越し業者を選ぶ際のポイントを解説していきます。

具体的な引越し費用を今すぐ知る方法

一番安い引越し業者をSUUMOが選んでくれる!
  • 電話番号を入力しなくていい!!
  • だから迷惑電話の心配なし
  • さらに金額がその場ですぐわかる
  • 最大30社を一括見積もりできる
  • SUUMO限定特典がうれしい

SUUMOで引越し費用を調べる4つの手順
  • 1.公式ページを開く
  • 2.「見積もりスタート」ボタンを押す
  • 3.必要事項を入力する
  • 4.その場ですぐ金額が表示される

こんな引越し業者には依頼しちゃダメ!と断言できる特徴

まずはわかりやすく候補から外すために、ろくなことにならないであろう引っ越し業者にありがちな特徴を見ていきましょう。

一見してこれはだめだ!

とわかるものから、そんなところを見るんだ!

目からうろこな特徴もあるかもしれませんよ。

見積もりにお金がかかる

言語道断です

引っ越し業者というと、有名なところから地域に根ざした業者まで多くありますが、実は引っ越し業は許認可事業です。

関係官庁からの許可を受けて初めて引っ越し業者だと名乗れるのですね。

この認可を受けている業者の場合、官庁から定められている決まりとして「見積もりは無料であること」という一文があります。

なので、電話などで見積もりを頼もうとした時に「見積もり料は○○円です」の一言があったら、その時点でその業者を使うのは選択肢から外してください。

契約手付金などの前払い(仮払)金の請求

今でも引っ越し業者と契約だけして、家や荷物はほうったまま逃げられる。

料金を払ってもらえないなどのトラブルがあるので、業者からすれば自衛のためにしていることになります。

しかし自信を持って優良といえる業者からは、まずこのような料金は請求されません。

業者の気持ちもわかりますが、このようなお金の請求があった場合、優良業者とは言えなくなってしまうのです。

見積もり時に「標準引越運送約款」を提示してくれない

標準引越運送約款」といわれても何それ?

となってしまいますよね。

上記までで紹介してきた官庁からのお達しを守っていますよと示すため、また、契約した際の補償のことなどが書かれている書類です。

これは国土交通省から発行されており、各引っ越し業者が見積もりの時点で提示することを義務付けられているのです。

この約款には

  • 契約金などの内払いがいらないこと
  • 見積もりに料金がかからないこと
  • キャンセルに関して(キャンセル料金発生の有無)
  • 荷物や運搬時の部屋の損傷などに対する補償

等に関して書かれています。

トラブルになりやすいことを、事前にきちんと書面化しているということなので、こちらの約款を見せてくれない業者は避けたほうが無難ですね。

引っ越し会社の社員の態度に注意

会社全体ではクリーンな運営を行っていても、大手であればあるほど末端まで目が行き届いていない場合もあります。

ちょっとした質問や見積もりをしてもらおうと電話をしてみたら、対応が雑だった。

態度が悪かった場合は、その営業所に頼むのは控えたほうがいいかもしれません。

窓口の対応が悪いと、なぜか実際に作業をする作業員も、態度が悪いことが往々にしてあります。

口コミなどがよかったとしても即決は避けてください。

無料プレゼントにも注意

無料見積もりを行ってもらった時、サービスの一環としてダンボールやガムテープをくれる場合があります。

契約にいたってもらうための純粋なサービスの場合もありますが、受け取ったんだからうちと契約するよね

などと迫ってくる業者も中にはいます。

また、無料でプレゼントなんていわれると、その後契約しないのはなんだか悪い。

なんて罪悪感を抱いてしまう方もいますよね。

しかしこの罪悪感こそが狙いである場合もあるのです。

冷静な判断を要求される引っ越しなので、契約に至る前の無料サービスなどは断固として断る勇気が大切です。

ナンバープレートでも判断可能

街中を歩いていたり、運転をしていて対向車とすれ違う時など、さまざまな色のナンバープレートを見ますよね。

ナンバープレートの色は、その車がどういった目的で、どのような人が運転できるものなのかを一目でわかるようにしてくれているものです。

その中でも、引っ越し業者が運転するトラックのナンバープレートの色は「緑」もしくは「黒」の2色が原則となっています。

  • 緑のナンバープレートは、一般貨物自動車運送事業の許可を持ったトラックだという証拠。
  • 黒のナンバープレートは、貨物軽自動車運送事業の許可を持った軽トラックだという証拠になります。

これら以外のナンバープレートの車しかない事業所の場合、許認可を受けていない業者である可能性が高くなります

業者の方と実際に話す前に確認することができる部分なので、先に見ておくのもお勧めですよ。

それらを踏まえた上で、どのような引越し業者を選べばいいのか?

ここまで選んではいけない業者の特徴を見てきました。

では逆にどのような業者ならば、安心して引っ越しを任せることができるのでしょうか?

