仕事の都合で単身赴任をしなくてはいけなくなった。

春から進学のために夢の一人暮らしをする!

・・・など、引っ越しには様々な理由があります。

そして一番の心配事は引っ越しには大きな費用が掛かるということがあげられます。

今回は引っ越しの費用の中でも、一人暮らしや単身赴任など、単一での引っ越しの費用の相場を見ていきす。

同市内の引越し料金の相場

まずはそこまで距離を必要としない、同市内での引っ越し費用の相場を見ていきましょう。

調べてみたところ、基本的に高くても5万円程度となり、安い場合は1万円ぽっきりで引っ越しを済ませることも可能です。

相場としては3万5千円程度となります。

距離が長くないこと、また、単身引越なので荷物が少ないことから、あまり費用が掛からないといった印象を受けました。

最高額で5万5千円となっていましたが、この方の場合は高層階から高層階への引越。

しかもエレベーターなしという条件だったので、この費用でも破格の低価格になります。

単身、市内での引っ越しは費用面ではあまり心配をする必要はありません。

同じ都道府県内の引越し料金の相場

次は少し距離が遠くなる、同都道府県内での引っ越し費用の相場を見ていきましょう。

こちらは同市内よりも、少し費用が掛かることになります。

しかし、単身でに引っ越しで荷物が少ないということは、やはりプラスに働くので高くても6万5千円程度。

相場としては4万円から5万円程度となります。

安価に済ませることができた場合は、1万5千円から2万円程度で引っ越しを済ませることもできます。

高くなる理由としては、繁忙期での引越であったこと、また単身と言えども荷物の量が多かった場合などになりますね。

単身赴任で身の回りのものだけしか持って行かなかった、という場合には、同市内の引越とさほど変わらない料金で済ませることができますよ。

地方圏内の引越し料金の相場

少しずつ距離を伸ばしていきましょう。

次は地方圏内での引っ越し料金の相場になります。

こちらは地方圏内と言っても距離の長短が激しくなるので、費用の幅も大きくなります。

特に県の端から別の県の端まで、と言った引っ越しの場合は10万円を超えるのも当たり前になります。

しかし相場としては6万円程度になるので、地方圏内の引っ越しの場合、少し余裕を見て10万円程度になる。

と考えておけば大丈夫です。

また、地方圏内のようにそれなりの距離がある引っ越しは、繁忙期と閑散期でも費用に大きな幅が出てきます

できるだけ安価に済ませようと考えるのならば、繁忙期は外すのが賢明になります。

長距離の引越し料金の相場

お次は大阪から東京など、長距離の引っ越し料金の相場を見ていきましょう。

ただ、長距離と言っても、場合によっては地方圏内での引っ越しとあまり距離が変わらない場合も出てきます。

地方圏内だったはずなのに、長距離引越しの相場と同じくらいの費用になったということもあるので、あくまでも目安として参考にしてください。

基本的に距離と荷物量、繁忙期か閑散期かによって引っ越し料金は大きく変わってきます。

なので、長距離と言えども小技を駆使すれば、3万5千円程度の費用で終わらせることもができます。

大まかな相場としては5万から7万円程度

最高額でも12万円となり、やはり単身での引越は比較的に安価に済ませることができます。

海外への引越し料金の相場

最後は大きく距離を取って、海外への引越費用の相場

ここはさすがに単身と言えども費用が高くつくことになります。

ここから詳しく見ていきましょう。

海外への引越の場合、引っ越しそのもの以外にも料金がかかってくることになります。

自身の荷物を運ぶだけと言っても、そこに「輸出料金」がかかってくることになるんですね。

なので、基本的に業者を選ぶ際には、海外引越へのノウハウを持っているか。

といった点を重視して選んでください。

また、上記でも紹介したように、引っ越し料金は距離、荷物量、繁忙期か閑散期かといったところから算出されます。

このことから、一言で海外と言っても、アジア圏かヨーロッパか、はたまたアメリカなのかで料金が大きく変わってくることになります。

ひとまず、ここでは比較的に安価に済ませられる、韓国中国などのアジア圏への相場を見ていきましょう。

アジア圏なので船便を使ったと仮定したうえで、基本は15万円から20万円程度になります。

海外への引越の場合、どうしても削ることができない費用が発生します。

それが上記でも紹介した「輸出通関料」「輸入通関料」

この2つは国によって費用が変わってくるので、引っ越し費用とは別に費用がいるということも覚えておいてくださいね。

引越し費用を高く吊り上げてしまう家具や家電

単身での引越は考えていたよりも安価に済ませることができる、とわかって驚いた方も多いはず。

しかし、できることならまだ安価に抑えたい、と考えるものです。

ここからは、引っ越し費用を高くしてしまいがちな家具や家電には、どのようなものがあるのか?

