引越する時、必ず必要になってくるものといえばダンボール箱です。

いまではどこの引越業者でも当たり前に無料で荷造り用のダンボールを貰え、回収もしてもらえるようになっています。

ですが、中には有料で対応するところもあるので、ダンボールといえど引越の際は注意が必要になってきます。

ここでは大手引越業者である、サカイ引越センターに引越を依頼した場合のダンボールの貰い方や回収等について紹介していきます。

ダンボールまでお金をかけたくない、少しでも引越にかかる手間を省きたい方は参考にしてみてください。

具体的な引越し費用を今すぐ知る方法

一番安い引越し業者をSUUMOが選んでくれる!
  • 電話番号を入力しなくていい!!
  • だから迷惑電話の心配なし
  • さらに金額がその場ですぐわかる
  • 最大30社を一括見積もりできる
  • SUUMO限定特典がうれしい

SUUMOで引越し費用を調べる4つの手順
  • 1.公式ページを開く
  • 2.「見積もりスタート」ボタンを押す
  • 3.必要事項を入力する
  • 4.その場ですぐ金額が表示される

サカイ引越センターではダンボールは無料でもらえるか?足りなかったらどうすればいい?

大手引越業者では大半が引越契約時に無料でダンボールを提供してくれます。

では、サカイ引越センターでのダンボールの扱いはどのようになっているのかここから確認していきます。

1-サカイ引越センターのダンボールについて

サカイ引越センターでは他の大手引越業者同様、引越の契約完了時にダンボールを無料で貰うことができます。

ただし、大小2種類のダンボールを合わせて最大50枚までが無料となります。

貰える大小のダンボールサイズは以下の通りです。

貰えるダンボールのサイズ
・大きいダンボール(縦30cm 横46cm 奥行33cm)
・小さいダンボール(縦33cm 横35cm 奥行32cm)
それ以上必要な場合は、中古ダンボールといって引越業者のマークが入っていない、少し使い古したダンボールを無料で貰うこともできます。

使い古したといっても、ちゃんとものを詰めて運べるくらいはきれいなので、通常貰えるダンボールと変わりはほとんどありません。

1-それでもダンボールが足りなかったら

意外とダンボールを無料で貰うことができる場所はあるので、まずは以下の場所でダンボールが無料で貰えるかどうか確認してみてください。

・スーパー
・コンビニ
・ドラッグストア
・家電量販店
スーパーでダンボールが貰えることは多くの方がご存じかと思いますが、引越用に使えるダンボールはそこまで多くありません。

コンビニに至っては、お店の規模が大きくない所ではダンボールがないなんてこともあります。

そこで上記4つのお店の中でオススメなのがドラッグストアと家電量販店です。

ドラッグストアでは、トイレットペーパーやおむつなどのダンボールが大量に出るため、比較的大きく強度の強いダンボールが多く置いてあることがあります。

家電量販店でも、プリンターや電子レンジなどのダンボールとなれば荷造りに最適です。

ダンボールがどうしても足りないという方は、まずは今回紹介したお店が近くにあるかどうか、そして引越に使えそうなダンボールが置いてあるのか確認してみてください。

引越しを終えた後のダンボールは無料で回収してくれるか?

引越が終わった後に待ち構えているのが、後半戦の後片付けになります。

ダンボールも運ぶものが多ければ多いほど後で残ってしまいますが、サカイ引越センターではダンボール回収までやってくれます。

2-ダンボール回収は無料?有料?

サカイ引越センターでは、ダンボール回収は有料になります。

ですが引越が終わりダンボールが不要になったら、営業所に電話を一本入れるだけで自宅まで駆けつけてきてくれます。

料金は1回につき税込みで1080円です。

また3/15から4/15の期間は引越の多い時期となり、ダンボールの回収は行っていません。

ダンボールは一人暮らしの引越でも結構な数が残るので、後片付けで少しでも楽をしたいならこの金額ならば十分に安いですね。

2-有料が嫌なら

引越先の地域によって、ダンボール回収の日があるはずなのでその時にまとめて出してください。

その代り回収日が来るまでは、家の中がダンボールであふれた状態になってしまう場合もあるので、お金を払って楽をするか、タダで頑張るかよく考える必要があります。

より確実にダンボールを無料でもらい、無料で回収してもらうための交渉方法

先ほどサカイ引越センターのダンボール回収は有料と話しましたが、実は無料で貰って無料で回収してもらえる場合もあります。

では、どのようにすれば無料になる場合があるのかをご紹介していきます。

3-交渉してみましょう

サカイ引越しセンターは、業界売上No1のプライドにかけて料金をさげてくれる傾向にあります。

ここを狙って、まずは他社さんに訪問見積もりをしてもらい、最後にサカイ引越センターに見積もりをお願いします。

このサカイ引越センターに一番最後に見積もりしてもらうということが重要になります。

あとはサカイ引越センターの見積もり時に他社との比較をし、「他社さんはもう少し安かった」「これは無料でやってくれた」等で契約を渋り、「ダンボールや包装用紙などが足りないかも・・」と発言すればOKです。

意外にもこれだけでダンボールを無料で貰え、回収もしてくれてしまう場合が多いです。

サカイ引越センターからしたら他社に負けることが一番嫌なことなので、そこをうまく考えて交渉することで、ダンボールくらいであればすぐに無料にしてもらえますよ。

3-より確実にダンボールを無料にするためには?

とにかく引越屋さん自体が暇な日にちや時間にお願いするのがおすすめです。

以下に引越屋さんが比較的安くしてくれる日時をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • 3月中旬から4月上旬、8月下旬、12月下旬の繁忙期以外
  • 平日の火曜日、水曜日、木曜日に引越
  • 日にちはサカイ引越センターに任せてしまう
  • 時間不定の午後便やフリー便を使う
上記の日時を狙えればすぐに引っ越し費用を安くしてくれるので、ダンボールを無料にできる確率も上がります。

まとめ

たかがダンボール、されどダンボール。

引越費用全体で見てしまうと1080円というのは小さく見えてしまいがちですが、ちりも積もれば山となります。

ダンボールの費用だけでも安く済ませたいのであれば、ただサカイ引越センターを呼びつけて引越を丸投げするのではなく、それなりの行動を起こしお互いが納得のいく契約をする必要があるのです。