一括見積もりサイトの有用性など、業者を選ぶポイントなど見ていきましょう。

自分の中の優先順位を決める

まずは自分の中での引っ越しに関する優先順位を決める必要があります。

とにかく費用を抑えたいのか、間違っても荷物に傷をつけたくないのか、費用がかかってもいいから何もしたくないのか。

これらの優先順位を決めていないと、業者を選ぶにしても何をポイントにすれば良いかわからなくなってしまいます。

誰かにとって良い業者であっても、自分にとっては料金がかかりすぎて、あまり良くなかった、なんてこともありますよね。

まずは譲れない一つを決めておいてください。

見積もり中のメモを見る

費用も抑えたいけれど、きちんとした有能な業者にお願いしたい。

こう考える場合は実際に見積もりをしてもらった時の、業者の態度や見積書をしっかりと見ておいてください。

見積もり中はやはり実際に契約してもらいたいものなので、業者の方は盛んに営業をかけてきます。

この際にありがちなのが、営業は細かいところまで気がついてくれて、当日家族が楽になるような案を出してくれた。

しかし、実際の引っ越しでは「作業指示書に書かれていないからそんな細かいところまで対応できない」と言われてしまうこと。

このように、見積もりの時は提案してくれたのに…。

なんて考えても口約束では実際に行ってもらえるのかわかりません。

しかし実はこの見積もりの時に渡される見積書というものは、3枚重ねになっていて、業者側の控え、作業指示書、客側の控えとして各々渡されます。

なので、見積もりの際に言ったことを見積書にメモ書きしてくれているか

というところをしっかりと見極めておくことが大切です。

こんなサービスもできるのでやってしまいましょう、と言ったことをそのまま見積書に書いてくれるようなら、信頼できる業者だと考えることができます。

横から覗き込んでも嫌な顔はされないので、安心してくださいね。

一括見積もりの賢い使い方

引っ越しというとただでさえ忙しいので、業者を決めるためにそこまで時間をかけたくないものです。

そこで便利なのが、一括見積もりサイトの利用!

しかし、この一括見積もりサイト。

どのような基準で業者を選んでいるのか、信頼できる業者なのかと不安も出てきますよね。

実際、一括見積もりをしても、引っ越しの場合は最終的に訪問見積もりをする必要がある場合がほとんどです。

なので、一括見積もりサイトを使おうと考えるのならば、まず一括見積もり自体の比較サイトがあるのでそちらを活用してみてください。

特に女性の一人暮らしからの引っ越しの場合、相手が怖い人だったらどうしよう、なんて不安もあると考えます。

2段階の方法で安心できる業者を探しましょう。

一括見積もりで優良業者を見つける

一括見積もりで業者を決めようと考える場合、申し込みをするといっせいに多くの業者から電話やメールが来ます。

この一括見積もりサイトの業者の選定基準は、サイトによって変わってくるので一概には言えませんが、やはりあまりおすすめできない業者も混じっています。

なので実際に見積もりを頼む前、連絡が来た時点でふるい落としてい久野が一番です。

実際に間取りを見る必要があるとはいえ、優良業者の場合、概算見積もりなどを記載してくれます。

この最初の連絡の際に、見積もりに触れずに連絡だけを取ろうとしている業者は、リストから外すことができます。

実際に話す前にどのような対応をしてくる業者なのか、ということがわかるので無駄な時間や不快な思いを回避することができますね。

一括見積もりでも相見積もりを

一括見積もりをしても訪問してもらう必要があると紹介しましたが、こればかりは荷物や間取りの実際の形を見る必要があるので、ある程度仕方の無いことです。

ネット上だけで終わらせることはできませんが、一括見積もりを使うと業者間の相見積もりをすることが容易になります。

相見積もりとは「A社の見積もりはこのくらいだったけれどB者はどのくらいになりますか?」など他の業者の価格を引き合いに出して交渉すること。

費用を下げたり対応を見ることができるので、積極的に活用して優良な業者を探してください。

まとめ

今回は引っ越し業者の選び方など見てきました。

まず注意すべき業者の見極めポイント
・見積もりにお金がかかる
・前払い金などが発生する
・標準引越運送約款を見せてくれない
・社員の態度が悪い
・無料プレゼントはもらわないほうが無難
・トラックのナンバープレートが緑(or黒)か?

そして安心できる業者の選び方のポイント
・優先順位を決める
・見積書の書き込み具合
・一括見積もりサイトの比較サイトを見る
・最初の連絡の仕方
・相見積もりでよりお得に

上記のようになります。

ただでさえ忙しく費用もかかる引っ越しなので、業者に頼んだことによって不利益をこうむるなんてごめんですよね。

怖くなるような面ばかり紹介してしまいましたが、実際は優秀な業者に頼むことができれば、わずらわしいはずの引っ越しも、とてもスムーズに終えることができます。

事実、私が引越をしたときは、3人暮らしでも搬出、搬入、荷解きまで半日で終わらせてくれました。

せっかくプロに頼むのですから、より快適に余裕を持った引っ越しができるよう、業者選びも慎重に行ってくださいね。