引越しとだけ聞くと、大変な作業とともに少しおめでたい。

というイメージもありませんか?

しかしこの引っ越しも「転勤」となれば少し事情が変わってくるかも知れません。

仕事上仕方のないこの転勤で、家族帯同での引っ越しをするべきか、単身赴任で行うべきなのか?

それぞれのメリットデメリットをご紹介していきます。

転勤は単身赴任で行くべき?単身赴任のメリットとデメリット

転勤に必ず伴う引っ越し作業。

一人分の引越と家族全員の引越では労力も大きく違うように感じますね。

まずは単身赴任を選んだ場合の、メリットデメリットを見ていきましょう。

単身赴任のメリット

上記でも紹介したように、引っ越しに対する労力という点では、単身赴任のほうが小さくなります。

なんといっても荷物の量が少なくなりますし、絶対に必要な荷物だけを持って行けば当面は困らないという面も。

また、家族側からのメリットと言えば、共働き夫婦の場合、奥さんが仕事を続けられることによって、キャリアを築きやすくなるという面がありますね。

奥さんには旦那さんの分、家事をする必要がなくなるので、手が空き自由な時間を確保することができるという点もメリットになります。

そして、お子さんがある程度大きくなっていた場合、転校をしなくていいという大きなメリットもあります。

中学2年以降など、進路の問題にもかかわってくるので、お子さんの年齢によって単身赴任を決意する旦那さんも多くなっています。

単身赴任のデメリット

反してデメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

まず一番に問題になりやすいのが、出費が大きくなりがちだということ。

妻や子供が住んでいる元々の自宅と、単身赴任先の2件分の家賃や光熱費などを払わなければいけないことになります。

会社によっては家賃分は会社持ちになる。

というところもあるでしょうが、生活費までは負担してもらえません。

このことからどうしても金銭的に負担を被ることになります。

また、奥さんからすれば一番の心配事かもしれない「浮気」の問題が浮上します。

家族と離れてしまった寂しさから、人が多くいる場所に行きたくなってしまったり、人によっては期間限定の独身気分を楽しんでしまうことも。

そして最後に奥さんと子供の距離が近くなりすぎる恐れもあります。

密室育児が母子ともにいい影響を与えないことは昨今良く知られていることですが、奥さん側がさみしさから子供を構いすぎることがあるのです。

場合によっては、お子さんが父親との距離の取り方に戸惑ってしまうこともあります。

家族不和の原因になりやすいという面で、大きなデメリットになってしまうのです。

家族と過ごしたい!家族帯同で行くメリットとデメリット

では単身赴任ではなく、家族帯同での引っ越しには、どのようなメリットデメリットがあるのでしょうか。

ここから詳しく見ていきましょう。

家族帯同のメリット

一番にあげられるのが経済的なメリット

転勤の事例が出た場合、多くの会社で「家賃補助」などの経済的支援を受けることができます。

引っ越し費用が掛かる最初の段階を過ぎれば、プラスに持って行くことも可能になっていくのです。

また、家族が離れずに済むので、奥さんが心配な浮気の心配も減少させることができます。

やはり男性からすれば「あなたについていく」と言われるのはうれしいことでもあるのでしょうね。

お子さんにとっても父親との時間を確保することができやすくなるので、距離の取り方がわからない…ということになりにくくなるのです。

そして、まったく見知らぬ土地への転勤の場合、旦那さんのストレスを緩和してあげることも

家族の待つ家に帰ることによって、仕事とプライベートの明確な線引きを行うことができるようになるのです。

家族帯同のデメリット

なかなか多くのメリットがあると感じられたと思います。

では、逆に家族帯同での引っ越しにはどのようなデメリットが考えられるのでしょうか。

まず考えられる問題として、共働き夫婦の場合、奥さんが仕事を止めざるを得ないケースが多いくなることです。

