サカイ引越しセンターと聞くと、「勉強しまっせ引越しの〜サカイ♪」というテレビCMがパッと思い出されます。まさに「引越しといえばサカイ」という強烈なインパクトを残しました。(あのCMは現在も放映されているのでしょうか…?)

「勉強する=値引きする」という関西用語を知ったのもあのCMからでした。つまりサカイ引越しセンターは「安さ」が一番のアピールポイントなのでしょうか?もしくは他にも強みはあるのでしょうか?

公式の情報からピックアップした企業のおすすめポイントといまいちポイント、そして利用者の口コミなどをまとめてご紹介します。

1. サカイ引越しセンターのおすすめポイント

1-1. 引越し業界売上高ナンバーワン!

平成26年3月期に売上高が業界1位となり、以後3年連続その座をキープしています。また、実際の引越し事例である「作業件数」も平成23年3月期以降、6年間もダントツの1位を誇っています。

社員数や支社数も大幅に増え、これからもますます発展していきそうな勢いがあります。

1-2. 多種多様な自社車両

自社所有の車両は3636両。全国を駆け巡ります。

長距離用10tクラスの大型トラックから狭い道に対応した軽四貨物まで、安心いただけるサービスをお届けするために全車自社保有と、自社採用のサービススタッフの自社便システムを採用しております。(ご希望により大手路線便との連携可能です。)

ここで特筆すべきなのが、スカイポーターやスカイデッキを所有しているということです!こちらの車両は、7〜8階まで荷物の搬出入が可能な高所作業車です。

出入り口や通路の広さによっては搬出入ができない建物でも、この車両があることによって窓やバルコニーからの搬出入が可能になります。ほとんどの引越し業者が所有している高所作業車では2〜3階までが限界なので、サカイは高層階の引越しにも心強い味方となってくれそうです。

1-3. 「まごころこめておつきあい」

サカイ引越センターは、「まごころこめておつきあい」をモットーに、引越一筋。
自社保有のトラックと自社採用のサービススタッフにより、北は北海道から南は沖縄まで、日本全国にて高品質なサービスをお届けしております。
「安心」「丁寧」「親切」「迅速」を目指して、車両の充実配備をはじめ各種専門技術の開拓、さらに人材教育などに積極的に取り組み、独自のノウハウを開発しています。
真にプロフェッショナルであること。それがサカイのまごころです。

サカイ引越しセンターは、人材教育にも力を入れています。

困難な引越し環境を再現した一軒家の「研修棟」にて荷物の搬出入など引越し技術の研修トラックの安全運転研修や車両点検講習などが主な内容だそうです。安全運転の研修は、

自動車教習所さながら、2000坪の実習コース。

で行われるのだとか。さすが売上高No.1の引越し業者。スケールが大きいです!

また、依頼者にとって安心で快適な引越しを提供できるようにと、接客態度や建物の養生にも徹底した配慮をしているとのこと。その企業品質は「国際品質規格ISO9001」と、「国際環境規格ISO14001」のダブル取得によって裏付けされています。これは業界初だそうです。

 

2. サカイ引越しセンターのいまいちポイント

2-1. 営業マンの評判がとにかく悪い

利用者の方の感想を見てみると、「営業の人の態度が最悪」という意見がやたら目立ちます。たとえば、

 

  • 訪問見積もりで荷物の量から見積もりを出す前に高額な引越し料金を提示してきた
  • 引越し料金について、実際の荷物の量から見積もりするというよりも「あなたはいくら支払えるのか」といった類の質問ばかりされた
  • 一番最初の提示額より半額以上も値下げをされて、最初の見積もり額に不信感を覚えた(30万円から16万円への値引きなど)
  • 「依頼されたから訪問見積もりに来てやった」「安い引越しは受けない」というような ”上から目線”
  • 見積もりが適当(当日になってトラックに積み込めない荷物量だった、配車が無謀なスケジュールで結局来なかった、など)

 

…などなど、思わず目を疑ってしまうような感想が寄せられていました。サカイ引越しセンターのキャッチフレーズである「まごころこめておつきあい」に対して大きな違和感を感じます。

たしかに営業マンの悪評は高いですが、現場の作業員については良い意見もたくさん見られます。もちろん好感のもてる営業マンもいないわけではないでしょう。

「当たった人がたまたま悪かった」と捉えるべきでしょうか。

 

3. サカイ引越しセンターの評価が高い口コミ評判まとめ

正直、料金以上に働いてもらえたと思います。引越し準備もままならない状態で、当日までダンボール開けっ放しという迷惑な客でしたが、嫌な顔一つせず作業してくれました。

(引用元:https://minhyo.jp/sakai-hikkoshi/

 

テキパキと動いてしっかり教育されてる感じがする

(引用元:http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000279968/

 

仕事が丁寧で担当者も誠実で良かったです。アルバイトさんだと思われましたが、教育体制がしっかりしているなと感じました。

(引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1287928247

 

引越し当日も、みんな元気で友好的、しかもすべてにおいて、丁寧で速かったですね。
あと、無償で一箇所気になるところをサービスでやってくれるというものがありました。
わたしは、電気関連の配線をしてもらいました。
お値段的には、融通を利かせてくれたので、サカイさんが良かったです。
どちらもたいした金額の差はありませんでしたが、私のおすすめはサカイ引越センターです。

(引用元:https://oshiete.goo.ne.jp/qa/6263805.html

 

丁寧に運んでくれて、傷なのは一切付けず、これぞプロの仕事という内容で、非常に満足しました。また、荷物は非常に多く、大型のものも多かったりしましたが、時間は非常に短く、スムーズに終わりました。このほか、貸倉庫からの搬送もありましたが、テキパキと対応してくれました。