といった点から見ていきましょう。

洗濯機や冷蔵庫など白物家電

生活に必須な家電ではありますが、引っ越しをする際には費用を吊り上げる筆頭のものということができます。

大きさもさることながら、重さもあるのでどうしてもトラックの容量を大きくしたり、人手を増やす必要が出てくるのです。

このトラックの容量を増やす、人手がいるという点が引っ越し費用が高くなる一番の原因になります。

もちろん生活に必須なものであるだけに、簡単に捨てるというわけにはいきません。

しかし、古くなってきているからそろそろ買い替え時だな、と感じるのならば引っ越しを機会に買い替えるのはとても賢いやり方です。

また、海外への引越の場合、日本製の家電ではそもそも規格が合わないといったケースもあります。

長距離になればなるほど費用が高くなるので、運ぶ費用と新しく買い替える費用を比較検討してみることをお勧めします。

タンスなど大型家具

こちらも生活の中で必要なものになりますが、やはり大きなものは引っ越し費用を高くする原因になってしまいます。

もちろん思い入れがある家具などを無理に捨てる必要はありません。

しかし、引っ越し先には大きなクローゼットがある。

または特別に思い入れがあるわけではないけれどずっと使っている、と言った家具の場合は、引っ越し先で新たに購入したほうが引っ越し費用を安価に抑えられるケースが多いです。

また、引っ越し先に合わせて家具を新調することができれば、収納や部屋内の動線をよくすることにもつながります。

引越し費用が一番安い業者に依頼する方法

さて、ここまで単身での引っ越し費用の相場など紹介してきました。

考えていたよりも安価に済ませることができる、と気づいてもらえたことと感じます。

しかし、基本的に安価ではあっても、思いがけず高くなる場合もあるのが引っ越しの怖いところ。

この差が何かといわれれば、荷物の量などももちろんありますが、業者による差であることも事実

引っ越し費用を一番安くするためには、提示額が安価な業者を探すことも大切なことです。

そこでおすすめになるのが「引越し一括見積もりサイト」を使うこと。

保険の一括見積もりサイトが有名ですが、引っ越しにも一括見積もりができるサイトがあります。

こちらを使えば、自分がしようと考えている引っ越しの大まかな相場、そして複数の引っ越し業者の見積もりを一度に見ることができます。

とにかく一番安い業者に頼みたい!

と考えているのなら、とっても便利です。

1件1件頼まなくてもいいというメリットもあるので、引っ越し業者をどこに依頼するか悩んでいるのなら、絶対に使ってみることをお勧めします。

まとめ

今回は一人暮らしや単身赴任など、単身での引っ越し料金の相場を見てきました。

単身でに引っ越し、同市内の相場
・3万5千程度
・安価に済ませれば1万円ぽっきりも

同都道府県内での引っ越しの相場
・4万から5万円程度

地方圏内の引っ越し費用の相場
・6万円ほど

長距離での引っ越し費用の相場
・5万円から7万円程度

海外への単身での引っ越し費用の相場
・アジア圏で15万~20万円程度

引っ越し費用を高くしてしまう家具や家電

  • いわゆる白物家電
  • タンスなど大型家具
  • 買い替える費用と運ぶ費用を比較検討してみて

一番費用が掛からない業者を見つける
・一括見積もりサイトを活用

進学や就職、または仕事の関係で単身で引っ越しをしなければいけない場合、楽しみである反面強い不安感もあるもの。

特に家族と離れなければいけない、単身赴任は様々な面から不安や心配をしてしまうものです。

その上に金銭的な不安までのしかかってくれば、頭を抱えてしまうことになります。

しかし、単身であるからこそ、引っ越し費用は比較的に安価に済ませることができます

できるだけ安価に済ませることができれば、これからの生活に回すことや、家族の元へ帰る資金に回すこともできます。

極力荷物を少なくしてみたり、一括見積もりサイトを使うなどして、賢く引っ越しを済ませてくださいね。