キャリアが途絶えてしまうこと、そして転勤先での再就職先を決めることが難しい場合もありますね。

特に短期間で転勤を繰り返す場合、キャリアの維持は絶望的だと考えられます。

また、こちらも大きな問題として、お子さんが転校をしなければいけないという点があげられます。

保育園や幼稚園など、お子さんが小さい間ならばまだ問題は小さくて済むかもしれませんが、中学、高校ともなれば進路への問題にも。

何より、多感な時期に自分ではどうしようもない理由で環境が変わる、ということが大きなストレスになる可能性もあります。

引っ越しを繰り返すと嫁や子供にどんな悪影響がでてしまうのか?

転勤族という言葉もあるように、短期間で何度も引っ越しを繰り返さなければいけない、という職業の方もおられますよね。

この場合、奥さんやお子さんにどのような影響を与えてしまうのでしょうか?

子供への影響

まずは大切なお子さんについて。

引っ越しを繰り返す弊害として、

  • 「うつ病になりやすくなる」
  • 「ストレスから暴力的になりやすくなる」

などの声を聞いたことはありませんか?

実際に子供にとって繰り返す引っ越しがストレスなことは事実です。

何よりの問題は、友人間との距離の取り方になるのっです。

表面上仲良くしているように見えても、深い付き合いができる友人は一人もいない

という怖いことになりがちなのです。

家族以外の人間を、そこまで信用することができないとも言い換えられますね。

なので、うわべは取り繕っていても、心の奥深くでストレスを蓄積。

ある日いきなりストレスが爆発して暴れてしまうということも。

引っ越しはもう何度も繰り返しているから平気だろう、などと考えず、しばらくの間は注意深く様子を見てあげてください。

また、悪い影響ばかりではないので、引っ越しそのものをしてはならないというわけではありません。

バタバタと身辺が忙しいさなかでしょうが、子供の些細な変化もしっかりと見極められるよう、普段からよく話をしておくというのも大切なことですね。

奥さんへの影響

では奥さんへの影響は何かあるのでしょうか?

子供が繰り返す引っ越しでストレスをためるように、奥さんもまたストレスをためていることになることが多いです。

引っ越すことによって地域の人間関係も都度変わることになりますが、その対応をするのはほとんどの場合奥さんの方。

人づきあいが得意でない方だと、これは大きなストレス源となります。

うつの傾向やヒステリックになりやすいという面が表れやすくなります。

やはり家族全員でお互いをいたわる、普段から些細なことでも話し合う、という姿勢を取っておくのがおすすめになります。

まとめ。何を重要視して考え、どこを妥協して考えるのか。

今回は転勤の際に、単身赴任をすべきか家族帯同にすべきか、と言ったところを見てきました。

単身赴任のメリット
・引っ越しの負担が少ない
・奥さんの仕事でのキャリアを途絶えさせないで済む
・奥さんの家事の手間が減る
・お子さんが転校をしなくていい

単身赴任のデメリット
・経済的負担がかかる
・旦那さんの浮気の心配
・母子の距離が近くなりすぎる恐れ

家族帯同でのメリット
・家賃補助など経済的なメリット
・浮気の心配を減らせる
・家族がそろっていることで子供と父親の距離が離れない
・旦那さんのストレス緩和にも

家族帯同のデメリット
・奥さんが仕事を止めなければいけない
・お子さんが転校をしなければいけないケースも

妻子に出る悪影響
・子供も奥さんもストレスをためることに
・ストレスのたまり具合で様々な悪影響が
・家族がお互いにフォローすることが大切

業務上の転勤なので、断ることができない場合も多々あると感じます。

しかし、家族を犠牲にしてまで働きたいのか?

と聞かれれば、それはやはり少し違いますよね。

単身赴任、家族帯同どちらにもメリットとともにデメリットがあるもの。

自身の家族ではどちらがあっているのか。

何を重要視して何に妥協できるのか、というところをしっかりと考えて、最善の引越をしてくださいね。