(引用元:http://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/vender/00000000001/

 

さすが人材教育をアピールしているだけあって、企業モットーである「安心」「丁寧」「親切」「迅速」の精神が社員にも浸透しているようです。また社員だけでなくアルバイトと思われる作業員もきちんとしていたというのはさらに安心ですね。

実際の引越しで良い印象を受けた方々からは、「またぜひ利用したい」という声も見られます。

 

 

4. サカイ引越しセンターの評価が低い口コミ評判まとめ

来年から社会人になり、引越しするので見積り頼みました。一通り部屋を見せたのに、前回の引越しはいくらだった?いくらまで出せる?親の職業は?とかしつこく聞いてきて全然具体的な金額を出してくれない。何のために部屋見せたの?って気分でした。やっと電卓叩き出したら、長距離とはいえ単身の引越しで30万wそっから交渉して16万までいったけど、だったら最初の30万は何だったの?とバカらしくなったし不信感が増して、検討しますと言って帰ってもらいました。

(引用元:https://minhyo.jp/sakai-hikkoshi/

引っ越し当日はスタッフが3人は来ると説明を受けていましたが、実際当日はたった2人しか来ず。作業時間も運び出しだけで約6時間かかり、本来の倍の時間がかかったせいでこちらの予定も大幅に遅れ大迷惑。でも、スタッフは必死で頑張ってくれたと評価していたのですが、翌日の運び入れで家具が破損していることが判明(運び出しの際に一緒に傷がないか確認していたものです)。明らかに落としたような傷でした。こちらは弁償してもらいましたが、代替品が届くまで不便でした。また、エアコンの取り付けと設置代として最初に2万円払っているにも関わらず、当日になって、新しい部屋に取り付けるのに追加で2万円と(標準取り付けです)言われました。
今回の引っ越しは、何から何まで最悪でした。今までこんな最低な引っ越しを経験したことはありません。大手の引っ越し会社だから金額が高い分それなりに良いのだろうと思っていたら心底ガッカリでした。もう二度と利用したくありません。

(引用元:http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000279968/#tab

若手の男性営業マンさんが家具家電を見て電卓を打ち金額を出してくれました。非常に高いです。値切り交渉も受けてくれたのですが、いちいち「確認します」と気だるそうに目の前で電話をする。
一番驚いたのが、「上と確認しますので、ちょっと席を外します」と家を出、10分程した後戻ってくると、ものすごーいタバコの匂い…。印象は最悪です。
別会社さんにお願いすることにしました。

(引用元:http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000279968/#tab

 

口コミを見ていると、現場作業員の印象は良いものが目立ちますが、営業の方の良い口コミはあまり見受けられませんでした…。また、見積もり依頼をするとすぐに電話がかかってきてスピーディで良いものの、契約までに「強引さを感じる」、「不快感を感じた」という意見も多数ありました。

もしかするとサカイ引越しセンターのアピールしている社員教育は、営業マンには充分に行き届いていないのかもしれません。

 

5. こんな人におすすめしたい!

5-1. こんな人にはおすすめできる

第一に挙げられるポイントとして、窓やバルコニーからの搬出入を可能にする特殊な高所作業車を自社所有しているということがあります。建物の前に充分な道路幅がある必要がありますが、多くの引越し業者では地上2〜3階までが限度であるところを地上7〜8階まで対応してくれるというのはかなりの強みであるでしょう。

また、他社では請け負ってくれないような繁忙期の引越しも相談にのってくれるようです。見積もり依頼をしてからの対応の早さはダントツのようです。依頼後数分で訪問見積もりの段取りのための電話がかかってくるというスピーディさは、急いでいる人には有り難いのではないでしょうか。よって、

  • 旧居または新居が地上3〜8階で、かつ通常の出入り口から搬出入できない大きな家具があるという人
  • 急な引越しで充分な準備期間がない人
  • 繁忙期(3〜4月)にしか引越しができない人

にはおすすめです!

5-2. こんな人にはおすすめできない

口コミを見ていると、「営業マンから不快な思いをさせられた」という意見が本当に多くありました。しかしその一方で、「大満足だった!」という利用者もいます。その差は何なのでしょうか?

見たところ、引越しの移動距離が近かったり、荷物が少なかったりといったような「引越し料金が安い」案件については営業マンも横柄な姿勢で臨んでいるような印象を受けます。

また、交渉が苦手な人はもしかしたら強引な営業に圧倒されて契約せざるを得なくなってしまう可能性もあります。

そのようなことは本来はあるべきでないと感じますが、現にそういう体制があるということは事実。それを踏まえて、あえて嫌な思いをすることはありません。よって、このような人にはサカイ引越しセンターをおすすめできません。

  • 近距離の引越しをする人
  • 学生さんや新社会人など、荷物が少なく充分な資金もない
  • 交渉することや押しの強さに対抗するのが苦手な人

 

6. まとめ

実際にサカイ引越しセンターを利用した人の口コミからは、「とても良かった」というものと「もう二度と利用したくない」という真逆の結果が見られました。

一体どっちが本当なの!?と思ってしまいますが、どちらも本当で、どちらの結果を得られるかというリスクがあることは否めません。

なんといっても ”作業件数No.1” ですから、件数が多い分、「当たりハズレ」も多いのかもしれません。

しかし現場作業員への評判はそこまで悪いものはなく、他業者ともあまり変わりません。問題はやはり営業マンであると思いますので、利用を迷っているという方はまず営業マンや最初に接する電話窓口の人と接してみて判断するのも良いのではないかと思います。